クローゼットの収納アイデアを紹介! すっきりさせるためのコツは?

クローゼットの収納が上手にできれば、必要な衣類を必要なときにすぐ取り出すことができるでしょう。しかし、思うように収納できず、すぐにゴチャゴチャになるなど、クローゼットの収納で悩んでいる方は多いはずです。本記事では、クローゼットの収納のコツやカビ・虫食いを防ぐ方法なども一緒に解説していきましょう。

  1. クローゼットにすっきり収納するコツ
  2. クローゼットの収納に役立つアイテム
  3. クローゼットの収納アイデアを紹介
  4. クローゼットのカビや虫食いを防ぐ方法
  5. クローゼットの収納に関してよくある質問

この記事を読むことで、クローゼットをすっきり収納するコツとアイデアなどが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.クローゼットにすっきり収納するコツ

まずは、クローゼット収納をすっきりさせる基本を紹介します。

1-1.必要ないものを処分する

クローゼットに収納できる衣類の量は決まっているので、最初に、「必要なもの」と「必要ないもの」を分類し処分してください。大量の衣類の中には、長く着ていないものもたくさんあるでしょう。着ていない衣類をそのままにしておくのはスペースを無駄づかいしていることと同じです。1年以上着ていないものは今後も着ることがないので、処分してください。衣類の量を減らすほど、クローゼットの収納スペースが確保できます。

1-2.必要なものを季節・用途に分ける

必要ないものを処分したら、次は必要なものを季節・用途に分けていきましょう。分類することで、どこに何を収納したらいいのか大まかな構想がまとまります。そして、クローゼットにどのくらいの量が収納できるかもチェックしてください。最初に、クローゼットの中のものをすべて取り出しておくと整理しやすくなりますよ。

1-3.ポールの下に収納ケースを置く

クローゼットは部屋の間取りによって広さが異なりますが、基本的に、中にはハンガーをかけるポール+収納棚がついているタイプがほとんどです。高さは床から天井までなので、奥行きと高さを上手に活用することが大切になります。基本ポイントは、ポールにワンピース・ジャケット・コートなど畳めない衣類をかけ、収納棚に収納ボックス、ポールの下に収納ケースを置くことです。ボックスやケースなどの収納グッズを活用することで、収納量が格段にアップします。

1-4.使用頻度と季節に合わせて収納場所を変える

衣類を収納する場所を適当に決めるのはNGです。使用頻度と季節に合わせて収納場所を変えていきましょう。たとえば、クローゼットの上のほうに設置されていることが多い収納棚には、普段使わないものや季節外れのコート・バック類を収納します。そのまま置くのではなく、軽い布製・紙製のボックスやバスケットに入れてしまうのが基本です。まとめて収納しておけば、衣替えのときに取り出しやすくなります。

2.クローゼットの収納に役立つアイテム

クローゼットの収納に必要不可欠なアイテムを紹介しましょう。

2-1.役立つアイテムNo.1の収納ボックス

ポールの上にある収納棚などに置く収納ボックスは、クローゼットの収納に役立つアイテムNo.1です。奥行きがあるタイプやフタつき・軽いメッシュ製・取っ手がついているものなど、さまざまな種類があります。天井に近い場所に置きたい場合は、取り出しやすい取っ手つきのタイプを選ぶといいでしょう。また、ポールに吊(つ)り下げられる収納ボックスもあります。そこに、帽子・バッグ・下着など小物類が収納できるので便利です。

2-2.中身が分かりやすい衣装ケース

ハンガーをかけて収納すると下に収納スペースが生まれます。そこには、中身が一目で分かりやすい衣装ケースを置きましょう。クローゼットの収納は、分かりやすくすることが基本です。透明または半透明になっている衣装ケースにすれば、何が入っているのか分かりやすくなるでしょう。また、表にラベルを貼りつけるのも方法の1つです。衣装ケースを選ぶ際は、クローゼットの奥行きが活用できるタイプにしましょう。事前に、クローゼットの奥行きを測り、サイズがぴったり合うものを選ぶのがポイントです。また、収納ケースをいくつか積むことで、スペースを無駄なく活用できるでしょう。

