【注目】アパートの塗装や修繕ならお任せ! 失敗しないためのコツ!

アパートも新築してから数年以上経過すると外壁の塗装がはげたりめくれたりなど、修繕の必要が出てくるものです。しかし、どんな塗装にするべきか、どんな工事をするのかなど、よくわからないことも多いことでしょう。せっかくアパートの塗装をするのなら、満足できる仕上がりにしたいものです。そこで、今回は、アパートの塗装や修繕について、失敗しないためのコツを詳しく解説します。

  1. アパートの塗装の基礎知識
  2. アパートの塗装の塗り替えについて
  3. アパートの塗装工事の流れ
  4. アパートの塗装工事の注意点
  5. アパートの塗装工事の業者選び
  6. アパートの塗装や修繕に関するよくある質問

この記事を読むことで、アパートの塗装や修繕を行うために必要な知識が身につき、適切な工事を依頼することができます。まずは、じっくり記事を読み進めてみてください。

1.アパートの塗装の基礎知識

アパートの塗装の種類や必要性・重要性・メリットなど、詳しく解説します。

1-1.アパートの塗装とはどんなもの?

アパートの塗装は、外観をよくするだけでなく、耐久性を高めるなどの目的で行います。集合住宅として、建物の強度を保ち、快適な環境を作る必要があるのです。アパートの塗装は、建物の機能を補強する役割を持っているとも言えるでしょう。

1-2.アパートの塗装の種類

アパートの塗装の種類は、主に以下を参考にしてください。

  • アクリル塗装:低価格だが耐用年数が短い(5年程度)
  • ウレタン塗装:柔軟性に富む塗料を使いコストパフォーマンスが良い
  • シリコン塗装:防汚性に優れ見た目の美しさも特徴
  • ラジカル塗装:耐久性が高く(15年程度)長く美しい状態を保つことが可能

1-3.アパートの塗装をする必要性や重要性

アパートは、集合住宅のひとつです。常に入居者がいることで、家賃が入り運用できます。アパートの外壁塗装を行うことは、入居者への効果的なアピールとなるでしょう。外観や新しさを強調するので印象に残りやすいのです。また、集合住宅としての強度も上がるため、メリットが大きいと考えてください。

1-4.アパートの塗装を行うメリット

アパートの塗装を行う主なメリットは、以下のとおりです。

  • 外観が向上し、入居希望者が増える
  • 建物の耐久性が上がる
  • 機能性が上がる(防汚・耐紫外線機能など)

2.アパートの塗装の塗り替えについて

塗り替えが必要な症状や耐用年数、タイミングや塗装方法の選び方など、詳しく解説します。

2-1.塗り替えが必要な症状とは?

以下のような症状があるときは、塗装が寿命を迎えたと考えて塗り替えを検討しましょう。

  • 色ムラや色あせがひどい
  • めくれやはげた部分がある
  • 塗装にひび割れがある
  • 雨漏(も)りする部分がある

2-2.耐用年数と塗り替えのタイミング

アパートの塗装の耐用年数は、塗料によって異なりますが、おおよそ10~15年程度です。しかし、アパートは集合住宅であるため、10年に1回程度、大規模修繕の予定があることが多く、塗り替えも同じタイミングで行うことが多いでしょう。また、そのほかの不具合(階段の手すり修理・通路の補修など)も行います。理想としては、大規模修繕に合わせて塗り替えを行うことですが、突発的な問題が発生したときは、都度対応してください。

2-3.アパートの塗装方法の選び方

アパートの塗装も、コストを重視するか機能性や耐用年数の長さを重視するかによって、適する塗料が異なります。また、塗装方法も業者によって手順が異なり、工程を省くことで安価な料金を実現している業者もいるでしょう。しかし、実際にどんな塗装が向くのかは、信頼できる業者とよく相談してから決めてください。単に安いからという理由で決めた場合、早い時期にひび割れなどの不具合が出て塗り替え時期を早めるだけです。

