風呂排水のつまりを解消するには? パイプ洗浄と普段の掃除の必要性

風呂は毎日の疲れを癒(い)やす空間です。快適な環境を維持することが大切ですが、使っていると排水のつまりが気になってきます。排水が悪くなれば、ストレスに感じることも多いでしょう。排水がつまると、下水にも悪影響を与え、臭いの原因にもなるのです。排水のつまりを解消し、普段から予防策を講じることが重要となります。気持ちのいい風呂を維持するため、排水のつまりに関する知識は身につけておきましょう。
今回は、風呂の排水に関する情報をご紹介します。

  1. 風呂の排水つまりについて
  2. 風呂の排水つまり・解消方法
  3. 風呂の排水つまり・予防方法
  4. 風呂の排水つまりでよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、風呂の排水がつまる原因や解消方法がよく分かり、普段のメンテナンスについても理解できるでしょう。風呂の排水がつまり、困っている方は必見です。

1.風呂の排水つまりについて

風呂の排水がつまる原因や、排水のつまりを放置した場合に起こる症状などをご紹介します。

1-1.風呂の排水に関する仕組み

風呂の排水溝は、浴槽と洗い場の両方にあります。2つの排水溝は地下でつながっており、1つの排水トラップに流れる仕組みです。排水トラップを経て、排水管へ流れるようになっています。片方がつまれば、もう一方もつまりが起こるでしょう。排水のつまりを解消するためには、両方の手入れを行わなければなりません。

1-2.つまる原因について

水道の流れが悪いと感じるのは、排水のつまりが起こっている証拠です。つまりが起こる原因は、異物・髪の毛・石鹼(せっけん)カス・皮脂・垢(あか)・雑菌などがあります。さまざまなものが重なり合い、流れが滞ってしまうのです。きちんと掃除を行えば、つまることはありません。特に髪の毛は、排水管に絡みついて流れを悪くします。髪の毛を溶かすなどの処置を取り、ほかの汚れと結合しないように注意しましょう。

1-3.つまるとどうなるのか?

つまりを放置した場合、汚水が逆流することがあります。風呂内に悪臭が漂い、劣悪な環境になることは間違いありません。雑菌が浴槽にも侵入し、健康被害が現れる危険性もあるでしょう。また、つまりがひどくなれば、異音といった異常も感じることになります。排水管に流れるべき汚水が停滞し、室内に悪臭が立ち込める可能性もあるのです。洗い場への逆流は、排水のつまりが起こっている前兆と捉(とら)えておきましょう。

2.風呂の排水つまり・解消方法

風呂の排水つまりは、自分でも解消できる場合があります。用意するものや注意点などを見ていきましょう。

2-1.自分でできること

最も手軽な方法として、パイプつまり解消剤があります。髪の毛を解かすことができ、排水の流れをスムーズにする効果があるのです。臭い解消にも役立つでしょう。使い方は簡単で、パッケージに記載された内容に従い、パイプ洗浄剤を排水溝に投入します。時間を置いてから、水道水とともに洗浄剤をきれいに流してください。こびりついた汚れは、ブラシなどを使って擦(こす)り洗いをするといいでしょう。最初に汚れや異物は取り除いておきます。重曹とクエン酸の発泡作用を応用し、排水溝のぬめりを解消する方法もおすすめです。石鹼(せっけん)カスなどはとてもきれいになります。

2-2.風呂の排水つまり解消方法における注意点

パイプ洗浄剤はとても便利なアイテムであるため、家庭で使われることが多いものです。洗浄剤をたくさん使えば、より高い効果を得ることができると勘違いしている方もいるでしょう。しかし、適切な量を超えた使用は、排水管の劣化を招く恐れがあります。容量は必ず守って使用してください。

2-3.こんなときはプロへ

異物が排水溝の奥に入り込んでしまった・市販のパイプ洗浄剤でも解消しない・下水のつまりがあるなどの場合、プロに依頼したほうが安心です。無理に自分で解消しようとすると、かえって排水管を傷めてしまうか、怪我(けが)をする場合もあります。業者に見てもらい、原因を取り除いてもらうことが大切です。

2-4.プロによる解消法について

プロによる風呂の排水つまり解消法は、パイプハンガーなどの器具を使い、排水管の汚れをかき出す方法です。高圧洗浄なども行うため、パイプ洗浄剤より高い効果を発揮します。異物のつまりも同時に解消することができるでしょう。排水管にこびりついた汚れをきれいにし、臭いの抑制にもつながります。

