屋根から雨漏りする原因は? 応急処置法や修理法と共に解説!

屋根トラブルの代表的なものといえば、雨漏りです。「天井に染みができはじめ、何かと思ったら雨漏りだった」という例も珍しくありません。また、「台風の後、いきなり雨漏りがするようになった」というケースもあります。屋根の雨漏りを放っておくと、家全体の寿命が短くなる可能性もあるので、早急な対処が必要です。

今回は、屋根が雨漏りする原因や対処方法を紹介しましょう。

  1. 屋根が雨漏りする原因
  2. 屋根の雨漏りが疑われる場合の対処方法
  3. 雨漏りの修理方法
  4. 屋根の雨漏りに関するよくある質問

この記事を読めば、雨漏りの応急処置方法や修理業者の選び方も分かります。屋根の雨漏りについて知りたい人や修繕方法を探しているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.屋根が雨漏りする原因

はじめに、屋根から雨漏りが起こる主な原因を紹介します。

1-1.屋根材の経年劣化

屋根は、瓦・スレート・トタンなどさまざまな素材でできています。どのような素材であれ、おおよそ10~20年の間に劣化し、浮きやひび割れなどが出てくるでしょう。また、しっくいやコーキングなど素材同士をつなぐものが劣化し、剝がれることによって雨漏りが起こることもあります。

1-2.板金の劣化

屋根には、棟板金や雨仕舞(あまじまい)板金など、屋根材をつなぐ箇所にガルバリウム鋼板やトタンの板金が使われていることがあります。これが劣化するとクギが浮いたりひび割れたりしてそこから雨水が入り込み、雨漏りとなることがあるでしょう。特に、トタンは劣化が早く、屋根本体よりも早く修繕や交換が必要になることもあります。

1-3.屋根塗装や防水シートの劣化

屋根は、塗装や防水シートによって雨水が内部まで入り込まないようになっています。塗装や防水シートも屋根材と同じように、10~20年程度で劣化するので交換や補修が必要です。

1-4.雨どいのつまり

屋根の雨どいが落ち葉や土などでつまっていると、雨水がオーバーフローして雨漏りになることがあります。雨どいを掃除したり交換したりすることにより、雨漏りがおさまることもあるでしょう。

1-5.台風や地震の被害

台風や地震により、屋根の素材がひび割れたり瓦などが落ちたりすると、そこから雨漏りが始まることがあります。「台風や地震の後、急に雨漏りがするようになった」というときは、台風や地震で屋根が被害を受けた可能性があるので、至急、修理が必要です。

1-6.施工不良

新築後、すぐに雨漏りが始まった場合は、施工不良の可能性があります。建築会社に立ち会ってもらい、屋根を調査してもらいましょう。

2.屋根の雨漏りが疑われる場合の対処方法

この項では、屋根が雨漏りしているかもしれない場合の応急処置方法や、注意点を紹介します。

2-1.不用意に屋根に上らない

雨漏りの疑いがあるからといって、不用意に屋根へ上ってはいけません。特に、瓦屋根は踏みどころが悪いと瓦が割れてしまいます。また、転落の危険性もあるでしょう。屋根に上る場合は、十分に注意して屋根を傷つけないように気を配ってください。また、屋根に上ったら、雨どいの中を確認しましょう。落ち葉や土がつまっている場合、取り除くと雨漏りが解消するかもしれません。

2-2.応急処置はビニールシートで行う

地震や台風によって屋根が被害に遭った場合は、ビニールシートをかけて応急処置をしましょう。ビニールシートはホームセンターで販売されているほか、自治体で配布している場合もあります。ビニールシートをかけるときは転落に注意し、複数人で協力して行いましょう。

2-3.DIYで雨漏りは直すのは難しい

ドラマや映画の中では、雨漏りを自分で直すシーンがよく描かれていますが、現在ではDIYで完全に屋根の雨漏りを修繕するのは難しいでしょう。ホームセンターでは屋根の補修材などを販売していますが、あくまでも応急処置用だと考えてください。

2-4.雨漏りが起こったら時間と場所、量をチェックする

雨漏りが起こったら、「どこで、どのくらいの量が、何分」雨漏りしたか、チェックしましょう。天井裏に水がたまっている場合、雨が降っていなくても雨漏りする場合があります。雨漏りの量や場所が分かっていれば、雨漏り箇所を特定しやすくなるでしょう。なお、雨漏りの水はバケツなどで受けてください。

