マイホーム購入を検討中の人必見!住宅の土地は方角選びがどれだけ大切?

マイホームを購入する際には、土地選びが最も重要になります。
いくら立地条件や周辺環境が良くても、土地の方角が悪ければ「理想の家」にはならないでしょう。
土地の方角によって、建物の間取りも変わってきます。
理想どおりの家を建てたいと思っているなら「理想どおりの家を建てることができる土地」を選ぶようにしましょう。

  • マイホームの購入を検討している
  • 土地の方角はなぜ重要なのか?
  • 方角選びの注意点を知りたい

そんな人たちのために、方角選びの重要性や注意点をまとめてみたいと思います。

1.方角選びの重要性

マイホームを建てる際、土地の方角選びがなぜ重要になってくるのでしょうか。
その理由を知っておけば、新たな角度から土地選びができるはずです。

1-1.方角によって価格が変わる

道路に接する部分が東西南北どの方角に位置するのかを「道路付け」と呼びます。
実は、この道路付けは土地の価格に大きくかかわってくることになるのです。
なぜなら、日本では日当たりの良しあしが重要視されています。
ただし、南側に道路がある物件が必ずしも良いわけではないでしょう。
たとえば、一戸建ての場合「道路に面した部分に駐車場スペースを確保したい」「一番日当たりの良い場所にリビングを配置したい」という問題が出てきます。
そのことを考えると、南側道路が無条件でベストというわけではなくなるでしょう。
思い通りの間取りにしたいなら、どの方角が一番良いのか、じっくり検討すべきです。

1-2.日当たりや風通しの重要性

ここで言う方角とは、ベランダやバルコニー、縁側がある側(がわ)を基準にして、その部屋がどちらの方向を向いているかを表したものです。
一般的な捉え方としては、南向きと東向きが「好条件」と言える土地でしょう。
南向きだと長く日が入ってきます。
特に夏場は、1日中部屋が明るくなるでしょう。
東向きは、太陽が昇る方向の部屋です。
毎日朝日が入ってくるため、健康的に朝を迎えることができます。
一方の西向きは、夕日が入るため夕焼けはきれいに入ってきますが、夏は暑くなることが予想できるでしょう。
北は日が入らないため、風どおりが悪く湿気がこもりがちです。
洗濯物を干すときの方角も重要でしょう。
湿気がこもりやすい方角の部屋はカビが生えやすくなりますし、暑くて風通しの悪い部屋ではエアコンが必要になるため非経済的です。
実際に暮らしてみて初めて分かる点もありますが、暮らし始めてからのことを想像し、どの方角がベストなのか考えることが大切でしょう。

1-3.家相や風水の面からも

もちろん、家相や風水の問題から土地の方角を考える人も多いでしょう。
家相と風水はもともと中国で生まれた学問です。
いずれも、安全で健康、そして快適に暮らすことができる家づくりのために、先人たちが編み出した知恵とも言えるでしょう。
中には信じがたい内容のものもあり、信じる人、信じない人それぞれです。
しかし、科学的根拠のある内容もあり、アドバイスと捉えて方角選びに取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

2.方角選びの注意点

次に、土地の方角を選ぶ際の注意点をいくつかまとめてみました。
方角選びの参考にしてみてください。

2-1.南向き以外の方角のメリットも知る

土地を選ぶ際は「南向きがベスト」と思っている人が多いでしょう。
もちろん南向きにはメリットがたくさんありますが、必ずしも南向きが一番良いというわけではありません。
南向き以外の方角にはどのようなメリットがあるのかを知り、自分の理想としている家にはどの方角がベストなのか、考えてみる必要があるでしょう。
南向きのメリットは、日当たりが良いこと。
そして、物件数が多いことです。
日当たりが良いことで人気が高いため、建設業者も入居率を上げるために南向きの物件を多く建設しています。
その選択肢の多さも、南向きのメリットと言えるでしょう。
次に、東向きです。
南向きと並ぶ人気の方角となっています。
やはり、朝日が入ることが人気の理由でしょう。
日の出が遅くなる冬の時期でも、日の光を真っ先に取り込むことができます。
西向きは夜型の生活スタイルにおすすめです。
「西日がきつい」というイメージがありますが、遮光カーテンやグリーンカーテンなどを使えばいくらでもさえぎることは可能でしょう。
また、洗濯物が乾きやすいというメリットもあります。
最後に、北向きです。
北向きはイメージから最も人気のない方角のため、同じ物件でもほかの方角のものより安く購入することができます。
また、日の光という設計の条件をあまり受けないため、間取りのアレンジもユニークなものが多いでしょう。

2-2.それぞれの方角のデメリットを知る

東西南北それぞれの方角には、それなりのデメリットもあります。
そのデメリットを知らずに土地の方角を決めてしまうと、実際に住み始めてから不便を感じることも出てくるでしょう。
たとえば、南向きは日照を確保しやすい分、ダイニングやリビングが狭くなりやすいというデメリットがあります。
道路側に玄関や駐車スペースを設けるためでしょう。
土地が狭い場合は道路のすぐ近くにリビングやダイニングが配置されることになるため、プライバシーを確保しづらくなります。
一方の北向きは、道路からの視線が気にならない位置にリビングやダイニングを配置することが可能です。
しかし、道路側にトイレや浴室などの水回りを配置することになりがちなため、見栄えが悪くなってしまうでしょう。
最後に、東向きと西向き。
道路から玄関までのアプローチや駐車スペースを取りやすい反面、北側に水回りや階段を寄せがちになってしまうため、その分廊下が長くなり、居室が狭くなりやすいというデメリットがあります。

3.まとめ

住宅の方角に関する注意点をご紹介しました。

  • 方角選びの重要性
  • 方角選びの注意点

「マイホームの購入を検討している」「土地の方角選びについて、重要性や注意点を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。