ビル清掃の内容とは? 日常・定期清掃や業者へ依頼するポイントなど

オフィスなど不特定多数の人が出入りする場所は、すぐに汚れがちです。きちんと清掃をしていなければ、悪臭が発生したり、床が滑りやすくなったりするなど悪影響をおよぼします。また、窓・外壁などの高所部分も定期的な清掃が必要です。しかし、どのように清掃すればよいのか分かりませんよね。そこで、本記事では、ビル清掃の基礎知識から方法・業者選びのポイントまで説明します。

  1. ビル清掃とは
  2. ビル清掃の方法は?
  3. ビル清掃業者の選び方
  4. ビル清掃に関してよくある質問

この記事を読むことで、ビルをキレイにするために必要な清掃方法が分かります。業者への依頼を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.ビル清掃とは

業者へ依頼する前に、ビル清掃の基礎知識をきちんと身につけておきましょう。

1-1.どんなものか

名前のとおり、オフィスビルなどの施設をキレイに掃除するのが「ビル清掃」です。何気なく使っているオフィスがキレイなのは、きちんとビル清掃が行われている証拠でしょう。ビル清掃を行っているのは、オフィスビルの使用者ではなく、管理者・オーナーが委託しているビル管理会社・清掃会社などの業者です。利用頻度が高い入り口・トイレなどの日常清掃から、窓・外壁など定期的に行う高所清掃まで幅広い掃除を行います。

1-2.対象施設

ビル清掃の対象施設は、オフィスビル・商業施設がほとんどです。業者の中には、超高層マンション・大規模マンション・団地型マンション・ファミリーマンションなどを対象にしているところもあります。大まかな対象施設は、不特定多数の人が出入りしている場所です。街中に行くと、たくさんのビルが立ち並んでいますが、これらを毎日掃除するには人手が必要となります。そのため、求人案内には、ビル清掃の仕事が多数掲載されているのです。

1-3.必要性

不特定多数の人が出入りする場所は汚れやすい傾向があります。特に、入り口付近・エントランスや、トイレなどの水まわりは常に清潔な状態にしておかなければなりません。毎日掃除しなければ、外からのホコリ・塵(ちり)で床が汚れたり、雨風で滑りやすくなったり危険を伴います。また、水まわりは悪臭が漂い始めるでしょう。
利用者全員が快適で気持ちよく施設を使ってもらうためには、ビル清掃が必要不可欠です。ビルメンテナンスの点においても大切な作業であり、毎日キレイにすることで長く使い続けることができます。

1-4.法律について

ビル清掃に関係する法律といえば、「建築物環境衛生管理基準(ビル管理法)」です。建築物環境衛生管理基準とは、環境衛生上、良好な状態を維持するのに必要な措置を示しています。大まかな措置は以下のとおりです。

  • 空気環境の調整:空気調和設備の環境基準・空気環境の測定方法など
  • 給水の管理:飲料水の管理・水質検査など
  • 排水の管理:排水設備の清掃など
  • 清掃:日常で行う清掃・定期的な大掃除など
  • ねずみなどの防除:ねずみなどの発生場所・被害状況の調査など

2.ビル清掃の方法は?

ビル清掃の方法は、清掃箇所によって異なります。場所別の方法、頻度・回数、清掃員、資格について把握しておきましょう。

2-1.清掃箇所・方法について

主な清掃箇所は、エアコン・カーペット・排水管、高所清掃、日常清掃があります。

2-1-1.エアコン・カーペット・排水管

ビルに設置されている業務用エアコンは、空調管理に必要不可欠な機器です。エアコンにホコリがたまっていると、キレイな空気を取り入れることができません。エアコン清掃の場合は、フィルター清掃を行います。フィルターがキレイな状態になると、エアコンの機能もアップするので電気代の節約につながるでしょう。
また、オフィスに最も多いのがカーペットです。カーペットはホコリがたまりやすく、ダニ・ノミの発生場所となります。最初に、ホコリ・食べカスなどを掃除機で吸いこみ、汚れている箇所を洗浄という方法で清掃を行うでしょう。ポリッシャー洗浄など専用の機械を使うこともあります。
そして、排水管は、雑排水槽・汚水槽ともにビル管理法で年2回の清掃が推奨されている箇所です。排水管が汚くなれば、悪臭・害虫発生など衛生環境が悪くなります。排水溝の詰まりを専用機器で直したり、高圧洗浄をしたりとさまざまな方法でキレイにしなければなりません。

