システムキッチンのリフォームポイントとは? 交換の目安など解説!

「システムキッチンをリフォームしたいけれど、方法が分からない」と、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。リフォームにかかる費用は、決して安くはないので後悔したくありませんよね。理想的なシステムキッチンにリフォームするためには、現在のキッチンで使いづらいポイントを押さえることが大切です。そこで、本記事では、システムキッチンのリフォームを成功させるために必要な知識を解説します。

  1. システムキッチンの魅力とは?
  2. システムキッチンのリフォームで何が変わる?
  3. システムキッチンのリフォーム方法
  4. システムキッチンのリフォーム工事の流れ
  5. システムキッチンに関してよくある質問

この記事を読むことで、システムキッチンのリフォーム方法とポイントが分かります。検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.システムキッチンの魅力とは?

まずは、システムキッチンの特徴を説明しましょう。

1-1.システムキッチンとは

収納戸棚・ガス台・調理台・流し台などが一体となるように組み合わせたキッチンを「システムキッチン」といいます。単身者用からファミリー向けまでさまざまな種類があり、人気の設備です。「セクショナル(セパレート)キッチン」と呼ばれるタイプは調理台・流し台・コンロが別々になっていますが、システムキッチンは1枚の天板でつながっているのが特徴といえるでしょう。

1-2.システムキッチンの魅力

システムキッチンの大きな魅力は、使いやすさです。設置場所で各部材を組み合わせて構成するため、間口いっぱいに設置できます。よって、天板にすき間ができず水がにじみ込む心配がない・収納スペースが最大限に活用できるなどのメリットが生まれるのです。また、見た目もオシャレで、掃除がしやすい・衛生と美観が保ちやすいという点も魅力となります。

1-3.種類について

システムキッチンの主な種類は、I型・L型・アイランド型の3つがあります。それぞれの特徴を以下にピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

  • I型:まっすぐな形をしているベーシックタイプ
  • L型:L型のコーナーができているタイプ
  • アイランド型:壁にくっついていない、部屋が見えるようにオープンになっているタイプ

1-4.最近の傾向など

最近は、見た目がオシャレなタイプが続々登場しています。たとえば、キャビネット、引き出しの底板までステンレス製・鏡面仕上げ・上質な質感などさまざまです。各メーカーから数多くのシリーズが登場していますが、中でも人気があるのは「LIXIL(リクシル)」でしょう。LIXILは、収納アイデアが豊富で、お手入れのしやすさとデザイン性のバランスが好評です。シリーズをいくつか比較してみると、理想のシステムキッチンが見つかるでしょう。

2.システムキッチンのリフォームで何が変わる?

リフォームをすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。システムキッチンのリフォームについて説明します。

2-1.どんな場合にリフォームするか

ガスコンロ・レンジコート・水栓など周辺機器が故障した際に、システムキッチンを丸ごとリフォームするというケースが多いでしょう。また、古いシンクタイプのキッチンをリフォームしたい・使い勝手をよくしたい・便利で充実した設備機器を導入したいというときこそ、リフォームのタイミングといえます。

2-2.リフォームをしたほうがいい場合

現在のキッチンの周辺機器に不具合が生じている場合は、リフォームをしたほうがよいでしょう。ご飯をつくるために必要不可欠な設備なので、不具合を感じればストレスがかかります。毎日料理をする場所でもあるため、リフォームをして使いやすい設備に換えてください。使いやすくなると、料理も楽しくなります。

2-3.リフォームのメリットとは

リフォームをすることで、既存のキッチンに感じている不満や不具合が解消できます。たとえば、掃除がしやすく使い勝手のよいキッチンになると、料理が楽しく感じられるでしょう。また、収納スペースが増えると、整理整頓がしやすくなります。L型キッチンにすれば、動線スペースが確保できるので子どもと一緒に料理ができるでしょう。リフォームで、現在不満に感じている要素をなくすことができます。

2-4.どんなリフォームができるか

リフォームプランは多種多様ですが、たとえば、I型・L型などのキッチンタイプからレイアウトを変えることができます。リビング全体を見渡せるキッチンにしたり、収納キャビネットを設置したり、オシャレで明るいデザインにしたりとさまざまです。リフォーム業者と打ち合わせの際は、どんなキッチンにしたいのか具体的に想像するとよいでしょう。

3.システムキッチンのリフォーム方法

想像どおりのシステムキッチンにするためのリフォームポイントを解説します。

3-1.リフォームのタイミング

「システムキッチンをリフォームしたい!」と思ったときがベストタイミングです。また、キッチンの部分別交換の目安を基準にリフォームを検討するのもよいでしょう。たとえば、ガスコンロ・IFクッキングヒーターは約10~15年、レンジフードは約10年が交換の目安といわれています。目安の耐用年数に合わせてリフォームを行うと、急な故障を防ぐことができるはずです。

3-2.どんな工法があるか

従来型のキッチンまたは古いシステムキッチンから新しいシステムキッチンへリフォームする方法があります。システムキッチンは、あらかじめ工場で生産した部材を現地で組み立てることが可能です。I型からアイランド型へのタイプが大幅に変更になるケースは大がかりになるでしょう。また、従来型のキッチンからシステムキッチンにリフォームする際は、水まわり・ガスの配管変更が必要です。

3-3.選び方のポイント

どのタイプにすべきか悩むときは、間取り・動線の2点に重点を置いて考えるとよいでしょう。たとえば、アイランド型にする場合はある程度のスペースが必要です。キッチンに使えるスペースが狭いのにアイランド型にすれば、動線の確保ができません。実際に設置してみたら、動きにくい・狭くて使いづらいなどのデメリットが出てしまいます。使い勝手のよいキッチンにするためにも、間取りと動線を確認してから業者との打ち合わせを重ねましょう。

