オール電化や間取りの変更も! リフォーム工事はこんなこともできる!

家は「建ててしまえばおしまい」というわけではありません。
古くなったり家族構成が変わったりすれば家を建て替えたり、リフォームをする必要が出てきます。
「でも、大掛かりな改変をしたかったら建て替えをするしかないんじゃないの?」
そう思っている方も多いのではないかと思います。
しかし、リフォームでもここまで家を変えることができるんです。

1.建て替えできない家もある

家が古くなったり、家族構成が変わって使いにくくなったりした時、多くの人が建て替えかリフォームかの選択に悩まれることでしょう。
家の築年数が古かったり、大規模な改変が必要だったりすると「やっぱり建て替えしかない」と思いがちですが、家によっては「うかつに建て替えられない」というものもあります。
建て替えられない家は以下の通り。

  • 建築基準法の改変前に建てた家なので、建て替えをすると以前と同じようなものは建てられない。
  • 高齢の方がいて、新しい環境になじめない
  • 田舎の農家など、元々の家が大きすぎて建て替えとなると莫大な費用が掛かる。

こんな家にお住いの方はリフォーム工事がお勧めです。

2.リフォームと修理は違う?

リフォーム工事というと、「悪くなったところだけを修理する一時的なもの」というイメージを持っている人がいますが、それは違います。
リフォーム工事とはまだ使えるところは利用しつつ、住宅の悪くなった部分を新しいものと取り換えること。
ですからやり方によっては新築同様になるのです。
トイレやお風呂、キッチンなど水回りの設備を新品のものに入れ替えたり、家をオール電化にしたり、さらに家の間取りを改変したり、畳の部屋をフローリングにしたり…。
これは全部リフォームでできることなんですよ。

3.大規模リフォームの方がお得?

「水回りが痛んできたから取りかえよう」「フローリングが痛んできたから取り替えよう」とその都度リフォームを繰り返す方もいらっしゃいますが、どうせならば悪い所を一気に取り替えてしまいましょう。
その分工事の期間は長くなり、一時的な出費もかさみますが、長い目で見ればお得なんです。
それに、家というのは全体でつながっているものなので、一か所リフォームすれば、別の個所で不具合が、といったことも起こるのです。
「リフォームをしよう」と思いたったらリフォーム業者に家全体をチェックしてもらいましょう。

4.内装も外装もひとつの会社におまかせ

「家の内部も気になるけれど、外壁の汚れも気になる…」そんなときは外壁塗装会社とリフォーム会社の両方に依頼をしなくてはいけないのでしょうか?
いえいえ、リフォーム会社の中には、内装リフォームと外壁塗装、両方を請け負ってくれる会社もあるんです。
どうせならば一度に住ませてしまったほうが時間の節約にもなりますよね。

まとめ

「そろそろリフォームをしようかな」と思ったら一度家の傷んだ箇所、直したい場所を全てあげてみましょう。
そうすればリフォーム会社を選ぶときの目安になります。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!