【保存版】店舗のリフォーム・内装で悩まない!必要な知識を完全伝授

「店舗をリフォームしたいけど、どんなデザインにすれば良いかわからない」「集客性の上がる店舗リフォームについて知りたい」など、店舗のリフォームで悩んでいる人は多いことでしょう。店舗の集客や売り上げは、内装しだいとも言えますからね。そこで、今回は店舗のリフォームや内装の悩みを無くすために、必要な知識を完全伝授しましょう。店舗のリフォームや内装の悩みを解消したい人は、ぜひ読んでくださいね。

記事には、店舗のリフォームや内装を考えている人にとって有益な情報がたくさん載っています。読み終わるときには、皆さんにも豊富な知識が身に付いていることでしょう。

1.店舗のリフォームとは

店舗のリフォームについて、基礎知識を固めることから始めましょう。店舗のリフォームで成功するには、基本をしっかり学ぶことが近道ですよ。

1-1.店舗のリフォームを行う目的やメリット

店舗のリフォームを行う目的やメリットを明確にしておくことは、基本です。リフォーム費用を有効に活用するためにも、最初に考えておきましょう。

1-1-1.店舗のリフォームを行う目的

店舗のリフォームを行いたい人が現状に何らかの不満を持っていることは、明らかでしょう。店舗の外観や設備が古いことが気になったり集客を伸ばしたりするために、店舗のリフォームを行う人が多いことはわかります。まずは、自分が何の目的のためにリフォームを行いたいのか考えてみてください。店舗のリフォームにかんして目的を持つことは、大切なことですよ。

1-1-2.店舗のリフォームを行うメリット

さて、店舗のリフォームには、一般的に店舗のイメージをよくしたり機能を高めたりするメリットがあります。最終的には、集客率や売り上げが上がることも期待できるでしょう。店舗のリフォームには、大きなメリットがありますよ。

1-2.店舗と一般住宅の違いについて

店舗と一般住宅では、リフォームの目的も異なります。店舗は、集客性や売り上げを向上することが主な目的となるでしょう。一般住宅の場合は、住んでいる人の住み心地の良い環境を作ることが主な目的となります。店舗のリフォームと一般住宅のリフォームでは、目的が違うことを理解してください。

1-3.いつ・どんなときに店舗のリフォームをするか

店舗のリフォームは、いつどんなときに行うことになるでしょうか。主な理由やタイミングについて、下記を確認してください。

  • 店舗の営業内容を変更するとき
  • 店舗の外観や設備が古くなったとき
  • 店舗のイメージを変えたいとき
  • 店舗の機能性や生産性を上げたいとき
  • 店舗のオーナーが交代するとき

いずれにしても、今までの店舗をガラっと変えて良い方向に導くために行うことは間違いありませんね。

1-4.店舗のリフォームと集客性の関連を学ぶ

店舗のリフォームは、集客性を上げることが可能になります。ただし、想定する客層に受けの良いリフォームを行うことが前提になるでしょう。店舗に来る人が、好ましく感じたり使いやすくなったと感じたりすると売り上げも上がるはずです。同時に、集客性も上がることでしょう。反対に、好みでは無くなったとか使いにくくなったと感じる場合は、売り上げが下がってしまいます。売り上げのほかにも集客性が下がることは、明らかでしょう。店舗のリフォームは、内容しだいで集客性に大きくかかわることは間違いありません。

2.店舗のリフォームの種類とメリットについて

では、店舗のリフォームの種類とそれぞれのメリットについて見ていきましょう。メリットを認識して取り組むことは、とても大切ですよ。

2-1.外観リフォームとメリット

客が店舗に入る前の印象をよくするには、外観リフォームが効果的です。屋根の色や形状を変えてみたり全体的にイメージチェンジをしたりすることで、新鮮な印象を与えることができるでしょう。外観リフォームを行うことのメリットは、店舗の存在感を強くアピールすることです。古くて時代遅れの印象があった店舗でも、外観リフォームを行うことで常連客が戻ってくることもあるでしょう。

