【注目】サッシの雨漏りで悩まない! 補修はプロへの依頼がおすすめ!

サッシからの雨漏りは、壁にシミができたりカビが発生したりなど、何かとトラブルの原因になります。見た目の問題だけでなく、建物の寿命を縮め、暮らす人の健康にも悪影響を与えるので見逃せません。サッシの雨漏りは、できるだけ早く補修することが大切です。しかし、どこにどうやって依頼すればいいのか。わからないことも多いことでしょう。そこで、今回は、サッシの雨漏りについて、修理業者の選び方を含め、詳しく解説します。

  1. サッシの雨漏りについて
  2. サッシの雨漏りチェック方法
  3. サッシの雨漏り対策について
  4. 雨漏り修理業者の選び方を解説
  5. サッシの雨漏りに関するよくある質問

この記事を読むことで、サッシの雨漏りの基本が理解でき、適切な方法で対策や修理ができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.サッシの雨漏りについて

最初に、サッシの雨漏りの基本を解説します。

1-1.サッシの雨漏りとはどういう状態?

雨が降ったときに、サッシの周辺から雨漏りします。雨量が多い・風が強いなどで、吹き込むように降ったときに雨漏りがひどくなるのです。そのため、小雨程度では気にならないケースもあります。サッシから雨漏りがするときは、原因を正しく突き止め、きちんと修理してください。雨漏りを放置すると、サッシ周辺の壁が傷んで家の強度が落ちます。

1-2.サッシの構造について

サッシは、金属の窓枠を採用しています。金属製の窓枠であるため、重いガラスをはめ込んでも十分な強度があることが大きな特徴です。窓枠を壁にはめ込み、周辺をコーキング材で埋めて固定します。最近では、断熱性が高い2重窓構造のサッシも人気です。

1-3.サッシの雨漏りの原因について

サッシが雨漏りする場合、以下のような原因を考えることができます。

1-3-1.コーキングの劣化

サッシと外壁の間は、コーキングで埋められています。コーキング材が経年などの理由で劣化した場合、雨漏りが発生するのです。コーキング材の寿命は約10年前後であるため、定期的にやり直す必要があります。コーキング材がボロボロしている・欠けている部分があるなどの症状がある場合は、早めに対応しましょう。

1-3-2.外壁のひび割れ

サッシに問題がなくても、外壁にひび割れがある場合は雨漏りします。ほとんどわからない程度のひび割れでも、雨水が入り込むのできちんと修理してください。外壁のひび割れは、経年変化のほか、地震などの自然災害後に多く発生します。定期的にチェックし、ひび割れを発見したらすぐに修理しましょう。

1-3-3.工事の不備

質の悪い工事をしたために、雨漏りがすることがあります。古い家だけでなく、新築の家でも起こるので油断できません。サッシの取り付けは、正確な工事が必要です。いい加減な工事をすれば、すぐに不具合が出てしまいます。工事の不備であることが判明したときは、業者に連絡して修理してもらいましょう。

2.サッシの雨漏りチェック方法

サッシの雨漏りの疑いがあるときは、自己チェックしてみてください。自己チェック後に改めてプロに調査を依頼しましょう。

2-1.サッシの雨漏り自己チェック

サッシの雨漏りの疑いあるときは、以下のチェックをしてみましょう。当てはまる点が多いほど、深刻な状態です。

  • 雨が降ると壁や床が濡(ぬ)れる
  • サッシ周辺の壁にシミができている
  • サッシ周辺の壁紙がはがれている
  • 部屋がカビくさい・カビが発生している
  • シロアリが発生している

2-2.プロによる調査を依頼しよう

自己チェックをしただけで安心してはいけません。チェックの結果、サッシからの雨漏りの疑いがあるときは、プロによる正式な調査を依頼しましょう。調査だけなら無料で行っている業者も多いものです。問い合わせに対して、丁寧で親切な対応をしている業者に依頼し、現状を正しく判断してもらいましょう。

3.サッシの雨漏り対策について

サッシの雨漏り対策について、自分でできる方法・修理が必要な場合・主な修理方法など詳しく解説します。

3-1.自分でできる雨漏り対策法

サッシの雨漏り対策は、自分でもできます。雨水が入ってくるところにぞうきんを置き、吸い取るのです。雨漏りの量が多いときは、バケツを床に置いておけば安心でしょう。また、ごくわずかなすき間なら、防水テープを貼ることで応急処置ができます。ただし、あくまでも一時的な対策です。

3-2.サッシの雨漏りで修理が必要な場合

サッシの雨漏りを根本的に解決するためには、原因を取り除く必要があります。サッシの雨漏り修理は素人では難しいものです。できるだけ早く業者に修理を依頼してください。自分で対策しても、限界があります。カビの発生・壁の腐食などが進まないうちに、きちんとプロに修理してもらいましょう。

