放置しちゃダメ! 外壁塗装のひび割れは早期発見で確実に補修を!

外壁の塗装、何年前にしましたか? ひび割れなどはできていませんか? 住宅の外壁塗装は、美観を保つだけではなく、風雪・紫外線など外的刺激から外壁を守って耐久性を高める役割があります。もし、この塗装にひび割れを見つけてしまったら、家はどうなるのかと、不安に思うことでしょう。この記事では、住宅の外壁塗装のひび割れに悩む人のために、ひび割れの原因から補修まで、丁寧に解説します。

  1. 塗装のひび割れとは
  2. 塗装のひび割れチェック
  3. 塗装のひび割れ、修繕工事について
  4. 塗装のひび割れ、業者選びのコツ
  5. よくある質問

この記事を読み終われば、塗装のひび割れをむやみに怖がることなく、適切に対処できるようになるでしょう。大切な我が家を守るためにも、ぜひ参考にしてください。

1.塗装のひび割れとは

塗装の表面(塗膜・とまく)は、経年劣化や不適切な施工でひび割れを生じてしまいます。いつの間にかできてしまうひび割れですが、防ぐ方法や補修の方法はあるのでしょうか?

1-1.どういう状態か

ひび割れとは、塗膜(とまく)に裂け目ができた状態です。住宅の外壁に、目で見てわかる程度のひび割れが発生します。

1-2.要因について

塗装にひびが入る要因は、経年劣化によるものと、それ以外では不適切な施工が考えられます。主な例は下記を参照してください。

  • 下塗り:下塗りの乾燥が不完全・下塗りの方が上塗りより柔らかいなど
  • 塗料自体の問題:硬化剤の量が少なすぎる・塗料の耐候性が不足しているなど
  • 塗装条件:塗膜が厚すぎ、または薄すぎる
  • 乾燥条件:乾燥が不足している・周辺温度が高すぎ、または低すぎた

また、モルタルなどのペースト状の外壁材料を塗布して乾燥させる外壁は、乾燥する過程で材料の収縮が起こり、幅の狭いひび割れを生じることがあります。

1-3.ひび割れの種類など

浅い塗装面のひび割れで、下地まで影響がないものを「チェッキング」といい、細いひび割れを「ヘヤークラック」といいます。ヘヤークラックは髪の毛のように細いひび割れのことです。モルタルなどの外壁材の乾燥過程で生じる、幅の狭いひび割れは「乾燥クラック」といいます。
また、「構造クラック」とは、塗装に起因するのではなく、建物の構造的な問題から起きるひび割れのことです。

1-4.影響、放っておくとどうなるか

塗装にひび割れがあるからといってすぐに壁が剥がれ落ちてしまうわけではありません。しかし、放っておくと下地にまで影響し、雨漏りの原因にもなります。また、劣化が進行すると、下地が腐食し、最悪の場合は外壁材を取り換えなければならなくなることもあるのです。さらに、ひび割れから雨水が侵入することで、下地の木部が湿気てシロアリやカビ発生の原因にもなりかねません。このような事態にならないよう、早めの対策が必要です。

2.塗装のひび割れチェック

塗装のひび割れは早期発見することで、深刻な事態を避けることができます。自分で外壁の塗装の状態をチェックしてみましょう。

2-1.ひび割れの度合いチェック

まだ建物に影響がないひび割れと、すぐに補修が必要なひび割れはどのように見分けるのでしょう? 注目するのは、ひび割れの割れ目の状態です。ヘヤークラックのように細いものは、まだそれほど問題になりません。なぜなら、これは塗膜(とまく)の上部のみにひび割れが生じているため、建物への影響はないのです。
一方、幅1mm以上のひび割れは、下地にまで影響を及ぼしていると考えられます。この場合は補修が必要です。また、幅3mm以上のひび割れの場合は、かなり状態が進んでいる可能性があります。なるべく早く専門家に相談して、補修をしましょう。

2-2.症状について

雨漏りなどの症状が出ている場合は、すぐにでも補修が必要です。細かなひび割れだけならあわてる必要はありませんが、ひび割れ以外にも塗膜(とまく)の浮きや「チョーキング」といって外壁の表面に粉が浮く症状が現れたら、塗り替えのタイミングといえます。

2-3.自分でできることはあるか

塗装のひび割れは、原因や状態によって補修の仕方が違うため、専門家に任せることが大切です。特に1mmを越えるクラックは、下地や構造にも影響している可能性があるため、安易な処置はしない方がいいでしょう。

3.塗装のひび割れ、修繕工事について

自分で補修できない場合は、専門家に依頼することが大切です。補修が必要かどうかの診断もしてもらいましょう。

3-1.プロへ依頼すべき症状、タイミング

以下のような場合は、専門家に相談してみましょう。一度現場を見てもらい、補修が必要かどうかプロの目で診断してもらいます。

  • ひび割れの幅が1mm以上ある
  • 前回の塗装から10年経っている
  • 小さなひび割れが無数にある
  • 小さなひび割れに加え、塗膜の浮きやチョーキングの症状が見られる

3-2.修繕方法について

外壁塗料のひび割れは、以下の方法で修繕することができます。

  • ひび割れが浅く、もうこれ以上動きがない場合:ひびを埋めて上から塗装し直す。電動工具で溝を削ってシーリング材で埋め、下地の段差を調整するフィラーを下塗りした後に塗装で仕上げる。再び割れてこないかどうかは、塗料の選択と施工の技量が重要
  • ひび割れがまだ動く可能性がある場合:ひび割れの動きに追随する弾性塗料を使用する。モルタルの場合にも有効。弾性塗料にも多くの種類があるため、予算と耐久性を考えて相談してみよう

