バリアフリーリフォームを検討している人必見!補助金について知ろう

高齢者になると家の中にあるちょっとした段差で転倒したり、階段の上り下りが大変になってくるものです。
また、病気や怪我で身体の機能が低下した時、今までの住まいでは暮らしにくさを感じることもあるでしょう。
そんな時に検討するのがバリアフリーリフォームです。

  • 高齢者と一緒に暮らすことになったので、バリアフリーリフォームを検討している
  • バリアフリーリフォームにかかる費用や補助金について知りたい
  • バリアフリーについて詳しく勉強したいと思っている

そんな人のために、バリアフリーリフォームに関する情報をまとめてみたいと思います。

1.バリアフリーについて

1-1.バリアフリーとは?

赤ちゃんからお年寄りまでが安心して暮らせる住まいを作るために必要と言われている「バリアフリー」。
病気や怪我で身体が不自由になったり、車椅子で生活するようになると、これまでの家では安全で快適に暮らせないことに気づきます。
また、お年寄りと一緒に暮らすことになった時、バリアフリーリフォームを検討する人も多いのではないでしょうか。
そもそも「バリアフリー」とは手すりを取り付けたり段差をなくすことで、不自由な身体でも安心して暮らせる空間のことです。
さらに、浴室やトイレ、寝室、ダイニングなど日常生活に欠かせない場所への導線を見直すことも必要になるでしょう。
いかに体への負担を少なく、快適な生活を手に入れられるかが、バリアフリーリフォームを成功させるうえで重要なポイントになります。

1-2.バリアフリーの必要性

確かに将来バリアフリーリフォームを検討すべき時がくるかもしれませんが、果たして今がその時なのか、どの程度のバリアフリーが必要なのかを見極めることも大切です。
バリアフリーの必要性について考えてみましょう。
身体が不自由な高齢者や車椅子で生活している人にとって、家の中にあるわずかな段差も大きな事故へとつながる原因になります。
段差を撤去することで転倒防止を、手すりの取り付けは階段からの転落を防ぐことになるでしょう。
また、寝室からトイレまでの距離が遠すぎると、夜中に用を足す際それだけ危険が伴うことになりますので、動線についても検討が必要になります。
ただし、将来を見据えてバリアフリーリフォームを検討しているのであれば、今はまだ必要のない大がかりなリフォームをすることで、かえって生活が不自由なものになってしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

2.どのようなバリアフリーリフォームがあるのか

2-1.段差の排除

バリアフリーリフォームでよく行われているのが「段差の排除」です。
家の中をよく見てみると、あらゆるところに段差があることに気づきます。
玄関や部屋と部屋をつなぐ廊下、浴室、リビングなどに段差がある家は多く、その段差につまづいて転んでしまった経験がある人も少なくないでしょう。
特に高齢者はちょっとした段差でも転倒しやすく、そこから大怪我につながる可能性も考えられます。
段差を排除して高低差をなくし、事故を防止する目的でバリアフリーリフォームを行う人は多いようです。

2-2.手すりの取り付け

「手すりの取り付け」もバリアフリーリフォームの基本です。
階段だけでなく浴室や洗面所、玄関、トイレ、廊下など、生活でよく使う場所に手すりを設置することで、身体が不自由な高齢者も人の手を借りることなく安全に生活できます。
バリアフリーリフォームでは腰の曲がったお年寄りでも使いやすいよう、低い位置に手すりが設置されることになるでしょう。

2-3.ヒートショック対策

「ヒートショック」という言葉を聞きなれない人は多いでしょう。
例えば冬の寒い時期に温かい部屋から暖房のない廊下やトイレに行くと、急激な温度変化により血圧が急激に上昇したり低下します。
実はヒートショックにより亡くなる高齢者の数は交通事故死亡者よりも多く、バリアフリーリフォームの際にヒートショック対策を検討する人も少なくありません。
寒暖差の少ない住まいづくりは、今や高齢者だけでなく若い人たちの間でも注目を集めているようです。

3.費用の相場について

バリアフリーリフォームを検討する際に最も気になるのが、費用についてだと思います。
もちろんどのような内容のリフォームを行うのか、どのくらいの規模でバリアフリーにしたいのかによって費用は変わってきますが、相場を知っておくことは業者選びの際にも重要なポイントになるでしょう。
例えば玄関内に手すりを取り付ける程度であれば1万円~2万円程度で済みますが、玄関部の段差をなくしてフラットにするには30~50万円が相場となっています。
さらにドアタイプの玄関を開き戸タイプに変更する時は50~70万円程度の費用が必要になりますので、どこまでのリフォームが必要なのか検討してみてください。
バリアフリーリフォームは施工箇所によって費用が異なりますが、一戸建て全体をリフォームする時の費用は200万円前後が相場だと言われています。
全体のリフォームを希望するのか、必要な箇所だけバリアフリーにするのか、よく考えてみる必要があるでしょう。

4.助成金や減税制度について

バリアフリーリフォームを検討しているなら絶対に知っておくべきなのが「リフォーム助成金」と「リフォーム減税」です。
「リフォーム助成金」とは国や地方自治体がリフォームにかかった費用の一部を負担するもので、バリアフリー工事はその対象になります。
助成金の金額は自治体によって異なりますが、リフォーム工事の着工前に申請が必要になる場合が多いため、詳しく調べておきましょう。
一方「リフォーム減税」はリフォームすることで所得税や固定資産税が控除・減額される制度です。
いずれも手続き上の注意点を知っておく必要がありますので、お住まいの自治体に確認しておくことをおすすめします。

5.依頼する際の注意点

最後に、バリアフリーリフォームを業者に依頼する際の注意点をご紹介します。
まずは、バリアフリーリフォームの目的を明確にしておくこと。
業者にすすめられるまま工事してしまうと、必要のない部分までバリアフリーにして後悔する結果になる可能性があります。
なぜバリアフリーにする必要があるのか、どこまでを希望しているのかを家族で話し合い、はっきりさせておきましょう。
また、リフォーム業者の中にはずさんな工事をして高額な料金を請求してくるような悪徳業者も存在しています。
そのような業者を選ばないためにも、必ず複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしてください。
納得のいくリフォームができるように、信頼のおける良心的な業者を選ぶことが大切です。

6.まとめ

バリアフリーリフォームについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • バリアフリーについて
  • どのようなバリアフリーリフォームがあるのか
  • 費用の相場について
  • 助成金や減税制度について
  • 依頼する際の注意点

「バリアフリーリフォームを検討している」「費用について詳しく知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。