悪質なリフォーム業者の実態を徹底検証! 手口や見分け方は?

「リフォームを検討しているが悪質な業者を選んでしまわないか心配」「悪質なリフォーム業者の手口を知っておきたい」という悩み、よく分かります。悪質なリフォーム業者の存在はメディアに取り上げられることも多く、全国で多数の相談が寄せられているのが現状です。中には高額なお金をだまし取られるケースもあるため、十分注意しなければなりません。この記事では、悪質なリフォーム業者の被害にあった実例や悪徳業者の見抜き方・被害にあってしまったときの対処法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 悪質なリフォーム業者による被害例を紹介
  2. 悪質リフォーム業者を見抜くポイントは?
  3. 悪質リフォーム業者の被害にあってしまったときの対処法
  4. 悪質リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、悪質なリフォーム業者の特徴やよくある手口・被害にあったときの相談先などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.悪質なリフォーム業者による被害例を紹介

まずは、悪質なリフォーム業者を利用したことで起こった被害の実例をいくつかご紹介します。

1-1.強引に契約を迫るケース

訪問販売の業者から、強引に契約を迫られるケースが増えています。「今リフォームしないと大変なことになる」「今なら大幅な値引きが可能」などと言葉巧みに家に上がり込み、すぐ契約するようにすすめてくるのです。断ってもしつこく何度も足を運んでくるケースや、契約するまで何時間も居座るケースも多くなっています。このような悪質業者は、後から冷静に考えたり家族に相談されたりして契約を取り消されることがないよう、契約後は急いで工事に着手しようとするのが特徴です。

1-2.見積もりと違う高額な料金を請求するケース

高額な工事料金を請求されるケースも少なくありません。正式な見積書を提出せずに口頭だけで見積料金を伝え、工事後に高額な料金を請求してくる業者も多いのです。また、事前に見積書の提出があっても、内訳の明細が記載されていないことが多いでしょう。この場合、業者の都合で金額を調整できるため、簡単に追加料金を請求できてしまいます。

1-3.ずさんな施工をされたケース

悪質なリフォーム業者にずさんな施工をされてしまった事例も数多く報告されています。業者が自分たちの利益を確保するために、材料の質を落としたり必要な工事を省略したりするのです。その結果、「またすぐ工事が必要になった」などのトラブルになり、後悔するケースも少なくありません。

2.悪質リフォーム業者を見抜くポイントは?

悪質なリフォーム業者の特徴や業者選びの注意点・特に狙われやすい家の特徴などをご紹介しましょう。

2-1.悪徳業者にはこんな特徴が!

悪質なリフォーム業者に多い特徴をまとめました。

2-1-1.訪問販売の営業が多い

訪問販売の業者がすべて悪徳業者というわけではありませんが、手口として多いのは事実です。理由としては、会社の実態がないため悪徳業者であると判断しにくいこと、トラブルが起きても逃げやすいことが挙げられるでしょう。会社の存在自体を分かりにくくすることで、悪事を働きやすくしているのです。

2-1-2.無料点検を装って家に上がり込むのが手口

悪徳業者に多いのが、無料点検を装って家に上がり込む手口です。もちろん、無料点検を行っているリフォーム業者は多数存在します。しかし、優良な業者であれば、診断の申し込みがあってから訪問するのが普通です。アポなしでやってきて無料点検をすすめてくる業者は信用しないほうがよいでしょう。不安をあおり、強引に契約を迫られるケースがほとんどです。

2-1-3.契約を渋ると大幅値引きしてくる

悪徳業者は何としてでも契約が欲しいため、簡単に値引きをしてきます。契約をすすめられて渋ったときに、大幅な値引きを言い渡してくるようであれば利用しないほうがよいでしょう。最初に高めの見積もりを提示しているだけなので、本当にお得になるわけではありません。「特別価格」「サービス」という言葉にだまされないようにしましょう。

2-2.外壁や屋根などが目をつけられやすい

悪質なリフォーム業者が特に目をつけやすいのが、外壁や屋根などのリフォームでしょう。外から見ても判断しやすい箇所なので「屋根がずれている」「外壁にひびが入っている」などといってリフォームをすすめてくるのです。突然訪問してきて外壁や屋根の不具合を指摘してくる業者には、十分注意してください。

2-3.業者選びでチェックするべきポイントは?