2-4.アパート塗装の塗り替えに関する注意点

塗装の塗り替えは、早めに行うようにしてください。たとえば、塗装が寿命を迎えているのにも関わらず放置した結果、建物の基礎部分に雨水がしみ込んで腐食を起こし、基礎のやり直し工事が必要になることもあります。塗装に大きなひび割れやはがれがある場合は、特に注意しましょう。アパートの寿命が短くなってしまいます。

3.アパートの塗装工事の流れ

アパートの塗装工事の流れを学びましょう。工事期間や費用の目安についても解説します。

3-1.アパートの塗装工事の流れ

アパートの塗装工事は、以下のような流れで進みます。

  1. 業者による工事前の現場確認
  2. 工事の下準備(周辺の養生(ようじょう)・足場を組むなど)
  3. 現在の塗装をはがす
  4. 下地を確認し必要に応じて修復
  5. 下塗り塗装
  6. 中塗り塗装
  7. 仕上げ塗装
  8. 塗装が乾いたら依頼者と業者で確認し、後片付けをして完了

3-2.アパートの塗装工事期間の目安

アパートの塗装工事期間は、7~10日程度が目安です。塗装方法によっても異なるため、業者に確認しておきましょう。ただし、雨が降ると工期が延びる可能性があります。工事期間中は、建物全体が養生シートに覆われることになるため、入居者にとっては洗濯ができないなどの不都合が出るので注意が必要です。

3-3.アパートの塗装工事の費用について

アパートの塗装工事の費用は、以下を目安にしてください。実際にかかる費用に関しては、業者からの見積もりで確認しましょう。

  • 2階建て(約500平方メートル):125万~300万円程度
  • 3階建て(約700平方メートル):200万~400万円程度

4.アパートの塗装工事の注意点

アパートの塗装工事について、一戸建てとの違いや入居者への告知など、注意するべき点を解説します。

4-1.一戸建てとアパートの違いを学ぼう

一戸建ては、住人が望む時期・内容で塗装工事を進めやすいでしょう。しかし、アパートは集合住宅です。そのため、塗装工事にかんしては一世帯だけの意思で実現するものではありません。アパートの場合は、塗装工事を行う権利がオーナーにあることを覚えておきましょう。工事費用は共益費から出すことになります。使用した金額や内容は、何らかの形でオーナーから住民に通知があるはずです。

4-2.入居者への告知について

アパートの塗装工事に入る前に、入居者への告知を忘れないようにしましょう。塗装工事では、騒音・ホコリ・においなどの問題が発生します。告知せずに工事を開始すると、クレームの原因になるので注意してください。告知方法としては、共通の掲示板を利用する・個別に電話や訪問で知らせる・回覧板で知らせる・入居者専用のメーリングリストで送信するなどがあります。告知もれを防ぐためにも、複数の方法で行うといいでしょう。

4-3.アパートの塗装工事に関するそのほかのこと

工事期間中、できれば数回は現地視察をしてください。もちろん、信頼できる業者であれば、手抜き工事をする心配はないでしょう。しかし、進捗状況のチェックと依頼内容の確認のためにも必要です。視察をしていて不明な点があったり質問が出たりしたときは、すぐに解決しておきましょう。小さな行き違いが、思わぬトラブルを招くことがあります。また、現場で作業を行っている人をねぎらうことも大切です。

5.アパートの塗装工事の業者選び

アパートの塗装工事は、信頼できる業者に依頼すると満足度が上がります。業者選びのポイントをはじめ、詳しく解説しましょう。

5-1.塗装業者の選び方のポイント

アパートの塗装業者の選び方は、以下のポイントを参考にしてください。良質な業者は、すべての条件を満たしているはずです。

  • アパートの塗装工事で豊富な実績がある
  • さまざまな実例を見せて提案してくれる
  • 見積もりは無料
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工事期間を優先してくれる
  • 受け答えが親切で丁寧
  • 利用者からの評判がいい
  • アフターフォローがいい(定期メンテナンスの実施など)
  • 保証内容が充実している

5-2.アフターフォローやメンテナンスを重視しよう

塗装業者を選ぶときには、アフターフォローやメンテナンスに力を入れていることが大切です。塗装工事は、完了後数日~数週間経過してから不具合が出ることがあります。すぐに対応してくれる業者なら、不満も残りません。また、塗装は必ずメンテナンスが必要になります。信頼できる業者なら、メンテナンスも誠実に行ってくれるので安心です。