2-2.外壁の塗り替えとメリット

外壁の塗り替えは、気軽に行える店舗リフォームのひとつと言えます。店舗の外観の印象を大きく左右するのは、外壁の色や状態・素材でしょう。外壁の塗り替えを行うことで、見た目の印象を大きく変えることができます。外壁の塗り替えを行うメリットは、店舗全体の外観リフォームよりも費用が掛からないことでしょうね。低コストでも、効率の良いリフォームを行いたい場合は、外壁の塗り替えを優先してください。

2-3.インテリアのリフォームとメリット

店舗内の印象を大きく左右するのが、インテリアです。インテリアを入れ替えることも、リフォームのひとつの方法となるでしょう。インテリアのリフォームは、大きな工事を伴うことなく店舗イメージをリフレッシュできる点です。また、目に付きやすいものなので客がリフォームをしたことを気付きやすいという点もあるでしょう。また、インテリアのリフォームには、工事期間を必要としないものも多いことも良いですね。

2-4.水周りのリフォームとメリット

水周りの設備を入れ替えることも、立派なリフォームです。古くて使いにくい水周りをリフォームすることは、清潔な環境を整えることができるでしょう。たとえば、トイレをリフォームすることで客の印象はよくなります。トイレなどの水周りについては、店舗の売り上げと直接関係が無いように思うことでしょう、しかし、水周りのリフォームは、店舗リフォームの中でも重要な意味を持つことを覚えておいてください。

2-5.そのほかのリフォームとメリット

そのほか、店舗の営業形態独特のリフォームもあることでしょう。たとえば、美容室や美容院の場合は、美容設備を最新のものにしたりシャンプー台を入れ替えたりなどのリフォームがあります。美容業界はリフォームによって新しい設備を導入することが、安定した集客数や利益を確保する結果になるでしょう。店舗の営業形態によっては、リフォームすることが大きな営業メリットとなることを覚えておきましょう。

3.オフィスのリフォーム

ここでは、オフィスのリフォームに必要な知識について伝授しましょう。オフィスのリフォームには、独特のポイントがあるものです。

3-1.機能性を考えた間取りにしよう

オフィスのリフォームは、機能性を考えた間取りにすることが重要でしょう。オフィスでは、多くの人が働いています。人が移動しやすかったり必要な資料やものを取り出しやすかったりすることは、最低限確保してください。今までの間取りで不満があった点について、社員にリサーチすることも有効ですよ。

3-2.仕事の生産性を高めることを目的にする

オフィスのリフォームで大切なこととして、仕事の生産性を高めることも忘れてはいけません。適切な間取りを考えたり必要な設備やインテリアを配置したりすることで、働く人が気持ちよくスムーズに仕事ができることが大切です。社員のひとりひとりの生産性が上がることは、会社にとっても大きな利益となるでしょう。

3-3.来客の印象をよくすることも考えよう

オフィスのリフォームは、オフィス内で働く人だけのためではありません。オフィスへの来客の印象をよくすることも、考えてください。乱雑で整頓(せいとん)の行き届いていないオフィスは、来客にマイナスイメージを与えるものです。反対に、すっきりと整って機能的でキレイなオフィスは、来客の印象も良いでしょう。大切な商談を成功に導くには、来客の印象をよくすることもリフォームの目的としてくださいね。

3-4.オフィスのリフォームでそのほかに注意すること

オフィスのリフォームでそのほかに注意することとしては、電話回線・インターネット回線・電源の配線レイアウトでしょうね。今は、オフィス内で多くのOA機器を扱っています。社員ひとりずつにも個人用のパソコンを提供していることでしょう。また、職場に掛かってきた電話をスムーズに取ることができるように考える必要があります。仕事に支障が出ないように、電話回線・インターネット回線・電源の配線レイアウトをしてください。

