実は雨だけじゃなかった!? マンションが雨漏りする意外な原因は?

鉄筋コンクリート製のマンションは一見すると雨漏りとは無縁のように思われます。しかし、マンションでの雨漏りがないわけではありません。
そこで今回はマンションで起こる雨漏りの原因について少しお話をしましょう。
実は原因は雨だけではないのです。マンションに住んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。

築30年以上のマンションは雨漏りする危険性が大きい?

マンションは鉄筋コンクリートで作られているため、一戸建てより頑丈に見えます。
しかし、マンションの壁や天井付近はコンクリートがみっしりと詰まっているわけではありません。水道管やガス管などが通っているのです。
これらの管はマンションの建築時に通されているので、マンションが古くなればとうぜん管も古くなります。
このような管のうち、水道管が破損すれば管から漏れた水が壁や天井からしみだしてくるのです。
このように、雨以外が原因の雨漏り、というのがマンションでは意外と多いのです。
最近は築年数のたったマンションでも新品のようにリフォームすることができるため人気が集まっていますね。
しかし、このような危険があることも頭に入れておきましょう。

コンクリート自体に耐水性はない

コンクリートの建物は耐水性が高いように思われていますが、実はコンクリート自体の耐水性は低いのです。
コンクリートに耐水性の素材を敷いたり塗料を塗ったりすることで、初めて耐水性が高くなり、雨ざらしになっても耐えられるようになるのですね。
しかし素材や塗料の耐水性は永遠ではありません。定期的に塗り直しやリフォームが必要なのです。
しかし、古いマンションで管理組合があまり機能していないと、リフォームの話し合いが進まず、マンションの劣化が進んでついには雨漏りが起こる、
という可能性があります。ですから管理組合がきちんと機能していないマンション、というのは雨漏りの可能性が高くなるのですね。

新築のマンションでも油断はできない

でも、新築のマンションなら雨漏りの心配はないはず。と思う方もいるでしょう。
しかし残念ながら新築のマンションでも雨漏りの可能性はゼロではありません。マンションの床というのは浴室以外は防水ではないのが普通です。
何らかの原因で床が水浸しになった場合、階下に雨漏り、という形で水が漏れてくることもあるでしょう。
一番危険度が高いのが洗面所やキッチン、トイレです。もし、それほど築年数がたっていないマンションでこのようなとこから雨漏りがした場合、上階の水漏れを疑いましょう。すぐに管理会社や管理人に連絡し、上階の人に水が漏れていないか尋ねてみてください。
万が一、水漏れによって家具や家電がダメになってしまった、という場合は火災保険で補償される場合があります。
ダメになったからといって家具や家電をすぐに捨てずに必ず雨漏りか所を写真にとっておきましょう。

おわりに

いかがでしたか。今回はマンションの雨漏りの原因についてご紹介しました。
マンションは雨以外が原因の雨漏りも起こりうるのですね。築年数が古いマンションに住んでいる方は特に気をつけてくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!