2-1-2.高所清掃

窓・壁などの高所清掃は、定期的に行わなければなりません。常に、雨風・塵・直射日光にさらされている場所なので、少しずつ汚れが出始めます。また、建物の経年劣化によってヒビ割れが起きることもあるでしょう。ヒビ割れを放置すると、雨漏りの原因になるので注意しなければなりません。早期修復のためには、定期的な清掃が必要です。主な方法としては、ゴンドラ・専用洗剤・高圧洗浄機などを使用して汚れを洗い流していきます。

2-1-3.日常清掃

ビル清掃の日常清掃は、以下の内容があります。

  • 共用部分の床とカーペットフロアの清掃
  • エントランスガラスの拭(ふ)き掃除
  • トイレ洗面台・鏡の拭き掃除
  • 喫煙所の吸い殻回収と机上の拭き掃除
  • 建物外周の拾い掃き
  • ゴミ置き場の整理およびゴミ出し

主に、共用部分の清掃を行うことになります。特に、エントランス・建物外周・トイレ掃除は、多くの人が行き交う場所となるため、毎日の掃除が必要でしょう。

2-1-4.そのほか

ほかには、メーターの除塵(じょじん)掃除・共用灯の交換と拭きあげ・植栽の剪定(せんてい)などがあります。業者によって清掃内容・範囲が異なるので、きちんと確認してから依頼してください。

2-2.頻度・回数について

日常清掃は共用部・エレベーターホール・トイレ掃除・ゴミ捨てなど毎日~1週間に2回の頻度で行います。どのプランを選択するかは、依頼側が自由に決められるケースがほとんどです。ただし、業者によっては、あらかじめプランが決まっているところもあるので注意してください。
定期清掃は、清掃頻度が高くないエアコン・排水管などの清掃を行うため、日常清掃よりも頻度は少なめです。毎月1回~年に1回など内容で変わります。たとえば、窓・外壁は半年~年に1回の作業となるでしょう。

2-3.清掃員について

基本的に、清掃員は対象施設の大きさで変わります。たとえば、小規模マンション・オフィスビルの場合は、清掃員1~2名で行うことがほとんどです。大規模になると範囲が広くなるため、2名以上の清掃員が稼働することになります。清掃員の人数によっても費用が異なるので注意しなければなりません。

2-4.資格について

ビル清掃に資格は必要ありません。実際に、資格なしの方が現役でビル清掃を行っています。ただし、ビルメンテナンス会社に業務委託する場合は、有資格者がいるところを選んだほうがよいでしょう。なぜなら、ビルメンテナンス業務を請け負うには、ビルクリーニング技能士・清掃作業監督者・建築物環境衛生管理技術者・統括管理者などの資格が必要だからです。

3.ビル清掃業者の選び方

きちんとビル管理を行うためには、信用できるビル清掃業者を選ばなければなりません。ここでは、選び方のポイント・料金相場・相談窓口などについて説明します。

3-1.選び方のポイント

どのビル清掃業者に依頼すべきか悩むときは、以下のポイントに注目して選ぶとよいでしょう。

  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 日常清掃・定期清掃の内容をきちんと公開しているか
  • 清掃サービスが充実しているか
  • 見積書が細部まで記載されているか
  • ビル清掃の実績があるか
  • 有資格者が在籍しているか
  • 利用者への挨拶・マナーを徹底しているか

不正を働く業者は、スタッフの対応が悪く、迅速に動いてくれない特徴があります。また、料金体系が不明確で見積もり内容も乱雑な可能性があるため、細部まできちんと確認してくださいね。