3.雨漏りの修理方法

この項では、雨漏りの修理方法や費用、業者の選び方などを紹介します。

3-1.まずは雨漏りの場所と原因を特定する

雨漏りが発生したら、まずは雨漏りの診断や修理を請け負っている業者に依頼し、雨漏りの場所と原因を調査してもらいましょう。調査方法には以下のようなものがあります。

  • 目視検査:目で屋根の破損箇所や雨漏り箇所を調査する。3万円~が相場
  • 散水検査:屋根に水をまき、雨漏りの箇所や原因を調査する。数万~10万円台が相場
  • 赤外線調査:高感度赤外線カメラを用いて、屋根裏などに雨水がたまっていないか、断熱材が雨水を吸い込んでいないかを調査する方法。10万円台が相場

目視検査や散水検査をしてもらえば、ほとんどの場合、雨漏りの原因や場所が特定できるでしょう。

3-2.雨漏りの修繕方法:塗装の塗り替え

屋根の塗装が劣化している場合、塗装の塗り替えが必要です。外壁塗装と一緒に行うというケースもあります。屋根塗装の費用は、使う塗料の種類や屋根の広さによって異なるので、まずは見積もりを作成してもらいましょう。外壁も一緒に塗装してもらう場合、工事が終わるまで2~3週間かかることもあります。

3-3.雨漏りの修繕方法:屋根のふき替え

屋根材や板金が劣化していた場合、交換が必要です。屋根全体で劣化が激しい場合は、ふき替えをすすめられることもあるでしょう。屋根をすべてふき替える場合は、数十万~100万円台の費用がかかります。部分交換は、素材や範囲によって異なるので、業者と相談して、見積もりを作ってもらいましょう。

3-4.雨漏りの修理方法:屋根全体の修復

屋根内部にまで雨水が入り込み、カビが大量発生したり天井裏が腐食していたりする場合は、屋根全体の修理が必要です。費用は、100万円~300万円くらいになるでしょう。雨漏りに気づかず、放置していると屋根全部を修繕しなければならなくなります。

3-5.火災保険が申請できるケースもある

台風や地震などで屋根が破損した場合、火災保険が適用されることがあります。火災保険のオプションで、自然災害による家屋の破損がついている場合、申請してみましょう。保険金が下りるかもしれません。

3-6.業者は実績で判断する

雨漏りを修理してくれる業者はたくさんあります。しかし、診断と修理を両方やっている業者の中には、応急処置程度のことしかできないところもあるでしょう。屋根塗装やふき替えなどは、専門の業者に依頼したほうがよいこともあります。業者の実績をみて判断してください。また、飛び込みで「屋根が傷んでおり、このままでは危険です」といったセールスをしてくる業者は、ほとんどが悪徳業者です。できれば複数の業者から見積もりを取り、比較検討してみましょう。

4.屋根の雨漏りに関するよくある質問

この項では、屋根の雨漏りに関する質問を紹介します。

Q.雨漏りを予防する方法はあるでしょうか?
A.築8年を超えたら、定期的に屋根を業者にチェックしてもらうのがおすすめです。そうすれば、雨漏りが起こる前に修繕ができます。

Q.屋根の塗装を自分で行えませんか?
A.いいえ。屋根の塗装に使われる防水塗料は何回も塗り重ねないと防水効果が発揮できません。職人の熟練した技術が必要です。

Q.瓦のふき替えはどのくらいの期間で行えますか?
A.屋根すべてをふき替える場合は、2~3週間は必要です。一部の場合は1週間以内で大丈夫でしょう。

Q.屋根以外からも雨漏りすることはありますか?
A.はい。窓のパッキンや壁から雨漏りすることがあります。

Q.雨漏りしていないのに、天井から水が垂れてきました。
A.屋根裏に動物が入り込んでふん尿をしている可能性があります。業者に確かめてもらいましょう。

まとめ

今回は、屋根から雨漏りする原因や対処方法を紹介しました。屋根から雨漏りする原因はたくさんあり、個人では応急処置以上のことは難しいでしょう。家全体の寿命を縮めないためにも、業者に依頼し、早急に調査・修理を行うことが大切です。