新築を建てる前にチェック!後悔しない工務店の選び方

新築で家を建てる場合、工務店の選び方にはいくつかポイントがあります。
特に、住宅展示場がなく、見学会も開いていないような工務店の中から、理想の家を建ててもらうところを見つけるのは大変ですよね。
しかし、家を建てるにあたって工務店選びは大変重要でしょう。
事前に見積もりを依頼し、相手の対応を観察することも大切です。
マイホームの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 工務店選びで迷っている
  • 工務店を選ぶときのチェックポイントを知りたい
  • そもそも工務店とハウスメーカーの違いとは?

そんな疑問は早めに解決しましょう。

1.工務店とハウスメーカーの違い

家を建てる際、工務店とハウスメーカーのどちらに依頼すべきか迷う人は多いでしょう。
どちらを選ぶか決めるためには、両者を比較してみることが大切です。
工務店とハウスメーカーの違いをまとめてみました。

1-1.価格による比較

大手ハウスメーカーの場合、住宅の低コスト化を目的としています。
そのため、価格は工務店より安いことが多いでしょう。
ただし、広告費や展示場の費用、営業マンの人件費などは、工務店より圧倒的に多くかかります。
したがって、住宅の価格は60%以下でも、営業経費が30%近くかかってしまうのです。
一方の工務店は、管理コストの安い小規模な会社が多いため、ほぼ原価に近い金額で建てることができるでしょう。
ハウスメーカーのような仕様制限がないため、狭く複雑な土地でも安く建てることが可能なのです。

1-2.技術力による比較

大手ハウスメーカーに依頼したとしても、建築に携わるのは下請けとなる工務店の大工さんです。
つまり、ハウスメーカーの技術力というよりも実際に現場で家を建てる大工さんの腕がよいかどうかが重要ということ。
基本的に、ハウスメーカーに注文した場合、大工さんを指定することは難しいでしょう。
工務店の場合はこちらから腕のよい大工さんを選ぶことが可能になります。

1-3.施工による比較

ハウスメーカーの場合、施工は基本的に下請け業者に依頼することになるため、融通が利きにくいというデメリットがあります。
下請け業者の管理ができていないと、欠陥などの問題が生じる可能性もあるでしょう。
工務店の場合は建設中の融通が利きやすく、直接現場の管理ができるため、安心できるという意見が多くなっています。

2.工務店選びのポイント

では、数多くある工務店の中から、どのように選べば後悔なく家づくりをすすめることができるのでしょうか。
工務店選びのポイントをいくつかご紹介します。

2-1.信用できる工務店を選ぶ

初めて利用する工務店が信用できるかどうか、見極めるのは難しいことです。
しかし、自分が信用できる工務店に依頼することは非常に重要なポイントになります。
そこで、以下のことをチェックするようにしましょう。

  • 初めに電話に出た人が自社名を名乗るか
  • 事務所内が散らかっていないか
  • 面会の時間を守るか
  • 相手を見てきちんと質問に答えようとするか
  • 頼んでおいたことへのリアクションがあるか

以上のことができていない工務店には「だらしなさ」を感じる人がほとんどでしょう。
このような工務店は、工事もだらしないものです。
工期を守らない、住宅に傷をつける、現場が汚いなど、典型的なトラブルが発生することになるでしょう。
さらに、担当者との相性も大切です。
担当者は、長時間にわたって1つの家を作り上げていく相手であるということを忘れないようにしてください。

2-2.技術力をチェックする

その工務店が今までに手がけた建物や、施工中の現場を見学することも大切です。
建物のデザインだけでなく、仕上げの丁寧さや正確さに目を向けるようにしてください。
機会があれば、住んでいるお宅の方に建築中や引き渡し後の対応を聞くとよいでしょう。
工務店とよい関係を築けているようであれば、建物の満足度も高いはずです。
もちろん、建築士や施工管理技士などの資格を有するスタッフがいるかどうかも確認することをおすすめします。

2-3.所在地が近い工務店がおすすめ

工事中や実施後のアフターサービスなどを考えると、工務店が近くにあるかどうかも重要なポイントになります。
突発的なことがあった場合も、素早く対応してもらえるでしょう。
また、建設地が近いと現場管理が行いやすく、管理費を抑えることにもつながります。

2-4.得意・不得意を理解する

「工務店であれば、どんな家でも建てることができる」と思っている人は多いでしょう。
確かに工務店は融通が利くのが特徴。
しかし、それぞれの工務店には、得意なもの・不得意なものがあるのです。
カタログなどの企業案内がない工務店の場合は判断が難しいため、実際に施工事例を見せてもらったり、積極的に質問したりすることをおすすめします。
工法や価格帯、仕様などにかんして最も多く手がけている範囲を質問することである程度判断できるでしょう。
最も多く手がけていることが、その工務店の得意分野なのです。

3.工務店に依頼する際の注意点

最後に、工務店に家づくりを依頼する際の注意点をご紹介します。
悔いのない家づくりをするために、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.資料やインターネットでじっくりチェックする

工務店は会社ごとのカラーがあり、家づくりに対するポリシーや雰囲気もそれぞれです、
住宅サイトでは、希望条件に応じて工務店の情報を見ることができるでしょう。
また、近年はホームページがある工務店も増えてきています。
詳しく丁寧な資料を送ってくれるところもあるでしょう。
いくつかの工務店をじっくり比較し、今までの実績や歴史、エリアでの評判などをしっかりチェックしておくことをおすすめします。

3-2.良好な関係を築くために

依頼する工務店とは、良好な関係を築くように努力しましょう。
設計プランの打ち合わせはとても重要です。
満足のいく家づくりができるかどうかは、設計者との慎重な意見交換にかかっていると言えるでしょう。
自分の考えるプランを押しとおすだけではいけません。
工務店は家づくりのプロです。
その家に住む人の好みや生活スタイルが分かれば、その人に合った家を提案してくれるでしょう。
また、途中で気が変わったとしても、解約するのは容易ではありません。
契約を交わすまでの間に、設計を細部まで決めて、内訳がきちんとした見積書や契約書をしっかりと提示してもらいましょう。
気になる点や希望に対して納得できる回答をしてくれる工務店であれば、建築現場でもコミュニケーションをとりやすい間柄になれるはずです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
マイホームはほとんどの人にとって、一生に1回の買い物です。
建て始めてから、建ててしまってから後悔することのないように、工務店選びから慎重に行う必要があるでしょう。
自分にとって最適な工務店を選ぶにはどうしたらよいのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。