空き巣の対策方法は? 家に侵入されないポイントや注意点を教えます!

「近所で空き巣の被害が増えていて不安だが、どんな対策をすればよいだろう」「家に空き巣が侵入しないためのポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 空き巣の被害は年々増加しており、いつ自分の家が被害に遭うか分からないものです。まずは、どんな家が空き巣の被害に遭いやすいのか、どんな手口が多いのかを知り、きちんと対策する必要があります。

そこで今回は、空き巣の対策について詳しく解説しましょう。

  1. 空き巣でよくある手口は?
  2. 空き巣の被害に遭いやすいのはどんな家?
  3. 今すぐできる空き巣対策は?
  4. リフォームによる防犯対策
  5. 空き巣の対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、空き巣の対策方法や注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.空き巣でよくある手口は?

最初に、空き巣でよくある手口について見ていきましょう。

1-1.玄関や窓の鍵をピッキングして侵入する

空き巣の手口で多いのが、玄関や窓の鍵をピッキングして侵入するパターンです。空き巣は一般的な鍵の構造を理解しており、簡単な道具で鍵を開けてしまいます。一昔前の玄関ドアや窓などは、大手メーカー製のものでも開けるのに数分もかからないといわれるほどです。たまたま買い物に出ていたなどで、数十分程度留守にしているときに被害に遭ったケースも多く見られます。

1-2.ベランダの窓を割って侵入する

空き巣は、ベランダの窓を割って侵入するのもよくあるケースです。2階以上にある部屋だから安心だと思っていても、高い塀や足場付きの電柱などから飛び移ってくることもあるので注意してください。いったんベランダに侵入できれば地上からは見えづらくなり、余裕を持って物色されるため、大きな被害につながりやすくなります。

1-3.勝手口から侵入する

勝手口がある場合、空き巣に侵入されやすいので注意が必要です。勝手口は、家の裏側にあることから死角になりやすく、また、鍵の作りが玄関とは違い簡単なケースが多くなります。また、玄関や窓の施錠は気を付けていても、勝手口は使用頻度が低いために忘れてしまうケースもあるでしょう。そのため、家に人がいないと分かると、勝手口に回って侵入を試みるのです。

2.空き巣の被害に遭いやすいのはどんな家?

空き巣の被害に遭いやすい家について具体的に解説します。

2-1.平屋の一戸建て

空き巣の被害状況を見ると、圧倒的に平屋の一戸建てが狙われています。平屋の一戸建ては、家の構造が単純であり、空き巣が簡単に侵入・逃走しやすいからです。また、古くからの家の多くが簡単な作りの鍵であり、住人の多くが高齢者でセキュリティー管理が甘くなりがちなことも原因といえます。

2-2.玄関や窓を施錠していない

玄関や窓を施錠していない家は、空き巣から格好のターゲットになります。特に高齢者が多い地域では、玄関や窓に鍵をかけずに開けたままにしている家も多いでしょう。ちょっと外出するだけだから、今まで特に問題なかったからという理由で、鍵を開けたまま留守にして被害に遭うケースが増えています。

2-3.死角が多い

死角が多い家は、空き巣に入られやすくなります。犯行におよんでも、ほかの人から見えづらく発覚しづらいからです。たとえば、以下のような特徴がある家は注意してください。

  • 庭木が家を隠すように生い茂っている
  • 家が細い小道の奥にある
  • ほかの家に四方を囲まれている
  • 大きなビルの裏にある
  • 昼間でも人どおりが少ない

2-4.ポストに新聞や郵便物が入ったまま

ポストに新聞や郵便物が入ったままの家は、不在がちだと判断されて空き巣に狙われやすくなります。一般的には、1日に1~2回程度ポストをチェックする家が多いはずです。つまり、数日分の新聞や郵便物が入ったままになっているのでは、わざわざ不在であることをアピールしているのと同様の意味になります。空き巣に目を付けられても、仕方がないといえるでしょう。

2-5.ベランダや窓の近くに足場がある

ベランダや窓の近くに足場があると、空き巣に侵入されやすくなります。たとえば、足場付きの電信柱や家の塀・高い木などです。空き巣は身軽なので、2階以上の部屋でも器用に近くの足場を使って侵入します。また、庭に脚立が置いてあると進入時に使われるので注意してください。

3.今すぐできる空き巣対策は?

空き巣対策で今すぐできる方法を詳しく見ていきましょう。

3-1.きちんと施錠する

玄関や窓をきちんと施錠することが、空き巣対策の基本です。空き巣は、玄関や窓の鍵をかけずにいる家を集中して狙います。施錠をきちんとしていれば、万が一空き巣に狙われても、時間稼ぎをすることができ、侵入されるのをある程度防ぐことも可能です。たとえ数分だけの外出であっても、必ず施錠するようにしてください。

3-2.補助錠を取り付ける

窓や玄関に補助錠を取り付けるのもよい方法です。既存の鍵だけでは、すぐに開けられてしまうことがあります。しかし、補助鍵を取り付ければ、簡単に開けることができなくなるため、侵入をあきらめてくれることも多くなるでしょう。なお、補助鍵は、なるべく窓や玄関の上方に設置することが大切です。家の外からでも目立つように上方に取り付けることで、空き巣が身を隠しにくくするのがポイントになります。