3-2.料金相場

ビル清掃の料金相場は、清掃内容・頻度・清掃員の人数などで異なります。たとえば、日常清掃の場合、平日プランで月額22万円程度、1週間2回のプランで月額6万円~です。清掃箇所別の料金を掲載しているところも多く、床ワックス清掃で約2万円、エアコン洗浄で約1万5,000円、排気ファン清掃で約5万円と異なります。業者へ依頼する際は、内容に見合った料金設定かどうか、きちんと確認しておきましょう。

3-3.主な流れ

申し込みからサービス開始までの大まかな流れを以下にピックアップしてみました。

  1. 電話またはホームページのフォームから申し込みをする
  2. 希望物件の現地調査を行う
  3. 作業内容と見積もりに納得すれば契約する
  4. 希望日時にサービスを行う

料金の支払いは、月末締め翌日末までの口座振り込みがほとんどです。業者によって、流れや支払い方法が異なるため、見積書の内容を確認するときに尋ねてください。

3-4.相談窓口

ビルメンテナンス会社・管理会社の多くは、電話またはホームページのフォームから問い合わせ可能です。無料で相談を受けつけているところもあるため、不安な点や疑問に思っていることがあれば聞いて確認してください。契約前に確認したほうが、安心して任せることができます。

3-5.注意点

「依頼したのにきちんと掃除できていない」「見積もり内容とは違う金額を請求された」など、清掃業者との間でトラブルが起きています。トラブルを未然に防ぐためには、慎重に業者を選ばなければなりません。複数の業者を比較すれば、サービス内容に見合った金額でサービスが利用できるでしょう。

4.ビル清掃に関してよくある質問

ビル清掃に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.ビル清掃を依頼するメリットとは?
A.大規模なビルは、清掃だけで手間と時間がかかります。時間が足りないなどの理由で清掃が疎か(おろそか)になれば、キレイで清潔な環境を保ち続けることができません。ビル清掃を業者へ依頼すれば、面倒な日常清掃から定期清掃までお願いすることができます。清掃頻度・場所・内容を希望の組み合わせで依頼することも可能なので、予算を考えながら依頼できるでしょう。

Q.巡回清掃は何をするのか?
A.清掃スタッフがビル内を巡回して、汚れている場所を清掃することです。巡回清掃の範囲は業者によって異なるため、事前の打ち合わせで確認しておかなければなりません。

Q.窓ガラスの清掃方法が知りたい
A.窓ガラスの清掃方法は、建物の形状によって異なります。たとえば、5階建てなど低層ビルの場合は、ロープによる作業が可能です。しかし、数十階建てなどの高層ビルの場合はローリングタワーによる高所作業となるでしょう。安全面を考慮するのも大切なので、高所清掃の実績がある業者に依頼してください。

Q.トラブルが起きてもすぐに対応してくれるのか?
A.業者の中には、万が一の問題に対して迅速かつ誠心誠意の対応をしてくれるところがあります。できれば、損害保険に加入している業者を選んだほうがよいでしょう。作業時にトラブルが起きても、保険に加入しているので安心できます。

Q.ビル清掃の費用を抑えるポイントとは?
A.複数の業者に見積もりを依頼して比較すれば、費用を最小限に抑えることができます。また、業者によっては、希望の清掃内容を選択して依頼することも可能なので、必要な箇所だけ清掃サービスを依頼して費用を抑えることもできるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ビル清掃は、清潔な衛生環境を維持し続けるために必要な作業です。利用者が快適に過ごせる環境をつくれば、オフィスビルの価値も向上します。現在は、多くのビル管理者・オーナーがメンテナンス会社や管理会社に業務を委託している状態です。ビル清掃を業者に依頼する場合は、どこからどこまで清掃を依頼するのか、毎月何回清掃を行うのかなど、清掃内容・範囲・頻度を明確にしておかなければなりません。ビル清掃をきちんと行うためにも、知識を身につけて信用できる業者に依頼してください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!