3.風呂の排水つまり・予防方法

風呂の排水は、普段からきちんと手入れをしていれば、つまりを起こすことはありません。予防方法をまとめました。

3-1.予防の必要性と頻度

排水溝のつまりは、汚れ・垢(あか)・髪の毛が集まって起こるものです。掃除をせずに使い続ければ、排水管の劣化にもつながるでしょう。安全に使うためにも、普段からつまりが起こらないよう、予防策を講じることが大切です。排水管が劣化した場合、大規模な修繕を必要とします。多額な費用もかかるため、週1回は掃除をしっかり行いましょう。可能であれば、入浴した後に、排水溝に付着した髪の毛を取り除く習慣を持つことが理想です。

3-2.予防方法

3-2-1.グッズの使用方法

排水溝に設置するゴミキャッチャーがとても便利です。貼り付けるタイプや排水溝に組み込む網目状のネットもあります。使いやすさで選ぶといいでしょう。排水溝に流れ出る前に、ゴミキャッチャーで受け止めてくれるため、つまりが発生しにくくなります。ゴミを取るのも楽です。定期的に交換し、効果が持続するように注意しましょう。

3-2-2.日常の清掃について

日常生活でできることは、風呂を使用した後に熱いお湯で排水溝を洗い流す方法です。垢(あか)や皮脂の停滞を防ぐことができ、汚れが頑固に付着するのを抑制できます。また、使用後は必ず髪の毛を取り除くだけでも、つまりを防ぐことができるでしょう。

3-2-3.定期的なパイプ清掃

パイプ洗浄剤は、定期的に使用したほうがいいでしょう。普段から手入れをすることも重要ですが、目に見えない排水管の汚れは必ず起こります。パイプ洗浄剤は月に1回程度使用するようにしましょう。つまりとともに、悪臭も抑えてくれます。排水管が、汚れの付着で狭くなるのを防ぐ役割もあるのです。

3-3.風呂の排水つまりに関する予防方法での注意点

風呂の排水つまりを予防していても、自然に汚れや垢(あか)は定着します。排水管の奥でつまりが発生し、パイプ洗浄剤の効果が得られない場合もあるでしょう。放置した場合、水漏(も)れなどが起こることも想定できます。そのため、予防策を講じても解消されないと感じたら、プロに依頼してつまりを解消してもらうことが大切です。

4.風呂の排水つまりでよくある質問

風呂は快適に使い続けたい場所ですよね。つまりは、衛生的にもよくありません。質問集を参考に、つまりを解消するきっかけにしてください。

Q.汚れ付着防止に、排水溝に熱湯をかけても大丈夫か?
A.熱湯は、排水管を傷める可能性が高いため、50℃くらいのお湯にしておきましょう。使ったら流すという習慣を持つだけで、石鹼(せっけん)カスや垢(あか)などの付着を防ぐ効果があります。

Q.流れが遅くなったと感じるのも、つまりが原因なのか?
A.排水溝につまりが起こると、最初に流れが悪くなります。早めにパイプ洗浄剤で解消し、悪化しないように注意しましょう。

Q.ラバーカップは、排水溝のつまりに効果があるのか?
A.ラバーカップは、トイレのつまり解消でよく使われる道具です。排水溝のつまり解消に使用する方もいますが、トイレと形状が異なるため、効果が現れない場合もあります。何度か試して効果が出ないようなら、違う方法に変えてみましょう。

Q.重曹とクエン酸を使った掃除は、どのくらいの時間放置すればいいのか?
A.排水溝に重曹とクエン酸をかけたら、お湯を流して発泡を促します。半日くらい放置したほうが効果があるでしょう。重曹とクエン酸は、同量を使用すると効果的です。

Q.トイレ用洗剤も、風呂のつまり解消に使うことができるのか?
A.水酸化ナトリウムを含むトイレ用洗剤は、風呂のつまり解消に役立ちます。ただし、塩素が発生する可能性があるため、浴室の換気をしながら行ってください。

5.まとめ

いかがでしたか? 風呂の排水溝は、髪の毛・垢(あか)・石鹼(せっけん)カス・異物などにより、つまりが起こることがあります。放置した場合、流れが悪くなり、排水管の劣化につながることがあるでしょう。普段から、入浴後にゴミを取り除くようにし、50℃くらいのお湯を流すと汚れの定着を防ぐことができます。月1回はパイプ洗浄剤を使用し、定期的なメンテナンスをすることも大切です。きれいな環境を維持するため、排水つまりの予防を意識しておきましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!