3-4.費用のかさむリフォームとは

システムキッチンのリフォーム費用は、形状・大きさ・使う素材などによって大きく異なります。必ずしも高額になるわけではありませんが、収納スペースをつくるなどのオプションを追加したり、大がかりな工事になったりすれば費用がかさむでしょう。高いものでは100万円以上になるシステムキッチンもあるため、スペースや予算に合わせて比較・検討してください。

3-5.リフォーム前に知っておきたい、決めておきたいこと

家族と話し合い、現在のキッチンに感じている不満をピックアップしましょう。そして、どうすれば不満が解消できるのか考えていけば、どんなキッチンにしたいのか明確にできます。せっかくリフォームをするなら、できるだけ不満な点を解消したいものです。また、予算もある程度決めることで、無理なくリフォームをすることができます。

3-6.プランについて

システムキッチンのリフォームプランは、家庭によって異なります。なぜなら、どんなキッチンにしたいのか、何の素材を使うのかなどでプランと価格が変動するからです。個人ではどんなプランにするべきか決められないので、業者と話し合いながら決めるとよいでしょう。実績のある業者なら、要望を聞き入れながら適切なプランを提案してくれます。

3-7.注意点

従来のキッチンからシステムキッチンへリフォームするなど大がかりな工事は、工期が長引きます。そのため、工事の間はキッチンが使えなくなるので注意が必要です。工事中の食事の用意はどうするのか、事前に考えておかなければなりません。また、業者との打ち合わせでは、できるだけ具体的に要望を伝えることが大切です。

4.システムキッチンのリフォーム工事の流れ

システムキッチンのリフォームをスムーズにすすめるためのポイントを押さえておきましょう。

4-1.工事の流れ、日数

主な工事の流れは以下のとおりです。

  1. ホームページまたは電話で業者へ問い合わせ、リフォーム内容について話し合う
  2. 業者による現場確認の後、最終見積もりとリフォームプランの提案を確認する
  3. 見積書とリフォームプランに納得したら、本契約を交わし工事日を決める
  4. 希望日時に業者がやってきて、システムキッチンのリフォーム工事を行う
  5. 工事終了後に、業者と最終確認を行って完了

システムキッチンのリフォーム工事は、既存キッチンの解体・撤去に1日かかります。そして、下地補修・給排水工事で2日、機器の取りつけ・調整で2日なので、併せて5日ほどかかるでしょう。ただし、大がかりなリフォーム工事ほど工期が延びるため、1週間かかる可能性もあります。

4-2.業者選びのポイント

どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • キッチンリフォームの実績がある
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料見積もりが利用できる
  • さまざまなプランを提案してくれる
  • 口コミ・評判がよい
  • 工事の質が高く、リーズナブルな金額でリフォームができる
  • 保証・アフターフォローが充実している

4-3.相談・費用について

システムキッチンの本体価格と工事費を併せて、約150万~450万円が目安となります。中には、500万円以上かかるケースもあれば、150万円以下で済ませられる部分リフォームも可能です。具体的な費用やプランに関しては、安心して依頼できる業者に相談してください。優良業者は依頼者の要望を親身になって聞き、よりよいプランを提案します。

4-4.注意点

理想的なシステムキッチンにするためには、業者との相性とコミュニケーションが大切です。打ち合わせを数回行うため、気持ちよく意見交換ができる相手でなければなりません。相性が悪く、スムーズなやり取りができなければ、行き違い・思い違いが仕上がりに影響します。想像とは異なる仕上がりになるとお金がもったいないですよね。後悔しないためにも、担当者との相性を大切にしてください。

5.システムキッチンに関してよくある質問

システムキッチンに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.システムキッチンのリフォームで注意すべきこととは?
A.「あれもこれも取りつけたい!」と欲張りすぎると費用が高くなるので注意してください。予算内で収めるはずが、いつの間にかオーバーしてしまいます。きちんと必要な設備を見極めることが大切です。予算オーバーしないためにも、要望に優先順位をつけるとよいでしょう。

Q.システムキッチンの耐用年数とは?
A.一般的に、キッチン本体の耐用年数は約10~20年といわれています。ただし、使用頻度・お手入れの具合などで異なるため、必ずしも10~20年で故障するわけではありません。

Q.理想のシステムキッチンにするためのポイントが知りたい
A.実際に、気になるシステムキッチンがある場合はショールームや展示会へ足を運んでみてください。有名メーカーの店舗では、実物を展示しているところがほとんどです。カタログで見るよりも実物を見たほうが、大きさ・機能が確認でき、よりイメージがわきやすくなります。

Q.リフォーム費用を抑えるコツとは?
A.要望の優先順位を決めておくのはもちろんですが、最新シリーズにこだわりがない方はモデルチェンジ時期にリフォームを行うとよいでしょう。システムキッチンの新製品は7~9月に出てくるため、その前にリフォームの検討をおすすめします。

Q.既存のキッチンは処分してくれるのか?
A.新しいシステムキッチンへの交換と同時に、古いキッチンを処分してくれる業者がほとんどです。ただし、中には高額な処分費用を請求したり、処分してくれなかったりする悪徳業者もいます。後々トラブルにならないためにも、事前に確認したほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ガスコンロ・レンジフードなど周辺機器が一体化しているシステムキッチンは、I型・L型・アイランド型などさまざまな種類があり、要望によって使用素材・周辺設備などを組み合わせることができます。組み合わせによってリフォーム費用も異なるため、きちんと予算を決めておかなければなりません。ある程度の要望を固めつつ、業者との打ち合わせを重ねましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!