3-3.敷地内に玉砂利を敷く

敷地内に玉砂利を敷くことも、空き巣対策になります。玉砂利は、どんなに気を付けて歩いても踏んだだけで音が出るからです。また、玉砂利は走りにくいので逃げるのが遅れやすいことからも、空き巣が嫌います。空き巣に入ろうとしたところ、庭に玉砂利が敷いてあるのを見て侵入をあきらめることもあるほどです。玉砂利は、偏りなく多めに敷くようにしてください。時々チェックして、目減りしていたら補充しておきましょう。

3-4.センサーライトを設置する

玄関やベランダなどに、センサーライトを設置すると一定の効果を期待できます。まずは、センサーライトを設置する時点で、防犯意識の高さをアピールできるからです。特に、夜間留守がちな家はセンサーライトを設置することをおすすめします。ただし、センサーライトだけでは不十分なので、防犯カメラとの併用やそのほかの対策もきちんと行ってください。

3-5.防犯カメラを設置する

防犯カメラを設置するのも、空き巣対策に有効です。玄関や主要な出入り口に設置しておけば、空き巣の被害に遭うリスクをグンと減らすことができるでしょう。防犯カメラを設置するときは、価格と機能のバランスがよいものを選ぶことをおすすめします。なお、常習犯になると、最初に防犯カメラを破壊してから侵入するケースもあるので、補助鍵を設置するなどの対策も並行して行うことが大切です。

3-6.外出時に照明を付けたままにする

外出時に照明を付けたままにするのも効果的です。照明が付いている家は、住人が在宅中なのか不在か分かりにくく、空き巣が侵入しづらくなります。電気代がもったいないという人もいますが、空き巣の被害に遭った場合のことを考えれば微々たるものでしょう。もちろん、すべての部屋の照明を付けたままにしなくても構いません。しかし、少なくともリビング+αは付けておくことをおすすめします。

4.リフォームによる防犯対策

家のリフォームにより防犯対策することもできます。おすすめの方法などを詳しく解説しましょう。

4-1.防犯対策用の玄関に交換する

空き巣の被害を防ぐには、防犯対策に優れた玄関に交換することをおすすめします。古い家の玄関は、鍵が簡単な作りになっているものが多く、すぐに開けられてしまうものです。また、以前からあるガラス張りの引き戸は、内側からしっかり鍵をかけてもガラスを割られてしまえば、侵入を簡単に許してしまい意味がありません。その点、最新の玄関は防犯対策がきちんと考えられているので安心です。

4-2.窓に面格子を設置する

窓に面格子を設置するのも、空き巣対策におすすめのリフォーム方法です。特に、浴室や台所の窓をリフォームするとよいでしょう。空き巣は、頭の大きさ+肩幅が通過するすき間があれば侵入できるとされます。浴室や台所の窓から侵入されるのを防ぐためにも、面格子を設置しましょう。

4-3.塀を低くして家の死角を減らす

高い塀を低くしたり、生け垣にしたりすることで、家の死角を減らすのも効果的です。家の見とおしがよくなり、空き巣が入りにくくなります。また、家の日当たりがよくなる効果も期待できて一石二鳥です。生け垣にすれば、防犯対策になるだけでなく、季節の移り変わりを楽しむこともできます。

5.空き巣の対策に関するよくある質問

最後に、空き巣の対策に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.商店街の近くにある家なら空き巣に入られる心配はない?
A.空き巣に入られる可能性はあります。にぎやかな商店街でも、路地裏が死角になって被害に遭った例もあるので、油断してはいけません。

Q.ポストや表札の下に見覚えのない記号が書いてあるのですが?
A.空き巣が下見にやってきた可能性があります。鍵の種類や侵入しやすさなどを知らせるために、仲間にだけ分かる記号を残しておくことがあるからです。記号を消し去り、早急に空き巣対策を進めてください。

Q.空き巣の被害が多い時間帯は?
A.平日の午前10時~午後2時に多く見られます。多くの人が仕事や学校に出かけていて留守になりやすいからです。ただし、時間帯に関係なく、空き巣に留守がちなことを見破られると侵入されやすくなるので注意しましょう。

Q.在宅中に空き巣が侵入してきたらどうする?
A.まずは、身の安全を確保するために屋外に逃げてください。空き巣に顔を見られると、暴力を振るわれる可能性があります。屋外に逃げた後、警察に通報しましょう。

Q.民間のセキュリティーサービスに加入するメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 契約ステッカーを貼ることで空き巣に対する抑止効果がある
  • 24時間監視してもらえる
  • 警備のプロに依頼するので安心感がある

デメリット

  • 初期費用や月額利用料がかかる
  • 空き巣に入られても警備員の到着が間に合わないことがある
  • 警備員が犯行現場に遭遇しても犯人を逮捕することはできない

まとめ

今回は、空き巣の対策について詳しく解説しました。空き巣の被害に遭わないためには、しっかり施錠する、補助錠やセンサーライト・監視カメラを設置するなどの方法があります。庭に玉砂利を敷くのも、空き巣が嫌うのでおすすめです。また、リフォームにより防犯効果の高い玄関や窓に交換する、窓に面格子を設置する、高い塀を低くしたり生け垣にしたりすることなどもできます。あらゆる対策を立てて、空き巣に侵入されにくい家にしましょう。