3-3.主な雨漏り修理方法について

サッシの雨漏り修理をプロに依頼した場合、以下のいずれかの方法で進めることになります。

  • コーキング材の入れ替え
  • 壁のすき間の修理
  • サッシの交換

なお、雨漏りがひどい場合は、広範囲に影響が出ていることが多く、壁の修理も必要になります。

4.雨漏り修理業者の選び方を解説

サッシの雨漏りは、早めに専門の修理業者に依頼しましょう。業者選びのポイントや料金・相談窓口など詳しく解説します。

4-1.修理業者選びのポイント

サッシの雨漏りで修理業者を選ぶときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • サッシの雨漏り修理で豊富な実績がある
  • 高品質な工事で定評がある
  • リーズナブルな料金設定
  • 雨漏り診断だけなら無料
  • 契約を必要以上に急がない
  • 問い合わせに対する受け答えが親切で丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • アフターサービスが充実している

4-2.サッシの雨漏り修理の料金

サッシの雨漏り修理料金は、以下が目安です。なお、実際の料金に関しては、業者に見積もりをもらって確認してください。

  • 全体的な補修(コーキング材の総入れ替え):150,000円程度
  • 部分的な補修:30,000~40,000円程度
  • サッシの交換:50,000~100,000円程度

4-3.サッシの雨漏りの相談窓口や見積もりについて

サッシの雨漏りの相談や見積もりの依頼は、修理業者のお問い合せ窓口を利用しましょう。親切な業者なら、電話やFAXのほかにも、自社ホームページに問い合わせフォームを用意してあります。問い合わせフォームからなら、気楽に利用できることでしょう。通常、2営業日以内に返事があるはずです。相談や見積もりの依頼に対する対応の良さも、信頼できる業者である証拠と言えます。

4-4.アフターフォローもチェックしよう

サッシの雨漏り業者を選ぶときは、アフターフォローが充実していることが重要です。工事を完了した時点では問題がないように見えても、実際に雨が降ったときに不具合が出ることがあります。アフターフォローがしっかりしている業者なら、すぐに誠実な対応をしてくれることでしょう。また、定期チェックなどのサービスを受ければ、長く良好な状態を保つことができます。

4-5.雨漏り修理業者の選び方に関する注意点

電話勧誘や飛び込み営業で「今すぐ修理しないと大変なことになる」などと、不安をあおる業者には注意してください。悪質な業者は、無料点検を装うことが多いものです。中には、強い言葉で契約を取ろうとするところもあります。特に、ひとり暮らしの高齢者や日中に女性だけになる家は気をつけてください。不安を覚えたら、警察へ通報することをおすすめします。自分の目でじっくり選び、信頼できるとの判断を下した業者と契約してください。

5.サッシの雨漏りに関するよくある質問

最後に、サッシの雨漏りに関するよくある質問に回答します。それぞれ役立つ内容ですから参考にしてください。

Q.サッシの雨漏り修理の必要日数は?
A.簡単な修理だけなら、半日~1日で対応できます。サッシ交換や壁の修理を伴う場合は、数日程度かかることもあるでしょう。実際の工事期間については、業者に確認してください。なお、雨が降ると工事ができないため、日程には余裕を見ておきましょう。

Q.サッシの雨漏りとシロアリ駆除を同時に依頼できますか?
A.雨漏り修理業者がシロアリ駆除も行っていれば、同時に対応可能です。しかし、多くの場合は別々に依頼することになるでしょう。いずれにしても、シロアリが発生している状況では、すでにサッシ周辺の腐食が進んでいる状態ですから、早急に対応してください。

Q.サッシの取り付け不良が原因の場合、業者に損害賠償を請求できますか?
A.明らかに業者の落ち度であることが証明できた場合は、損害賠償か補修を請求することが可能です。サッシの雨漏りにより受けた被害をまとめ、客観的な証拠と共に業者に伝えて対応を依頼しましょう。証拠写真だけでなく、第三者の意見としてほかの業者の診断結果を添えると効果的です。誠実な業者なら、きちんと協議・対応してくれます。

Q.サッシの雨漏り修理はどのくらい効果が持続するのですか?
A.数年程度と考えてください。修理した部分も、経年変化などで徐々に材質が劣化してきます。台風や地震などの自然災害の影響を受けた場合は、数年持たない場合もあるでしょう。雨が降った後は雨漏りが再発していないか、こまめにチェックしてください。

Q.サッシの雨漏り修理は複数の業者に見積もりを依頼するべきですか?
A.見積もりの段階では、複数の業者に依頼して構いません。業者によって、修理費用や修理方法が異なるため、内容を比較して依頼先を決めてください。なお、見積もりをチェックするときには、金額だけでなく、不明な費用計上がないかなども見ておきましょう。なお、見積もりの対応が迅速で誠実な業者は、総じて工事品質も良いのでおすすめです。

まとめ

今回は、サッシの雨漏りについて詳しく解説しました。サッシから雨水がしみ込むのでは、壁のシミやカビの原因となり、見た目に悪いだけでなく、暮らす人の健康面も心配です。また、雨水がしみ込んだ壁は腐食や害虫が発生する原因にもなるため、家の寿命にも影響を与えます。雨の日だけのことだからと軽く見てはいけません。サッシの雨漏りは、できるだけ早く修理を行ってください。専門知識がない人が修理するのは難しいため、業者に依頼することが大切です。豊富な実績があり、アフターフォローが充実している業者を選べば、安心して依頼できることでしょう。