【ダイニングリフォームの基礎知識まとめ】費用や業者選びのポイントなど

ダイニングは、家庭の中でも最も大切な空間といえます。そんなダイニングが、なんとなく過ごしにくくなってきたという場合は、リフォームを検討する方も多いでしょう。リフォームは費用がかかるので、絶対に失敗したくないですよね。リフォームでトラブルにあわないため、そして、より快適なダイニングを作るために知っておくべきポイントをまとめました。

  1. ダイニングリフォームについて
  2. ダイニングリフォームの方法
  3. ダイニングリフォームの工事について
  4. ダイニングのリフォームについてよくある質問
  5. まとめ

ダイニングのリフォームについて知りたい方、リフォームを検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。役に立つ情報が満載です。

1.ダイニングリフォームについて

ダイニングのリフォームについて、メリットや理由など、基礎的なことをまとめました。

1-1.ダイニングとは

「ダイニング」とは直訳すると「食事」という意味があります。家庭内のダイニングとは、食事をとる部屋・スペースのことを示すのが一般的です。

1-2.ダイニングをリフォームする理由

家庭にとって、食事をとるダイニングはとても大切なスペースです。狭い・家族が増えた・子供が大きくなってきた・なんとなく古くなってきたなどの理由で、ダイニングで快適に過ごせないのは困ってしまいます。そこで、ダイニングをリフォームすることにより、快適な空間に近づけることができるのです。

1-3.リフォームのメリットとは

ダイニングをリフォームすることで以下のようなメリットがあります。

  • 見た目がよくなる
  • ダイニングで過ごしやすくなる
  • 生活動線が向上する・家事などが楽になる

1-4.どんなリフォームができるか

ダイニングリフォームでは、クロス張り替え・カウンター設置・フローリング張り替えなどが代表的な施工内容となっています。家屋の構造・配管などによって、できることとできないことがあるでしょう。理想のダイニングに近づけるために、何ができて何ができないのかをリフォーム業者に事前に確認しておくとスムーズです。

2.ダイニングリフォームの方法

ダイニングリフォームの前に知っておきたいポイントをご紹介します。

2-1.リフォームのタイミングとは

ダイニングをリフォームするタイミングは、以下のようなものがあるでしょう。

  • 家族の人数が変わった
  • 経年劣化による古い感じや汚れが出てきた
  • しばらく家族構成が変わる予定がない

リフォームは思い立ったら突然するようなものではないので、日ごろからリフォームのプランや予算の目途をたてておくとよいでしょう。

2-2.どんなダイニングにしたいか

理想のダイニングのイメージを膨らませることは、リフォームではとても大事なことです。ダイニングは家族全員が使う場所ですので、全員の意見を取り入れたいでしょう。しかし、すべての理想をかなえることは難しいものです。そこで、優先度を付けることが重要になります。たとえば、ダイニングに一番長時間いる人の意見を優先する、とか、足腰の悪い人のためのリフォームをおこなう、といったことです。

2-3.キッチンとリビングの関わり方

キッチンとリビングには、さまざまな種類があります。

2-3-1.アイランドタイプ

キッチンがリビング内に島のように存在するタイプのキッチンがアイランドタイプです。キッチンが壁に一切面していないので、キッチン周りをぐるりと人が囲うことができます。ホームパーティーなどに向いている設計です。キッチンが丸見えになってしまうので、キッチンに置くものや調理器具などにもこだわる必要があるでしょう。

2-3-2.対面式キッチン

カウンターキッチンのある対面式キッチンは、オープンカウンターによりリビングとキッチンが仕切られています。リビングの様子を見ながら調理することができるので、小さなお子さんがいる家庭に人気があるのです。

2-3-3.独立式キッチン

キッチンが別部屋のように仕切られているタイプを独立式キッチンといいます。キッチンが外から見えにくいので、お客様が来ても安心です。キッチンが独立しているため、設計によっては生活動線がやや悪くなってしまうことがあります。