4.美容室・美容院・サロンの店舗リフォーム

美容室・美容院・サロンのリフォームについて、お話をしましょう。美しさを目的に来店する人にとって、店舗のリフォームは魅力的なことです。

4-1.集客性を上げるリフォームを考えよう

美容室・美容院・サロンのリフォームは、清潔感と美しさの両立が大切です。また、メインとなる客層に合ったリフォーム内容にするべきでしょう。自分の店舗の主な客層はどのタイプか、きちんと分析をしてください。集客性を上げるには、メインの客層が好む店舗リフォームを行いましょう。

4-2.美容室・美容院・サロンに適する間取りとは

美容室・美容院・サロンは、客に美しくなるための施術を提供する場所です。通常は、客に座ってもらったり寝てもらったりした状態でサービスを提供することになるでしょう。一般的な物販用の店舗と比べて、ゆとりが必要になることは間違いありません。サービスを受けているときに、客が狭さを感じない程度の広さは必要でしょう。間取りについては、想定来客数に応じた広さが必要になります。サービス中に移動を伴うことが多いので、段差も少ない方が良いでしょうね。

4-3.デザインリフォームを考えよう

美容室や美容院、サロンは、センスの良さが命となるでしょう。店舗の外観も内装も、センスが悪いとの評価があると集客率が下がってしまいます。メインとなる客層に受けの良いデザインリフォームをすることで、集客率を上げましょう。たとえば、若い客層には明るく気軽に通うことができそうな内装を心掛けると良いですね。オフィス街などで、会社帰りの女性客を多く見込むことができる場合は、都会的なセンスが必要でしょう。外観と内装しだいで、店が栄えるかどうかが決まるため慎重に検討してください。

4-4.機能性を考えたリフォームをしよう

美容室・美容院・サロンでは、機能性を考えたリフォームをすることを心掛けましょう。たとえば、美容設備や機器の配置と、シャンプーなどを行うための水周りの配置ですね。美容設備や水周りの配置が悪いと、美容師が仕事をしづらくなって効率が下がります。また、客にとっても無駄な移動があったり快適さが失われたりする原因となるでしょう。美容室・美容院・サロンは、美容設備や機器・水周りの配置は十分に検討して機能性を考えたリフォームを実現しましょう。

4-5.美容室・美容院・サロンのリフォームでそのほかに必要なこと

美容室・美容院・サロンのリフォームでそのほかに必要なことは、空調設備の見直しを挙げることができるでしょう。美容室・美容院・サロンの場合は、店舗内の滞在時間が1時間から2時間程度と長いことが特徴となります。客が滞在している時間、快適に過ごすことができるように、また、美容師が仕事をスムーズに行うことができるように、適切な空調設備を導入しましょう。品質の良い冷暖房設備の導入は、電気代の節約にもなりますよ。

5.飲食店・カフェ・レストランの店舗リフォーム

飲食店・カフェ・レストランの店舗リフォームは、集客を増やすためにも重要なことです。では、飲食店・カフェ・レストランの店舗リフォームで知っておきたい知識を、学びましょう。

5-1.飲食店・カフェ・レストランのリフォームは集客性を考えよう

飲食店・カフェ・レストランは、店舗に集客性があることが命となるでしょう。店舗に来店してもらうこと無しに、売り上げが上がらない性質があるからですね。主な客層がどのような外観や内装を好むかを、しっかりリサーチすることが大切でしょう。店舗のリフォームで集客性を上げることは、厳しい飲食業界で生き残るために必要ですよ。

5-2.水周りのリフォームしだいで仕事の効率も上がる

飲食店・カフェ・レストランの場合は、水周りの設備を頻繁(ひんぱん)に使うことになります。客に出す皿やコップを洗ったり、食材や調理器具を洗ったりなど、水周りの使い勝手が大きく関係してくることでしょう。今まで水周りが使いにくかった場合は、思いきってリフォームをすることで作業効率が格段に上がります。また、提供するメニューの質も上がるので客からの評判も向上することでしょう。飲食店・カフェ・レストランを経営している人は、水周りのリフォームについて真剣に考えてみてください。