5-3.塗装費用を節約するには

アパートの塗装費用を節約するためには、以下のような方法があります。

  • 自分で塗装を行う
  • 安い塗料を使用する
  • 工事費用が安い業者に依頼する

実際には、アパートの塗装は広範囲にわたり、かつ高所などもあるため、工事費用が安い業者に依頼することがベストです。なお、足場を組まないことで低価格を実現しているところもあります。また、塗料や工事の品質を落とさずに企業努力によってコストダウンしているところもあるのでいろいろと調べてみてください。

5-4.アパートの塗装工事の業者選びに関する注意点

アパートの塗装工事は、いい加減な業者を選ぶと不満が残ります。利用者の評判を調べ、悪い内容がないかチェックしておきましょう。また、信頼できない業者は、受け応えの感じが悪かったり要領を得なかったりするものです。何らかの不安が残る業者は、契約を見合わせた方がいいでしょう。なお、飛び込み営業の業者は、契約を取りたいだけのところが多いので特に注意してください。

6.アパートの塗装や修繕に関するよくある質問

最後に、アパートの塗装や修繕に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、参考にしてください。

Q.アパートの塗装を以前とは異なる色合いにするときの注意点は?
A.外観の印象を変えたいときには、塗料の色を変えると効果的であることは間違いありません。しかし、オーナーの好みばかりを優先すると住民から不評を買い、退去を後押ししてしまう可能性もあります。アパートの塗装には、白・ベージュ・グレーなどのごくベーシックな色もしくは淡いブルーなどがおすすめです。あまりに奇抜な色合いは、アパートの品位を落とすことになるので気をつけましょう。

Q.ひび割れが発生している部分だけ修繕すればいいのでは?
A.ひび割れの状態と原因によります。表面だけのひび割れに見えていても、調べてみると奥深くまでダメージが広がっている場合もあるのです。せっかく修繕しても、またひび割れが現れる恐れがあります。また、一部だけをやり直すと周囲との色の差が出やすく、見た目の印象に影響を与えるでしょう。アパートの塗装は、すべてを塗り替える方がさまざまな面でメリットが大きいのです。

Q.業者からの見積もりと実際の金額で相違があるのはなぜ?
A.見積もりは、あくまでも工事をする前の段階での試算です。実際に工事をしてから判明した不具合の修繕費用や雨による延長費用は、含まれていません。そのため、場合によっては見積もりよりも金額が多くなることがあります。もしも、予算に限りがあって見積もりのときの金額を守ってほしいのなら、業者にひとこと伝えておくといいでしょう。予算オーバーになりそうな場合は、事前に相談してくれるはずです。

Q.アパートの塗装工事に不満がある場合の窓口は?
A.業者の営業担当に連絡し、不満の内容を伝えてください。誠実な業者なら、わかりやすく説明をしてくれるだけでなく、解決案を提示してくるはずです。なお、塗装工事の不満は、最初の段階で業者と意思の疎通がうまくできていないことが原因でしょう。少しでも不安が残るときは、納得できるまで説明を求め、クリアにしていくことが大切です。

Q.塗装工事の途中で色の変更依頼はできますか?
A.まずは、業者に相談してみてください。たとえば、すでに仕上げ塗りの段階の場合は、変更不可となります。また、やり直しが可能な場合でも、代金が上乗せ請求となることを理解してください。塗装の色は、外観の印象を決定づける重要なポイントです。途中で変更しなくてもいいように、じっくり考えて決めましょう。

まとめ

今回は、アパートの塗装や修繕について詳しく解説しました。アパートの塗装は、経年変化などによって徐々に劣化します。建物の強度を守り、入居者の快適な暮らしを実現するためだけでなく、外観を向上し資産価値を高めるためにも重要です。業者選びは、親身になって相談に乗ってくれる・工事品質が良い・料金がリーズナブルなど、総合的に判断して決めてください。アフターフォローの良さや保証内容の充実も重視すると、満足できますよ。