2-3.自由に移動できるキャスター付きラック

収納ケースを置いた後にスペースが余っている場合は、そこにキャスター付きラックを置くといいでしょう。キャスター付きラックは、自由に移動できるので前後の入れ替えや掃除のしやすさがメリットです。デッドスペースを作らないことが、クローゼットの収納ポイントでもあります。

2-4.あると便利な突っ張り棒・スリムハンガー

クローゼットの収納で役に立つアイテムといえば、突っ張り棒とスリムハンガーです。突っ張り棒をプラスすれば、ポールが2つになり、ハンガーにかける衣類の収納量が増えるでしょう。また、ハンガーをスリムタイプに統一することも収納力アップにつながります。フックの長さや肩のラインなど、ハンガーによって大きさ・サイズがバラバラです。スリムハンガーがない場合は、ハンガーの種類を統一するだけでもクローゼットがすっきりした印象になります。

3.クローゼットの収納アイデアを紹介

さらに、クローゼットの収納が上手にできるよう、おすすめのアイデアを紹介します。

3-1.ハンガーにかける衣類は丈の長さを合わせる

ハンガーにかける衣類は、丈の長さをそろえて吊るしてください。丈の長さがバラバラだと、下部に十分な収納ケースを置くことができません。丈の長さをそろえることで空いたスペースに衣類ケースを積むことができ、階段のようなレイアウトができるでしょう。先に、ハンガーに衣類をかけてから、下にできた空間を上手に活用すれば、デッドスペースがなくなりますよ。

3-2.クローゼットの扉は壁面収納に使う

クローゼットの扉も、使い方次第によっては収納スペースになります。たとえば、扉の裏側にタオルハンガーやS字フックを取りつけるだけで、そこに帽子・バッグ・ストールなどを吊るすことができるでしょう。デッドスペースが一気に有効なスペースに生まれ変わります。ラックが置けないスペースでも、フックを取りつけてアクセサリー類を吊るすといいですよ。基本的に、デッドスペースは壁面収納を心がけてください。

3-3.衣装ケースは間仕切りを作る

ポール下に衣装ケースを用意してもなかなか衣類が収納できない場合は、衣装ケースの使い方に問題があるかもしれません。適当に衣類を詰めこんでいては、せっかくの衣装ケースも十分に有効活用できなくなります。ポイントは、間仕切りを作ることです。収納ケース内に間仕切りを作ることで、分別収納ができるようになります。ネクタイ・靴下・下着・タオルなど小物類も分別でき、立てて収納すれば見やすくなるのでおすすめです。

3-4.クローゼットを増やしたい場合はメタルラックを使う

どうしても収納スペースが足りず追加したいときは、メタルラックを活用しましょう。メタルラックを部屋に設置すれば、もう1つのクローゼットになります。クローゼット並みの収納力だけでなく、パーツもそろっているので棚を追加したり、小物を入れるラックをつけたりと自由な組み合わせが可能です。ただし、収納グッズを増やしすぎないように気をつけてください。部屋の広さに合わせたメタルラックを選び活用しましょう。

4.クローゼットのカビや虫食いを防ぐ方法

クローゼットの収納アイデアだけでなく、カビや虫食いを防ぐ方法も押さえておきたいポイントです。それでは早速、その方法とポイントを紹介します。

4-1.ギュウギュウに詰めこみすぎない

クローゼットに入るだけの衣類や小物を収納するのはNGです。ギュウギュウに詰めこみすぎると、風通しが悪くなり、湿気がこもりやすくなります。風を通して湿気が外へ逃げやすいように、なるべく服と服の間にすき間を空けてください。目安は、少し手が入るぐらいです。また、新しい衣類を購入した際は古い衣類を捨てるなど、ルールを作るのもいいでしょう。古いものを処分すれば、それだけ収納スペースが確保できます。