5-3.飲食店・カフェ・レストランに向く間取りとは

飲食店・カフェ・レストランは、開放感のある間取りが理想となります。料理を提供するためには、客同士の適度な距離を維持できることが大切です。狭い店舗の場合は、無理な席数を設定しないようにしましょう。また、店員が料理を運ぶときに、運びにくい動線にならないように席の配置も考える必要があります。さらに、客が入店から退店までがスムーズに移動できることも飲食店・カフェ・レストランにとっては、重要なことでしょう。

5-4.飲食店・カフェ・レストランの内装デザインとは

飲食店・カフェ・レストランの内装デザインは、清潔感のあることが第一条件となるでしょう。また、くつろぎを感じることができることも外すことができないポイントです。料理を提供する空間として、ふさわしい内装デザインを考えてください。客層やメニューに合わせて、適切な内装デザインを決めることも大切です。主な客層が好む内装デザインを実現できたとき、自然と売り上げも増えることでしょう。

5-5.飲食店・カフェ・レストランのリフォームでそのほかに注意すること

飲食店・カフェ・レストランのリフォームでは、化粧室の配置も重要なポイントとなります。トイレの入り口が、ほかの客の目に入ることは望ましくありません。化粧室の配置には、十分に気を遣ってください。飲食店・カフェ・レストランの利用客は、多くが化粧室を使うことになります。使いやすい化粧室にリフォームすることも、集客率に大きくかかわることでしょう。

6.店舗のリフォームに必要な費用について学ぼう

店舗のリフォームを行うためには、お金が必要です。店舗のリフォームに必要な費用について、じっくり学びましょう。

6-1.店舗のリフォームに必要な費用について

店舗のリフォームに必要な費用にかんしては、さまざまなものが必要になります。単に、リフォーム業者に支払う工事費だけではありません。リフォームに必要な設備やインテリアなどの導入にも、お金は必要です。店舗のリフォーム費用には、予想外のものも出てくることでしょう。また、実際に工事を行ってみて判明する費用もあります。店舗のリフォーム費用については、多めに用意できるに越したことはありません。

6-2.リフォーム費用の坪単価を考える

リフォーム費用の坪単価を、考えてみましょう。たとえば、壁紙や床材を品質の良いものにすることは、理想のリフォームを実現するためにも必要なことなのはわかります。しかし、広い店舗の場合は余計に費用が必要になることを理解してください。店舗のリフォームは、単にお金を掛ければ良いわけではありません。リフォームを行うときは、坪単価を考えて適正範囲を超えないようにしましょう。

6-3.店舗のリフォームにかんする減価償却・耐用年数

店舗のリフォームについては、毎年減価償却をすることで経費に計上することが可能です。具体的な例については、以下を確認してください。

  • パソコン:4年
  • 接客業用の応接セット:5年
  • 理容・美容機器:5年
  • 飲食店業用設備:8年
  • 洗濯業・理容業・美容業・浴場業用設備:13年
  • 給排水・衛生設備・ガス設備:15年

そのほかのものにかんする減価償却・耐用年数については、以下を参考にしてください。

国税庁サイトの耐用年数表一覧

6-4.店舗のリフォーム中の休業について

店舗のリフォーム中の休業は、売り上げが無い時期となります。できるだけ休業期間を短くすることも、重要なポイントとなるでしょう。具体的には、リフォームに掛かる工期を伸ばすことが無いように心掛けることが大切です。また、繁忙期を避けてリフォーム工事を行うことで売り上げダウンの影響を最低限にすることができるでしょう。リフォームに掛かる工期を短くすることと、繁忙期を避けて行うことを頭に入れて計画を立ててくださいね。

6-5.店舗のリフォームで費用対効果を上げるポイントは?

