引越し前にしておこう! 荷物の片付け方と不用品処分業者選びの注意点

引越しというのは、人生の中で一大イベントです。きっかけは色々あると思いますが、気持ちを新たに新しい生活を始めることとなります。引越しの際、前の家から新居に何を持っていくべきなのか、どうやって梱包するのが正解なのか、不用品が出たら処分はどうしたらいいのか…引越しの経験が少ない人はわからないことだらけでしょう。

新生活を気持ちよく始めるために、引越しで失敗しないよう心がけたいですね。

今回は、引越し時の片付け方法から、片付けをいつ始めるべきなのか、捨てるものと持っていくものを決める基準、不用品回収業者の選び方などをご紹介します。

  1. 引越し時の片付け方法
  2. 準備はいつから始めるべき?
  3. 捨てるものと持っていくものをどう決める?
  4. 回収業者選びの注意点
  5. まとめ

1.引越し時の片付け方法

1-1.本当に必要なものだけを持っていこう

今の家で暮らしているうちは気付かないですが、荷造りをしようと家の中にある荷物を考えてみると、かなりの荷物を持っていることがわかります。引越しになって初めて、こんなに物があったんだ…と気付かされる人も多いです。

全てを梱包して持っていくのは大変でしょう。引越し先の収納スペースも限りがありますし、引越ししてからの買い物で、自然と物が増えます。前の家から持ってきた荷物だけでいっぱいになってしまわないよう、収納スペースには余裕を持たせておくべきです。あらかじめ引越し先の収納スペースがどれぐらいかわかるでしょうから、そのスペースにあわせて本当に必要なものだけを選びぬき、持っていきましょう。

不用品が出たら引越し先で処分するのではなく、引越し前に処分できるよう心がけてください。

1-2.スケジュールを決めて効率よく荷造り

荷造りは直前になって焦る人が多いです。スケジュールを決めておかないと、引越し当日まで慌てて荷造りをしている…なんてことになりかねません。早めに荷造りをしても、まだ使うものまでしまいこんでしまって、どこにいったっけ…とせっかく詰めた荷物をまた引っ張り出していては、荷造りも進まないでしょう。

効率よく荷造りをすること、それが引越しの時の片付けでは大切となります。まず始めにするべきことは、スケジュールを立てることです。どんな荷物をいつぐらいから片付け始めればいいのか、考えてください。即行動に移すよりかは、一度頭で順序を考えてから行動に移すほうが、効率よく荷造りができます。

1-3.最小限のダンボールにおさめよう

依頼する引越し業者が決まると、ダンボールやガムテープなどを支給してくれる業者が多いです。追加で必要になればまた持ってきます、と言ってくれるのですが、見積もりの際にチェックした荷物の量を計算し、業者側もダンボールを渡しています。あまりに数が多くなりすぎると、追加料金が発生する可能性もあるでしょう。

ダンボールでの荷造りにもコツがあります。とりあえず詰めればいい…と詰める順序も考えずに荷造りしていると、必ずダンボールが足りなくなるでしょう。ダンボール内部でムダにしているスペース、意外とあります。荷物同士に隙間があると、運んだときに中の物が破損するかもしれませんので、荷物が動くことのないよう詰めてください。

2.準備はいつから始めるべき?

2-1.片付け前の仕分けは早めに!

引越しの際、新居へ運ぶものを荷造りすることになりますが、その前に仕分けをしなくてはいけません。いるものといらないものを分け、荷造りするべき荷物をはっきりさせてください。荷造りをしなくてはいけないころになってから、仕分けをしていては遅いでしょう。実は荷造り前の仕分けに時間がかかるのです。

そのため、引越しが決まってすぐ、仕分けは開始しましょう。いらないものであれば、普段使っていないものがほとんどだと思います。早めに処分して、荷造りしやすい環境を整えてください。取り掛かるのに早すぎることはありませんので、すぐにでも取り掛かりましょう。

2-2.日ごろ使わないものは2ヶ月~1ヶ月半前に取り掛かる

持っていきたい荷物の中にも、日ごろ頻繁に使わないものもあるでしょう。オフシーズンのものは、今使っていないですね。

そういう荷物は、早めに荷造りしてしまいましょう。その方が荷物の量を把握しやすくなります。

取り掛かるのは、だいたい2ヶ月から1ヶ月半前を目安にしてください。引越しがいつ決まるかにもよりますが、余裕を持って引越しの準備ができるときは、2ヶ月前ぐらいに取り掛かると慌てずに済みます。

2-3.生活必需品は直前でも荷造りしやすいよう段取りを

引越し直前まで使わなくてはいけない生活必需品は、早めに荷造りしてしまうと後から大変です。せっかくダンボールに詰めたのに、必要だからとまた取り出していては、荷造りは進みません。

生活必需品は早めに荷造りする必要はないでしょう。ただ、直前でも荷造りしやすいように段取りを決めておくといいですね。ダンボールの個数を確認し、どうやって入れればスムーズに荷造りできるか、それを考えておきましょう。

直前だと荷造り以外にやることがたくさんあるので、ついつい適当に荷造りしてしまいがりですが、段取りを決めておけば丁寧な荷造りができます。

3.捨てるものと持っていくものをどう決める?

