外壁リフォームの種類を紹介! 塗り替えやタイル、自分に合った方法を選ぼう

外壁は家を守る大切な役割を果たしています。
日々、雨風や紫外線の影響を受け続けている外壁は、年数がたつと劣化していくのです。
建物の寿命を延ばすためにも、外壁リフォームが必要になるときがくるでしょう。
外壁リフォームを検討しているなら、その種類や特徴について知っておくべきです。

  • どの方法で外壁リフォームを行うべきか迷っている
  • 外壁の塗り替えを検討している
  • 今はやりのタイル外壁にリフォームしたい

そんな人たちのために、外壁リフォームの種類やそれぞれの特徴、トラブルを防ぐための注意点についてまとめてみたいと思います。

1.外壁リフォームの種類

外壁リフォームには、大きく分けて4つの種類があります。
まずは、その4つをご紹介しましょう。

1-1.塗り替え

外壁の塗装を塗り替える方法でのリフォームです。
外壁は塗膜によって保護されており、塗膜が劣化すると外壁が傷みやすくなります。
そのため、定期的な外壁の塗り替えが必要になるのです。
塗り替えのタイミングとしては、以下のようなものがあります。

  • ツヤが落ちてきた
  • 変色してきた
  • 表面が粉っぽくなってきた
  • コケが生えた
  • ひび割れがある
  • 塗膜がはがれ落ちてきた

1-2.サイディング

現在ある外壁の上から新たに外壁材を張るリフォームです。
外壁の傷みがすすみ、塗り替えでは対応しきれない場合、この方法をすすめられることが多いでしょう。
リフォームで最も多く使うのが「金属系サイディング」です。
ガルバリウム鋼板やアルミサイディングが主流となっています。

1-3.タイル張り

外壁にタイルを張るリフォーム方法です。
タイルは水や紫外線にも強いため、外壁の寿命を延ばすことができます。
「和風の家を洋風にしたい」というような、大胆なイメージチェンジにもぴったりなリフォーム方法と言えるでしょう。

1-4.ひび割れの補修

外壁のひび割れが見つかった場合、そこだけ補修することも可能です。
補修する道具はホームセンターでも売っているため、自分で直すこともできるでしょう。
しかし、確実に補修するために、後日業者に依頼してしっかり直してもらうことをおすすめします。

2.それぞれの特徴について

次に、それぞれの特徴についてご紹介します。
自分の家にはどの方法によるリフォームが適しているのか、ぜひ考えてみてください。

2-1.塗り替え費用は塗料によって大きく異なる

外壁の塗り替えを行う場合、どの塗料を選ぶかによってかかる費用は大きく変わるでしょう。
外壁塗料には、アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料などがあります。
最も安価なのは、アクリル系塗料です。
しかし、耐用年数は4~6年と短め。
現在は耐用年数10~13年のシリコン系塗料が最も多く使われており、汚れに強い塗料と言われています。
フッ素系塗料は耐久性に優れ、長期間美観を保つことができる塗料です。
しかし、非常に高価なため一般的な住宅にはほとんど使われていません。

2-2.断熱性も増すサイディングリフォーム

サイディングは板状の壁材で、金属や木、セラミックでできています。
デザインが豊富で価格が安く、火や水にも強いのが特徴です。
それだけではありません。
サイディングリフォームにより断熱性が増すため、冷房や暖房の利きが格段によくなるのです。
既存の外壁に重ねて張りつける方法と、既存の外壁を撤去して張り替える方法があります。

2-3.メンテナンス不要のタイル外壁

タイル外壁は、見栄えもよく高級感があることで人気が出てきています。
見た目だけでなく、耐久性がよく基本的にメンテナンスが不要というメリットもあるのです。
表面をタイルが覆っているため、経年変化による劣化がほとんどありません。
何十年たっても変わらない外観を維持することができるでしょう。
最近は流通量も増え、比較的安価な初期費用で済むようになってきています。

3.トラブルを防ぐための注意点

外壁リフォームを業者に依頼する際、トラブルが発生するのを防ぐためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。
納得のいくリフォームを行うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.外壁の状況をある程度知っておく

悪徳業者の数が多いと言われている外壁リフォーム。
その理由は、リフォームが手抜きしやすい工事だと考えられているためです。
良心的な業者であれば、その外壁の状況に合った方法でリフォームを提案します。
しかし、そうでない業者もいるのです。
外壁の状況によって、適切なリフォーム方法というものがあります。
状況に見合わないリフォームを行おうとする業者を選んでしまうと、必ず何らかのトラブルが発生するでしょう。
そのようなことを避けるためにも、自分自身である程度、外壁の状況を知っておくべきなのです。

3-2.外壁リフォームのタイミングを間違えない

外壁リフォームは、タイミングが非常に重要になります。
劣化を放置し、何十年もリフォームを行わずにいると、いずれ大規模なリフォームが必要になってしまうでしょう。
それだけ費用も膨大なものになってしまいます。
定期的にメンテナンスや補修を行うことは、トラブルを防ぐ上でも大切なポイントになる、ということを覚えておいてください。

4.業者の選び方について

前述したように、外壁リフォーム業者の中には悪徳業者も存在しています。
そのような業者を選ばないためにも、正しい業者の選び方を知っておきましょう。

4-1.複数の業者を比較して決める

良心的な業者を選ぶためには、複数の業者を比較することが大切です。
最初から1社に絞らず、複数の業者に見積もりを依頼してみてください。
見積もり内容を比較し、どこが一番安いのか、相場はいくらくらいなのかを把握することが必要でしょう。
その中から、自分の目的に合った業者を選ぶことをおすすめします。

4-2.対応の丁寧さをチェックする

悪徳業者を見抜くためには、対応の丁寧さをチェックすることもポイントになります。
質問に対して適切な受け答えをしてくれるか、すぐに契約をすすめようとしないかをチェックしてください。
しっかりと依頼主の話を聞き、適切なリフォーム方法を提案してくれる業者こそが、優良なリフォーム業者です。
後悔することがないよう、業者選びは慎重に行いましょう。

5.まとめ

外壁リフォームの種類についてご紹介しました。

  • 外壁リフォームの種類
  • それぞれの特徴について
  • トラブルを防ぐための注意点
  • 業者の選び方について

「外壁リフォームを検討している」「リフォームの種類や特徴について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。