店舗のリフォームで費用対効果を上げるには、主な客層が好むリフォーム内容に仕上げることが重要なポイントとなります。結局のところ、客が好むかどうかが集客に大きくかかわることになるでしょう。集客率が上がることで、売り上げも伸びるのです。つまり、費用対効果を上げるためにも主な客層が好む仕上がりにして、売り上げを伸ばすことを考えてください。また、明らかに余分な費用は削ることも大切です。全部を最初に行わなくても、追加でリフォームをすることも検討してください。

7.店舗のリフォーム工事の流れを解説

では、実際に店舗のリフォーム工事をシミュレーションしてみましょう。流れを理解しておくことも、店舗のリフォームの成功に必要ですよ。

7-1.店舗のリフォーム工事を依頼する方法

店舗のリフォーム工事を業者に依頼するときは、以下を参考にスケジュールを組むと良いでしょう。

  1. 店舗のリフォームを依頼する業者を選ぶ
  2. 業者に連絡を取って現地視察の日程を決める
  3. 現地視察を兼ねて工事の打ち合わせをする
  4. 業者より見積もりをもらう
  5. 見積もりの内容に問題が無い場合は正式に契約する
  6. リフォーム工事が始まる

リフォーム工事を依頼してから実際に工事を開始するまでには、現地視察を欠かすことはできません。しっかりと現地視察を行うことは、店舗のリフォームを成功に導くためにも必要ですよ。

7-2.店舗のデザインコンセプトについて

店舗のデザインコンセプトについては、以下のような流れで検討すると良いでしょう

  1. どのようにリフォームをしたいかざっくりと案をまとめる
  2. リフォーム案の方向性が主な客層に合っているか検討をする
  3. リフォーム業者など専門家の意見を聞いて検討・修正をする
  4. 最終的なデザインコンセプトを決定する

店舗のデザインコンセプトは、専門家の意見も取り入れて検討を繰り返すことで洗練していくものです。デザインコンセプトをしっかり固めることは、実際のリフォーム工事をスムーズに進めることにもなるので気を抜かないようにしましょう。

7-3.店舗のリフォーム・内装工事の見積もりをチェック

店舗のリフォームや内装工事は、実際の工事の前に見積もりをもらって検討することになるでしょう。見積もりの内容については、以下のポイントをチェックしてください。

  • 見積もりの作成日や有効期限が記入してあるか
  • 業者の名前のサインや押印があるか
  • 依頼内容にそった見積もりを作成しているか
  • 費用項目で無駄なものや不明なものは無いか
  • 正当な理由が無く工事費用が予算オーバーしていないか

見積もりで出した費用と、実際に掛かった費用は、異なる可能性も高いです。しかし、見積もりの段階で不明な点や不要な点を無くすことで、予想外の費用が掛かったり不満足な仕上がりになったりすることを防ぐことはできるでしょう。見積もりの段階では、入念にチェックすることを忘れないでくださいね。

7-4.店舗のリフォーム・内装工事の費用を学ぼう

店舗のリフォームや内装工事に必要な費用について、学びましょう。具体的には、以下のような必要になります。

  • 古い設備やインテリアを処分する費用
  • 新しい設備やインテリアを導入・配置するための費用
  • 電気設備の配線や水周りの配管工事費用
  • 外壁や内装のリフォーム費用

上記の費用のほかにも、工期が伸びたり特殊な事情があったりする場合は上乗せで費用が掛かることもあるでしょう。より具体的な内容は、業者からの見積もりをチェックしてください。不明な点は、工事に入る前に明らかにしておきましょう。

7-5.店舗のリフォームを依頼する業者の選び方・ポイント

店舗のリフォームは、依頼する業者によって仕上がりの満足度が違ってくるものです。ここでは、店舗のリフォーム業者の選び方やポイントについて確認してください。

  • 店舗のリフォームにかんして豊富な実績を上げていること
  • 店舗のデザインコンセプトにかんして適切なアドバイスができること
  • 相談から見積もりを出すまでの対応が素早いこと
  • 希望する期間で店舗のリフォームを行うことができること
  • リフォーム費用が他社と比較して良心的であること
  • 連絡をしたときや質問をしたときに感じが良いこと

8.店舗のリフォームや内装にかんするお悩み・質問に回答します!

