知っておきたい屋根の塗装時期! 2つの見極めポイントと注意点とは?

とても大切な屋根のメンテナンス方法。それは適切な時期に屋根を塗り替えることです。
屋根は雨や風、紫外線が降り注ぐ過酷な環境に耐えていますよね。そのため定期的なメンテナンスをしておかないと、屋根材の劣化による雨漏りやコケ・カビの増殖に悩まされることでしょう。
だからこそ、屋根の塗装時期を見極める方法について知っておく必要があるのです。
適切な屋根塗装時期を正しく見極める方法。あなたも知りたいと思っていませんか?
そこで本日は、適切な屋根の塗装時期を見極める方法と注意点をご紹介致しましょう。適切な時期に屋根の塗り替えをして自宅の屋根を長持ちさせるために是非お役立てください。

見極めポイント1:塗料の耐久年数を過ぎているなら塗り替えが必要

屋根に使われている塗料には色々な種類があり、種類ごとに耐久年数が違います。
あなたの自宅にはどのような種類の塗料が使用されていますか?
もし塗料の耐久年数を過ぎているのであれば、屋根に不具合が起きていなくても塗り替えを検討することが必要ですよ。

  • ウレタン系塗料:約6年
  • シリコン系塗料:約13年
  • 無機質系塗料:約15年
  • フッ素系塗料:約18年
  • 断熱系塗料:約18年

これが屋根塗装によく使われる塗料とその大まかな耐久年数です。最適な屋根の塗装時期を見極めるために、自宅の屋根に使用されている塗料の種類についてよく知っておきましょう。

見極めポイント2:塗料の劣化が始まっているなら塗り替えが必要

塗料の劣化具合に注意することも屋根の塗装時期を見極める助けになりますよ。例えば

  • 屋根が白く変色している
  • 屋根のサビが目立つ

このような症状が見られる場合は屋根の塗装時期が来ている証拠です。そのままにしておくと塗膜のハガレや屋根材の劣化につながることでしょう。
塗料の耐久年数が来ていなくても塗膜の劣化が始まることがあります。ですからこまめに屋根を点検して塗装の劣化が始まっていないか確認することが大切ですよ。

こんな点に注意しましょう!

屋根の塗料が劣化した・耐久年数を過ぎてしまったという場合は塗り替えが必要になりますよね。
しかしながら、屋根の塗装は特殊な技術を必要とする作業です。自分ひとりで屋根の塗り替えを行うのは不可能なのでやめましょう。安易に屋根に上がると屋根材を壊してしまうかもしれません。
更に、依頼する塗装業者にも注意する必要があります。屋根の塗装には屋根の洗浄・下塗り・本塗りという幾つかのプロセスが必要ですが、それを行わない悪質な業者もあるからです。
飛び込み営業の業者・やたらと値引きを強調する業者には十分注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では屋根の塗装時期を見極める2つの方法と注意点をご紹介しました。

  • 見極めポイント1:塗料の耐久年数を過ぎているなら塗り替えが必要
  • 見極めポイント2:塗料の劣化が始まっているなら塗り替えが必要

これらのポイントを意識するなら屋根の塗装時期を正しく見極めることができるでしょう。

屋根塗装には注意も必要です。

  • 屋根の塗装は耐久時期が来る前に劣化することもある
  • 自分で塗装しようとしない
  • 信頼できる業者に依頼する

屋根の塗装に関してこれらの点に注意するなら、満足できる屋根塗装を行うことができるでしょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!