4-2.定期的に扉を開けて換気する

クローゼットの扉は、ずっと閉めたままにしておくと、湿気の逃げ道がなくなるので、定期的に扉を開けて換気してください。1週間に1度、30分間開けるだけでOKです。その際には、扇風機やサーキュレーターを使い、クローゼットの奥にたまった湿気を逃がしましょう。

4-3.防虫剤・除湿剤を使用する

クローゼットに収納している衣類をカビや虫から守るために役立つアイテムといえば、防虫剤・除湿剤です。スーパーや薬局・ドラッグストアには、さまざまな種類の防虫剤・除湿剤が販売されています。防虫剤と除湿剤を一緒に使用することで、より効果的な湿気対策になるでしょう。引き出しや衣装ケースに置く場合は衣類の上に、吊り下げタイプの防虫剤・除湿剤ならクローゼット用を使ってください。

4-4.着た衣類をすぐクローゼットに収納しない

その日に着たコート・ジャケットなどの衣類を、すぐクローゼットに収納していませんか? 着用したばかりの衣類には、汗などで湿気がこもっています。そのため、一晩ハンガーにかけて乾かし湿気を除去してから収納してください。

5.クローゼットの収納に関してよくある質問

クローゼットの収納に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.衣類を出しっぱなしにしてしまう……有効な対策は?
A.つい衣類を出しっぱなしにしてしまう方は、衣装ケースの上にカゴを1つだけ用意しましょう。一時的な置き場所として活用すれば、出しっぱなしの予防策になります。ただし、カゴに置いたままにするのはNGです。翌日にはカゴの中に入っているものを定位置に戻すように心がけましょう。

Q.布団類をクローゼットに収納するポイントは?
A.できるだけコンパクトにまとめることができる布団収納袋・圧縮袋を活用することです。特に、丸めて収納できる「円筒型収納袋」をおすすめします。布団を丸めるだけなので圧縮袋のように掃除機で空気を吸い取る必要はありません。クローゼットのデッドスペースに置くことができるでしょう。

Q.子ども服を収納する際のコツは?
A.子どもが出し入れしやすい位置に突っ張り棒を設置します。そこに、いつも着るシャツ・アウターなどを吊るすことができ、管理しやすくなるでしょう。洋服をかけた下には、子ども用のコンパクトな引き出し収納や衣装ケースを設置してください。ポイントは、子どもの目の高さに合わせて設置することです。そうすることで、子ども1人でも簡単に衣類が収納できます。

Q.衣類収納で見直すべきポイントは?
A.衣類を何着持っているか、その量を把握することが見直しポイントの1つです。実際に、持っている衣類の量を把握すれば、断捨離へのやる気がみなぎるでしょう。そして、似たような衣類を何着持っているのか確認し、必要ないものを処分します。特に、流行がすぎたもの・サイズが合わないものは手放しましょう。クローゼットの収納を維持するためには、定期的な衣類の見直しも大切です。

Q.防虫剤を入れているのに虫食いが起きるのはなぜ?
A.使い方が間違っている可能性があります。基本的に、防虫剤は空間内に防虫成分を拡散させることで効果が生まれるものです。オープンスペースで使用する際は、防虫成分が行き渡りやすくなるようにカバータイプ・シートタイプを使うといいでしょう。また、有効期間が切れていたり、ギュウギュウ詰めになっているせいで成分が行き渡っていなかったりする可能性もあります。今一度、使い方やクローゼットの状態を見直したほうがいいでしょう。

まとめ

クローゼットの収納で最も大切なのは、断捨離です。どんなに広いクローゼットでも、着ていない・必要ない衣類を収納すればギュウギュウ詰めになってしまいます。特に、1人暮らしのクローゼットは収納スペースが限られているので、まずは断捨離から始めましょう。そして、必要なものを種類別に分類し、上の棚・ポール・下の空間に分けて収納します。収納ボックス・衣装ケース・突っ張り棒・S字フックなどさまざまなグッズを上手に活用すれば、すっきりしたクローゼットが維持できるでしょう。