アクリル塗料はほかの種類の塗料とどう違うのか? 使用上の注意点も

「アクリル塗料はほかの種類の塗料とどう違うのか?」「使用する際の注意点を知りたい」とお悩みではありませんか? 一昔前まで外壁塗装に使用されることが多かったアクリル塗料ですが、現在は需要が少なくなってきています。しかし、使用する箇所や用途によってはアクリル塗料が適している場合もあるため、詳しく知っておくとよいでしょう。

この記事では、アクリル塗料の特徴や使用に適している場所・使用する際の注意点などを詳しくご紹介します。

  1. アクリル塗料の特徴やほかの種類との違いは?
  2. アクリル塗料による塗装が向いている場所を紹介
  3. アクリル塗料を使用する際の注意点
  4. アクリル塗料に関するよくある質問

この記事を読むことで、アクリル塗料の耐用年数やメリット・デメリットなどが分かるはずです。

1.アクリル塗料の特徴やほかの種類との違いは?

まずは、アクリル塗料の特徴を詳しくご紹介しましょう。

1-1.アクリル樹脂を主成分とする

アクリル塗料とは、アクリル樹脂を主成分とした塗料のことです。1950年ごろに開発・製造された塗料で、当時は発色のよさや扱いやすさなどが話題となり、外壁塗装にも多く使用されていました。その後、高性能な塗料が次々と登場し、アクリル塗料はほとんど使われなくなったのです。しかし、今でもDIY塗料としては人気があります。

1-2.メリットとデメリットは?

アクリル塗料のメリットとしてまず挙げられるのが、価格の安さでしょう。業者に依頼した場合、1㎡あたりの費用は1,200~1,800円が相場で、「低コストで塗装工事を依頼したい」という人におすすめです。耐用年数は外壁に使用した場合で5~8年と非常に短くなっていますが、頻繁に外壁の色を変えて外観をリフレッシュしたい人には最適な塗料といえるでしょう。また、カラーバリエーションが豊富なこと・希釈や撹拌(かくはん)に手間がかかりにくいため、素人でも扱いやすいことなどもメリットです。デメリットには、耐用年数が短いこと以外にも、紫外線に弱い・ひび割れができやすいなどが挙げられます。

1-3.ほかの塗料との比較

塗料の種類はアクリル塗料のほかに、ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料などがあります。それぞれ価格や耐用年数の違いは以下のとおりです。

  • アクリル塗料:1,200~1,800円/㎡・耐用年数5~8年
  • ウレタン塗料:1,800~2200円/㎡・耐用年数8~10年
  • シリコン塗料:2,500~3,200円/㎡・耐用年数10~15年
  • フッ素塗料:3,500~4,500円/㎡・耐用年数15~20年

2.アクリル塗料による塗装が向いている場所を紹介

アクリル系塗料で塗装するのが向いているのは、以下のような場所です。

2-1.内装や家具

アクリル系塗料は、内装や家具の塗装に向いています。発色がよくツヤが出るのできれいな仕上がりになるでしょう。家具の色を変えたいときや、建具を自分で塗装したいときなどに使用するのがおすすめです。硬化不良を起こしにくく重ね塗りにも適しているため、DIYに最適な塗料といえるでしょう。

2-2.5~8年程度で塗り直しを検討している外壁

アクリル塗料は耐候性に乏しく、紫外線や雨風によるダメージを受けやすいのが難点です。そのため、外壁の塗装には向いていません。しかし、アクリル塗料の耐用年数内に取り壊す建物や、新たに塗り替えを検討している場合などは別です。耐久性を求めないのであれば、価格が安いアクリル塗料を選択すべきでしょう。

3.アクリル塗料を使用する際の注意点

アクリル塗料を使用する際の注意点をまとめました。

3-1.大手メーカーのアクリル塗料を選ぶ

アクリル塗料は日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研のものを選ぶのがおすすめです。知名度が高いので安心感があるのはもちろんのこと、大手メーカーの塗料は品質のよさでも間違いありません。塗装業者がほかのメーカーの塗料をすすめてくることもありますが、三大メーカーのものを指定したほうがよいでしょう。

3-2.屋根の塗装には不向き

アクリル塗料は屋根の塗装には適していません。屋根は外壁より雨風や紫外線によるダメージを受けやすいため、耐候性に乏しいアクリル塗料のひび割れが原因となって、雨漏りなどを引き起こす可能性があります。そうなると、屋根だけの補修では済まなくなってしまうこともあるでしょう。

3-3.塗装業者選びのポイントをチェック

塗装業者も信頼できるところを選ぶことが大切です。業者選びの際は以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 塗料について詳しく説明してくれるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • アフターフォローが充実しているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4.アクリル塗料に関するよくある質問

「アクリル塗料について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.「アクリルシリコン塗料」というのは、アクリル塗料とは違うのでしょうか?
A.アクリルシリコン塗料はアクリル塗料とシリコン化合物を合成した塗料で、アクリル塗料とは別物です。

Q.耐用年数が非常に長いアクリル塗料があると聞いたのですが、本当でしょうか?
A.耐用年数が15年以上の「ピュアアクリル塗料」というものがあります。

Q.塗装業者に依頼した場合、外壁塗装にかかる費用の内訳を教えてください。
A.主に、材料費・人件費・足場代・そのほか運営費に分けられます。

Q.悪質な塗装業者に多い手口にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.突然訪問してきて不安をあおり、強引に契約を迫る手口が多くなっています。また、ありえない金額の値引きを提案してくる業者や、見積書に詳細な記載がない業者にも注意が必要です。

Q.悪質な塗装業者とのトラブルはどこに相談すればよいでしょうか?
A.国民生活センターの窓口に相談するのがおすすめです。適切なアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

アクリル塗料の特徴やメリット・塗装に適した場所などを詳しくご紹介しました。アクリル塗料が外壁の塗装に使用されることは少なくなりましたが、内装や家具などの塗装には今でも使われています。ぜひこの記事を参考に、アクリル塗料を使用する際の注意点や塗装業者の選び方などを知ってください。