2-4.費用のかさむリフォームとは

費用のかさむ工事には以下のようなものがあります。

  • 水回りの移動
  • 仕切り壁撤去
  • 廊下の幅を広げる
  • 窓サッシを移動する

リフォームのコストを削減したければ、なるべくこれらの工事が必要ないようなプランを立てましょう。

2-5.リフォームの前にチェックしたいこと

リフォーム前に今一度確認しておきたいことをご紹介します。

  • 間取り・レイアウト
  • 収納量
  • 素材(床材・壁材・床暖房を付けるか、など)
  • 見た目
  • 家事の流れ
  • 機能(節水・節電・ガス・IH・レンジフード)

2-6.リフォームプラン

リフォームは、プランニングに1年以上かける方もいらっしゃいます。リフォームにとってプランとはそれほど大切なことです。こんなはずではなかった! と後悔しないためにも、家族・リフォーム業者と共によく話し合いましょう。

2-7.注意点

リフォーム中は、ダイニングや家の中に入れないこともあります。ホテルや食事の手配・通勤通学についてもよくプランニングしておきましょう。

3.ダイニングリフォームの工事について

ダイニングリフォームの工事について、さらに具体的にご説明します。

3-1.リフォーム工数について

ダイニングのリフォームは何日くらいかかるのか気になる方も多いと思います。大まかなリフォームの工数をご紹介しましょう。

  • フローリングの張り替え:3日前後
  • 壁紙の張り替え:1〜2日
  • 床暖房の追加:5日前後

3-2.リフォーム業者選びのポイント

リフォーム業者の選び方のポイントをご紹介します。安心して依頼できる業者を選ぶことで、後々のトラブルを避けることができるでしょう。

  • 実績(施工件数)・ノウハウが豊富
  • 料金が分かりやすい
  • 無料見積もり・相談をおこなっている
  • 予算にそって提案やアドバイスをしてくれる
  • 希望していない工事をすすめてこない

3-3.リフォーム費用について

ダイニングのリフォームは50万円以下程度の価格帯が主流で、それ以上かかることはあまりありません。ただし、家屋の構造やリフォームしたい内容・上記でご説明したような、費用のかさむリフォームをおこなう場合は100万円以上かかることもあります。

3-4.注意点

リフォーム業者の中には、悪質なところもあります。たとえば、ひとり暮らしや高齢者の方をねらい、リフォームの勧誘をしてくるようなところです。突然家に押しかけて「無料点検をします」などと家にあがりこみ、「今すぐリフォームをしないと家が崩れる可能性がある」などと、ウソで脅してくることもあるので注意してください

4.ダイニングのリフォームについてよくある質問

ダイニングのリフォームについてよくある質問への回答です。

Q.家族の意見がまとまらずダイニングのリフォームが難航しています。
A.妥協したり意見の取りこぼしがあると、後悔することになってしまうかもしれません。業者と相談することで第三者の客観的な意見を取り入れることもできます。気軽に相談してみましょう。

Q.リフォームでありがちなトラブルとは?
A.イメージと違った・工期が大幅に遅れた・見積書と違い作業をされた、などのトラブルがあります。事前相談をしっかりおこない、決定事項は必ず書面で契約しましょう。

Q.リフォームのトラブルはどこに相談したらよいですか?
A.住宅リフォーム・紛争処理支援センターというところがあります。電話(0570-016-100)で無料相談ができますので、覚えておくと安心でしょう。

Q.ダイニング以外にもリフォームしたい箇所がある場合は?
A.複数の箇所をリフォームしたい場合は、バラバラに依頼するよりも、まとめて注文したほうがお得で楽です。業者に依頼する際は、希望はすべて伝えておきましょう。

Q.リフォーム費用を安く抑えるには?
A.複数の業者に見積もりを依頼し、料金を比較するのがおすすめです。だいたいの相場を知ることもできるでしょう。

5.まとめ

ダイニングのリフォームについてご紹介しました。リフォームで悩むことがあったら、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。複数の業者に相談することで、より客観的で建設的な意見を得られることもあります。家族との相談と組み合わせることで、より理想に近いダイニングを作ることができるでしょう。