どっちがいいの? 注文住宅と建売住宅を比較してみた

家の購入を考えるとき、まず注文住宅にするのか建て売りにするかで悩むものです。しかし、この2つの特徴をしっかりとつかんでいますか? 適当な知識で購入に踏み切ると損をすることになってしまうことも。
この記事では、注文住宅と建て売り住宅を比較してみました。

1.注文住宅と建て売り住宅の特徴

注文住宅と建て売り。どちらも言葉は聞いたことがあっても、どのようなものかはっかりとは把握していないもの。家を購入しようとなったとき、まずは両方の特徴を知っておきましょう。

1-1.注文住宅とは

注文住宅とは、自分の住む家を自由に設計して作っていく家です。この注文住宅にもさまざまな種類があります。最近ではメーカーが用意している部屋のパーツを使い、そのパーツの配置を決めるタイプなどもあるようです。
ここで注意しておきたいのは、間取りなどの広さに融通は利きますが数センチ単位での設計は基本的にしていない点。反対に、センチ単位も自分で決めるのはフルオーダータイプのものがあります。

1-2.建て売り住宅とは

建て売り住宅とは、売り主が決めた家とその土地を一緒に販売している家です。分譲住宅ともいいます。
注文住宅と違い、自分で部屋の配置やキッチンなどを決めることはありません。自分が気に入った家をそのまま購入することになります。

1-3.それぞれの違いとは

注文住宅と建売住宅の大きな違いは、家のカスタマイズの有無です。
注文住宅は隅々まで自分たちの住む環境を作っていくのに対し、建て売り住宅は売主によって作られた家を購入します。そのため、注文住宅は手間がかかる代わりに理想に近い家を手に入れることができるのです。しかし、資金はかかる傾向にあります。
反対に、建て売り住宅であれば手間はかけないためリーズナブルな値段で購入できるのです。その分、家に対して融通を利かないと思いましょう。

2.注文住宅のメリット・デメリット

2-1.自由に家を設計できる

自由にできる範囲は会社によって違いますが、間取りが完全に決まっている建て売り住宅に比べると「こだわり」を持ってカスタマイズすることができます。

  • キッチンは広くないとイヤ
  • 外観は絶対に洋風がいい
  • 庭を造りたい

家に絶対欲しい要素がある人は、注文住宅を選ぶといいでしょう。

2-2.予算を調整しやすい

注文住宅では、家を建てるための資材をある程度自由に選ぶことができます。
自分のこだわりの部分に費用をかけ、こだわらない部分の費用を抑えるという選択がしやすいです。
また、設計前に担当者とじっくり相談できます。自分の納得がいくまで打ち合わせを行い、理想の家を目指しましょう。

2-3.自分でも勉強をする必要がある

注文住宅は自分で間取り・デザインなどを決めていく必要があります。そのため、人によっては非常に面倒に映ることも。さらに、理想の家にするため勉強しなければいけません。

  • 床の色
  • ドアノブの仕様
  • 窓の採寸

家の細かい部分まで、すべて自分で決める必要があります。そのため、ある程度勉強しておかないと理想とはかけ離れた家になってしまうのです。

2-4.こだわり過ぎると費用がかかる

予算を組む段階で費用を抑えることもできますが、反対に「こだわり」を強く出し過ぎると費用がかかってしまうケースがあります。
事前に自分の家に必要な「こだわり」が何かを明確にしておきましょう。

3.建て売りのメリット・デメリット

3-1.費用が安い

建て売り住宅の一番のメリットとは、建設費が安いところ。
たとえば、まったく同じ作りの家を10軒建設すれば1軒あたりの建設コストが安くなります。服の大量生産と同じで、設計費用・建具をまとめて注文することでコスト削減になっているのです。
注文住宅に比べ自分で家を建てるのではなく、「家」という商品を探す感覚に近いでしょう。

3-2.手間がかからない

注文住宅ではドアノブ・床色・部屋の配置と決めることがいっぱい。家にこだわりがないのであれば、注文住宅に関する諸事情は面倒でしかありません。家に対するこだわりがないのであれば、建売住宅で問題ないでしょう。
また、早く入居したいのであれば購入するだけで住めるのもポイントです。早く入居先を決める必要があれば、建売住宅という選択肢を考えてみましょう。

3-3.資産として残しづらい

建売住宅のデメリットとしては、資産価値をみいだせないところ。
建売住宅は分譲会社が利益を出すために建てた住宅です。そのため、設備はアパート並みのものが多く建物の資産価値は数年で0になります。土地も必要最低限の面積で分譲しているため、再建築は考えられていません。こうした建て売り住宅の理由から、年数がたってしまうと資産価値が無くなってしまいます。
子育てが終わって引っ越しを考えても、そこは数十年前の分譲地。町並みも自分たちと一緒に年老いているため、資産的な価値をみいだすのは難しいと思いましょう。

3-4.融通が利かない

建て売り住宅の場合は、注文住宅と違い売り主の完成品を買うことになります。そのため、内装に関して自分たちの意見を通すことはできません。
また、内装を変更するのであれば入居後に自分たちでリフォームすることになります。その費用は当然、住んでいる人たちの負担です。

4.注文住宅に向いている人はこんな人

注文住宅を建てる人は、家に対しての「こだわり」があるもの。何でもいい・無難なものができあがればいい・希望といわれても思いつかない人は、注文住宅に選ぶ必要性はありません。反対に、こだわりを実現したい人は注文住宅による購入がおススメです。

  • 台所にこだわりたい。
  • 広い部屋が欲しい。
  • 外装もキレイじゃないとダメ。

家に対してこだわりがある場合は、注文住宅を検討しましょう。
「どこに・どんな風に・どういうスタイルで」をしっかり考えながら、まず自分でプランニングしておく必要があります。

5.建て売りが向いている人はこんな人

建て売り住宅の最大にメリットは費用面です。予算に余裕はないけど家を購入したい人は建て売り住宅のほうがいいでしょう。また、家にそこまでのこだわりを持っていないこともポイント。家族が暮らせる空間が欲しいだけなら、建て売り住宅を選んでいいでしょう。また、入居期限が迫っている人にも建て売り住宅のほうが向いています。
さらに、確認しておきたいのは家に対する価値観です。注文住宅は自分たちで住む場所を作り上げることになります。そのとき、自分のこだわりが強過ぎると、お互いに引けない状態になることも。相手の意見に折り合いをつけるのが苦手な人も建て売り住宅のほうがいいでしょう。

6.さいごに

いかがでしたか?
この記事では注文住宅と建て売り住宅を比較してきました。さいごに、大事なポイントを押さえておきましょう。

  • 注文住宅は自分たちで家を作り上げることができる。
  • 建て売り住宅は完成された家をリーズナブルに購入できる。
  • 注文住宅は理想の家を手に入れることができる。
  • 理想をかなえる分、手間がかかる。
  • 建て売り住宅は手軽に家を入手できる。
  • 手軽に手に入る分、融通は利かない。
  • それぞれのメリットとデメリットを考えて購入を考える。

家は一生の中で最も大きな買い物のひとつ。自分のパートナーや家族としっかり相談しながら、自分たちの納得できる家を購入しましょう。