店舗のリフォームや内装にかんすることには、悩みを持っている人も多いでしょう。ここでは、店舗のリフォームや内装にかんする悩み・質問に回答します。

8-1.自分の好みと主な客層の好みが合わないときはどうする?

自分の好みと主な客層の好みが合わないことも、あるでしょう。もしも、皆さんが売り上げを上げたいために店舗のリフォームを考えているのなら主な客層の好みに合わせた方が良いです。客が来ないのでは、売り上げも上がらないだけで無く店舗の存在自体が危なくなってしまうでしょう。それでも、自分の好みを優先する場合は、売り上げが伸びなくても文句は言えませんので注意してくださいね。

8-2.店舗のリフォーム費用を抑えるために必要なことは?

店舗のリフォーム費用は、少ないに越したことはありませんね。でも、費用を抑えるだけでは理想のリフォームから遠ざかる結果となってしまいます。リフォーム費用を抑えるためには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 店舗リフォームに使用する材料の価格を下げる
  • 店舗リフォームの費用が安い業者に依頼する
  • DIYでできるところはできるだけ自分でやる

DIYで店舗のリフォームを行うことは、リフォーム費用の削減に大きな効果をもたらすこともあるでしょう。ただし、仕上がりの良さを妥協しないのならば業者に依頼した方が良いです。費用を抑えることができる場所と抑えることが難しい場所の区別をして、やりくりをしてみてください。

8-3.店舗のリフォーム中に客に対してできることは?

店舗のリフォームを行っているときは、休業をすることになるでしょう。休業中に、ほかの店舗に常連客が移ってしまう心配もありますよね。でも、店舗が休業中であっても、常連客をつなぎ止める方法はあるでしょう。まず、店舗理フォーム工事に入る前に余裕を持ってダイレクトメールなどで、休業案内を出すことです。常連客には、工事中の期間を伝えて早めに来てもらったりリフォーム後に来てもらったりすることが大切。また、店舗リフォームを記念して何らかのサービスを行うことも忘れないでください。さらに、リフォーム期間中の連絡先についても告知しておくことで万全な体制にできますよ。

8-4.愛着のあるインテリアをリフォーム後も使うのはダメでしょうか?

長年店舗を経営していると、インテリアも愛着のあるものが出てくることでしょう。機能や外観に特に問題が無い場合は、そのまま使用しても構いません。ただし、リフォーム後のデザインコンセプトにまったく合わない場合は、無理をして使用することで全体の調和を乱すことがあります。リフォーム後の店舗に導入してみて、イメージと合わないときは使うことを止めた方が賢明でしょう。

8-5.店舗のリフォーム費用を用意する良いアイデアはありますか?

店舗のリフォーム費用は、原則として業者に一括で支払うことになります。つまり、現金もしくは銀行預金で用意できることが前提となるでしょう。しかし、リフォーム費用を用意することが難しい場合は、身内や知り合いから借り入れをしたり銀行などの金融機関から融資を受けたりすることも検討してください。金融機関からの融資は、誰でも受けることができるとは限りません。家や土地などの資産を担保として差し出す必要があったり、身元保証人が必要な場合があったりするので覚えておきましょう。

まとめ

さて、店舗のリフォームや内装工事にかんして必要な知識を詳しく解説してきましたがいかがでしょうか。店舗のリフォームや内装工事は、それぞれの条件や事情を考えて計画を立てたり実行したりする必要があります。きちんとした計画が無かったり目的がはっきりしなかったりするリフォームは、失敗に終わる可能性もあるでしょう。店舗のリフォームで成功するためには、基本となる知識を身に付けることが大切です。良い業者を選んで、理想のリフォームを実現してくださいね。