悪質な業者を選んでしまわないよう、業者選びの際にチェックするべきなのは以下のようなポイントです。

  • 豊富な施工実績があるか
  • 建設業の許可を取得しているか
  • 国家技術取得者が在籍しているか
  • 自社で施工しているか
  • 事務所をしっかり構えているか
  • 工事保険に加入しているか
  • 工事内容を明確に説明してくれるか
  • 詳細な見積書を提出してくれるか
  • 契約書を書面で交わすか

2-4.古い家や高齢者の家は狙われやすい

悪質なリフォーム業者に狙われやすいのは、築年数の古い一軒家や高齢者だけで住んでいる家などです。築年数の古い家は傷みも目立つため、リフォームの必要性を指摘しやすく、契約に対しても前向きになりやすいでしょう。また、住人が高齢者だけだと「いいくるめやすい」と判断され、狙われる可能性が高いのです。悪徳業者は、表札や洗濯物などから家族状況をチェックした上で狙いをつけるため、十分注意してください。

2-5.マーキングされていないか確認を!

悪徳業者の中には、その家の情報を仲間に教えるための「マーキング」を行っているところもあります。表札や郵便ポストなどに仲間が分かるようにマークをつけ、情報を共有しているのです。自分の家がマーキングの対象になっていないかチェックし、もしマークがつけられていた場合はすぐに消去してください。

3.悪質リフォーム業者の被害にあってしまったときの対処法

悪質なリフォーム業者の被害にあってしまったときは、どうすればよいのでしょうか。相談先や注意点などをご紹介します。

3-1.各種機関へ相談を

住宅リフォームに関するトラブルが発生した際は、各種機関の相談窓口に相談しましょう。悪徳業者の見極め方や被害にあったときの対処法など、さまざまな相談に乗ってもらうことができます。

3-2.クーリングオフ制度で解決できる場合も

訪問販売の悪徳業者と契約してしまった場合、契約書を交わしてから8日以内であれば契約を解除できる「クーリングオフ制度」というものがあります。たとえ「もう資材を用意したのでクーリングオフはできない」と業者にいわれても、8日以内であれば一方的に解約可能です。クーリングオフ制度についても上記の相談機関で相談に乗ってもらえるため、不安や疑問があれば利用してみるとよいでしょう。

3-3.先に工事費用の支払いをしないこと

契約後すぐに工事費用の支払いをしないよう注意しましょう。クーリングオフ制度を利用して契約を解除できても、すでに支払ってしまったお金を取り戻すのは難しい場合がほとんどです。そのまま姿を消し、連絡がとれなくなることもあるため、支払いは工事完了後にすることをおすすめします。

4.悪質リフォームに関するよくある質問

「悪質なリフォーム業者について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜ、悪質なリフォーム業者は減らないのでしょうか?
A.500万円以下のリフォーム工事であれば、建設業許可を受けていない業者でも請け負うことが可能です。そのため、業界へ参入しやすいのが一つの理由でしょう。そのほかにも、リフォーム工事の内容が素人には分かりにくいこと・工事費用の定価がないことなども、悪徳業者が増え続けている理由と考えられます。

Q.リフォーム業者に「モニター価格で工事ができる」といわれたのですが、信じても大丈夫でしょうか?
A.いわゆる「モニター商法」と呼ばれる、悪徳業者の手口であると考えられます。値引く前の価格が高額に設定されているだけであり、値引いた後も相場より高い金額を請求されるでしょう。

Q.訪問販売でやってきた業者が、大手リフォーム業者の関連業者だと名乗っています。リフォームを依頼しても問題ないでしょうか?
A.全く関係のない業者が、大手の名を語って営業してくるケースもあります。実際にそのような業者が存在するか、親会社に確認してみるとよいでしょう。

Q.契約を断っても何時間も居座り、工事を強引にすすめようとします。どう対処すればよいでしょうか?
A.何時間も居座って帰らないのは迷惑行為に当たります。警察に通報してよいでしょう。脅されたり暴言を吐かれたりしたときのために、ボイスレコーダーに会話を録音しておくことをおすすめします。

Q.悪徳業者による手抜き工事でよくある例を教えてください。
A.「下地処理を行わなかったことで壁紙の表面が凸凹になった」「塗料を水で薄めて使い、外壁塗装がすぐはがれてきた」などの例が報告されています。

まとめ

悪質なリフォーム業者の特徴やよくある手口・被害にあったときの対処法などを詳しくご紹介しました。リフォーム業界に存在する悪質業者を見抜くために、被害の実例や業者選びの注意点などを知っておく必要があります。ぜひこの記事を参考にして、悪徳リフォーム業者による被害を防いでください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!