3-3.料金などについて

修繕の方法に加え、サイディングの種類や塗料の種類、塗装面積により料金が異なります。一般的な外壁修理・補修の費用は、30万~100万円程度かかるのが相場です。まずは見積もりをしっかり取ってみましょう。

4.塗装のひび割れ、業者選びのコツ

複数の会社から見積もりを取って、施工内容を見比べて選びましょう。目先の価格にとらわれず、保証期間にも着目して選ぶことが大切です。

4-1.業者選びのコツ、ポイント

ひび割れの補修の場合、まずは補償の有無と範囲を確認します。また、見積書をチェックし、塗装の工程に手抜きがないか確認しましょう。塗料のグレードや施工内容などわからないことは積極的に質問します。良心的な業者なら親切に答えてくれるはずです。技術力は、施工例をホームページで調べてみましょう。施工した現場を見せてくれる業者なら、技術力もまずは安心です。

まとめて見積もりを依頼できるサービスも!

外壁塗装を行う際、まず悩むのが業者選びです。外壁塗装を請け負う業者はたくさんいますが、だからこそ優良な業者選びは難しいでしょう。また、評判のよい業者でも自宅の外壁塗装には適していなかったという例もあります。人によっては「業者選びだけで疲れてしまい、肝心の外壁塗装ができないまま時間が過ぎていく」と悩んでいる人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、外壁塗装の案内所です。

外壁塗装の案内所では、24時間無料で外壁塗装の見積もりを複数の業者に一括依頼できます。外壁塗装の案内所に登録している業者は、独自の審査をパスした優良業者です。また、利用者からのアンケート調査によって定期的に審査されており、悪い評価がついた場合は除名処分もありえます。ですから、安心して見積もりを依頼できるでしょう。外壁塗装の案内所を利用すれば、複数の優良業者に一括見積を依頼できます。

各業者の特徴が分かるだけでなく、自宅の外壁塗装に適した業者に的確な価格で依頼ができるでしょう。


4-2.工事費用の節約法

なるべく安く済ませたい工事費用ですが、塗料のグレードを落とすことはお勧めしません。保証期間や耐久力が落ちるので、すぐに塗り直しが必要になって、かえって不経済です。そこで、節約するなら価格が高い足場代に着目します。せっかく足場を組むなら、屋根の補修などのタイミングに合わせて同時に行うと、トータルでは出費が抑えられるのです。
ほかには、見積もりで節約する方法もあります。インターネットの一括見積を利用すると、複数の業者から同一条件で見積もりを取ることができ、しかもお得な価格設定になっているのです。

4-3.アフターフォロー

一般的なシリコン塗料は、正しく施工すれば10~13年は持ちますが、一般的に保証期間は5~10年です。保証期間のうちに、少しでも気になるところは点検してもらいましょう。

4-4.申込み方法

まずは見積もりを取り、内容と金額に納得できたら工事を申し込みましょう。

4-5.注意点

営業マンが突然訪問してきて、「今すぐ塗装したほうがいい」と不安をあおり、キャンペーン中・足場代が無料などとして、おいしい話を持ち掛けてくることがあります。こうした業者は、不安をあおり、考える時間を与えないよう即断即決を迫るケースが多く、中には手抜き工事などの悪質な業者もいるので注意が必要です。
塗装工事は数十万円もかかるうえ、住宅の寿命にもかかわる大事な決断になります。確かな目で見て、ゆっくりと落ち着いて答えを出しましょう。

5.よくある質問

Q.見積書はどこを確認すればいいでしょう?

A.見積もり項目に「下地処理」が入っているか、塗装は3度塗りか、塗るべき場所は全て見積もりに入っているか、塗装面積はどのくらいか、などです。見積もりを数社取って見比べてみてください。

Q.「モニターになりませんか」と持ち掛けられました。

A.突然の飛び込み営業をして、「お宅の外壁にひび割れがある」と不安をあおって格安価格で塗装のモニターを勧めるのは「モニター工事商法」です。後々のトラブルを避けるためにも、即決を迫られても応じずに、他社にも相見積もりを取るなどしてじっくりと検討しましょう。

Q.外壁の塗装は何年ぐらい持つのでしょう?

A.塗料によって違いますが、一般的なシリコン素材の塗料は10~13年は持ちます。ただし保証は5~10年のことが多いでしょう。

Q.見積書にあるケレンとは何ですか?

A.塗装の前の段階に行う下処理の作業を指します。外壁の洗浄や古い塗膜の除去・サビ落としなどをすることで、塗料の付きやもちが変わってくる大切な工程です。

Q.塗料は高いものほどいいの?

A.価格よりも自分の住まいの悩みに合わせて選択することをお勧めします。技術の進歩で、塗料にもいろいろな機能が付加されるようになりました。たとえば、低汚染塗料・難燃塗料・抗菌塗料・断熱塗料・光触媒などがあるので、自分の住まいの弱い部分を補うように選ぶといいでしょう。

まとめ

塗装のひび割れは、美観を損ねるだけでなく、家を長持ちさせるためにも放置できないものです。小さなひび割れは慌てて補修する必要はありませんが、日頃から外壁をよく観察して、何か異変があったら早めに専門家に見てもらいましょう。見積もりは必ず複数の業者から取り、価格と内容をよく吟味して選んでください。