3-1.新居にマッチするかを考える

捨てるものと持っていくものを仕分けるのに迷う人が多いのですが、まず一番大切なのは、新居にマッチするかどうか…という点です。新しい家に引越すとなると、今まで住んでいた家とは雰囲気が変わるので、使っていた家具や家電がマッチしないことも多いでしょう。せっかく新しい家に引越しても、持ち込んだ家具や家電のせいでレイアウトがうまくいかず、運んだけど新しいものを買うことになって処分費がかかってしまった…なんてもったいないです。引越しで荷物を運んでもらうのにもお金が必要なので、結果として損になります。

持っていくべきか、捨てていくべきか、迷ったときは新居にマッチするかを考えてみてください。

3-2.これから使う機会がないものは捨てる

引越しは不要なものを片付けるいいチャンスです。今までは何となくしまいこんでいたけど、もう使う機会がないもの、たくさん眠っていませんか?それをまとめて処分してみてはどうでしょう。

今まで使わなかったものは、これからも使う機会は訪れません。また、引越しをすることによって使わなくなるものも出てくるでしょう。処分するには勇気がいりますが、いい断舎離になると思います。

3-3.引越し費用を比較してみる

持っていくものと捨てていくものの仕分けをしていると、あれもこれも…と持っていきたくなる気持ちはわかります。使っていなくても愛着があったものが出てくると、新しい家でまた使うかもしれない…という気持ちになるのです。

しかし、それは本当に必要でしょうか?

引越し費用は、荷物の量によって変わります。荷物増えれば、その分引越し費用も高くなってしまうのです。せっかく持っていっても、新居で使わず処分してしまうなら、最初から持っていかないほうがいいでしょう。

4.回収業者選びの注意点

4-1.信頼できる回収業者かをチェック

片付けで出た不用品は、回収業者に依頼するのが楽です。費用はかかりますが、自分たちで粗大ゴミとして捨てる場合でもお金はかかりますし、何よりどんなものでも引き取ってくれるのは助かります。回収業者を選ぶ際は、信頼できるかどうかをチェックしましょう。不用品回収は認可が必要です。認可がなく営業している業者は、どこで回収した不用品を捨てているか、定かではありません。処分費として費用をとっておきながら、山奥で不法投棄して利益を得ている可能性だってあるのです。

そういう業者に依頼しないために、信頼できるかをチェックしてください。最近はインターネットで業者の情報が集めやすくなっています。どんな業者で、今までどれだけの人が利用してきたのかなど、くわしく調べてみてください。

4-2.引越し業者で回収してもらえないか聞いてみよう

引越し業者でも不用品回収をしている場合があります。引越しと同時に依頼できるので、別日で時間を取って回収してもらう必要がなくなるでしょう。

ただし、引越し業者の回収はたいていが引越し当日です。家に不用品があるままで荷造りを進めなくてはいけないのは、不便かもしれません。一度、引越し業者にも不用品処分をしているか尋ねてみてはどうでしょうか。

4-3.時間があれば複数の業者を比較!

引越しまでに時間がある、という場合は、複数の回収業者を比較してみましょう。業者によって、処分費用は異なります。一社だけしか見積もりを取っていないと、その金額が妥当なのかわかりません。

業者側に、複数の業者で見積もりを依頼している…というと、ちょっとだけ頑張って費用を安くしてくれるところも多いです。

自分で金額やサービス内容を比較し、利用したいと思える回収業者を見つけましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

  • 引越し時の片付け方法
  • 準備はいつから始めるべき?
  • 捨てるものと持っていくものをどう決める?
  • 回収業者選びの注意点

引越しは一大イベントです。家にある荷物を見返すきっかけにもなりますし、不用品は処分してしまういい機会になるでしょう。引越しをスムーズに進めるためにも、事前準備が大切ですから、まだ時間があるから大丈夫…と思わず、早めに行動してください。

早めに回収業者探しをしておくと、複数の業者で見積もりが取れ、自分にとって一番利用しやすい回収業者を選べると思います。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!