ドアのリフォームは1日で終わる! 玄関ドアの選び方3つを知っておこう

玄関のドアは家全体の雰囲気を左右する部分です。
人を迎える一番初めの場所ですから、もう少しこだわりたいと思いませんか?
最近は玄関ドアのリフォームが大変な人気なのだそうです。

そんな人たちのために、ドアのリフォームに関する情報をまとめてみたいと思います。
工事の方法や工期・費用、ドアを選ぶポイントなどをご紹介しましょう。

1.ドアのリフォームについて

最近は防犯のために鍵を取り替えるついでに、玄関ドア自体をリフォームする人が増えてきているようです。
実は、玄関ドアのリフォームはとても簡単だということをご存じでしょうか。
玄関ドアには枠があり、枠の寸法に合わせて新しいドアを取り付けるだけ。
ドアを専門にしているリフォーム業者もあるようなので、ぜひ相談してみてください。
工事の方法や工期、費用については、次の項でご紹介します。

2.工事の方法・工期・費用について

2-1.ドアリフォームの工事方法

以前までは、ドアのリフォーム工事は大変大がかりなものでした。
古いドアや枠、壁や床を壊す必要があったため、時間や費用がかかっていたのです。
しかし、現在は「カバー工法」という技術が開発され、外壁や床を壊さずに工事できるようになりました。
最近はこの工法が主流になり、職人さんの人数も少なく、費用も抑えられるようになったのです。

2-2.ドアリフォームの工期

カバー工法によるドアリフォーム工事では、現在のドアを取り外し、新しい玄関ドアを枠ごと取り付けます。
外壁工事や内装工事が不要な分、たった1日で工事が完了するのです。
「工事に何日もかかって玄関ドアがない状態が続くのは困る…」という人も、安心してお任せすることができますよ。

2-3.ドアリフォームの費用

どこをリフォームするにしても、気になるのは費用でしょう。
カバー工法は比較的簡単な作業のため、作業員の人数も少なく、工期も短いのが特徴です。
そのため、費用の安さが大きなメリットといえるでしょう。
玄関ドアリフォームの費用は、玄関ドア本体の製品代と工事費用、消費税で構成されています。
つまり、新しくする玄関ドア本体の料金によって、リフォームにかかる費用も大きく変わるでしょう。
リフォーム費用は業者によってもまちまちです。
複数の業者に見積もりを依頼して、比較して決めるといいでしょう。

3.ドアを選ぶポイント

リフォームする際にはどのようなドアを選ぶべきなのでしょうか。
ドア選びのポイントをいくつかご紹介します。

3-1.家の雰囲気に合ったデザイン

玄関ドアにはさまざまなデザインのものがあります。
木調、アルミ、モダンなデザインのものなど、人気の玄関ドアにしたいという気持ちは分かりますが、一番大切なのは「全体の雰囲気に合っているかどうか」ではないでしょうか。
玄関ドアは家のアクセントになる部分です。
自分の好みだけを考えて決めてしまうのはやめた方がいいでしょう。
家の雰囲気に全く合わず、玄関ドアだけが浮いて見えるようになる可能性もあります。
新しくする玄関ドアは、業者に見せてもらう写真の中から選ぶケースがほとんどです。
しかし、写真で見るカラーや素材感が、実物のものと違う場合もあるでしょう。
業者とよく相談して、確認するようにしてください。

3-2.防犯対策はどうか

一戸建ての玄関ドアの場合、防犯対策についても考えなければなりません。
玄関ドアは泥棒の侵入経路のひとつです。
せっかく玄関ドアのリフォームを検討するなら、優れた防犯対策が施されたものを選ぶようにしましょう。
玄関ドアの防犯対策として、ディンプルキーやウェーブキーなどがおすすめです。

3-3.断熱効果について

特に寒冷地の場合、玄関ドアの断熱効果についても考える必要があります。
断熱効果のない玄関ドアだと、外部の冷たい空気がそのまま家の中に流れ込んでくるでしょう。
また、室内の暖かさが外部に逃げていってしまう危険性もあります。
「デザインばかりに目がいって、断熱効果については考えていなかった」というケースは非常に多いようです。
必ず業者に確認してから決めるようにしましょう。

4.工事を依頼する際の注意点

最後に、玄関ドアのリフォームを業者に依頼する際の注意点をまとめてみたいと思います。
ぜひ参考にして、納得のいくリフォームをしてください。

4-1.実績のある業者を選ぶ

リフォーム業者とのトラブルが数多く発生している理由をご存じでしょうか。
その理由は「リフォーム工事は手抜きしやすい」といわれているためです。
実際に、手抜き工事にもかかわらず高額な料金を請求され、問題になったケースは少なくありません。
そのような事態を防ぐためにも、大切なのは「実績のある業者を選ぶこと」です。
業者のホームページを見れば、実績について掲載されているでしょう。
これまでの施工例を実際に見せてもらうのもおすすめです。
また、インターネットで検索すれば、その業者を実際に利用した人の口コミや評判をチェックすることも可能でしょう。
信頼のおける業者であるか、慎重に確認してください。

4-2.見積書をしっかりチェックする

必ず、事前に見積書を提出してくれる業者を選ぶようにしましょう。
中には見積もりも取らずに作業を始めてしまうような業者もあるようです。
見積書をしっかりとチェックし、工事の方法やドア本体の費用に見合った金額であるかを確認するようにしてください。
相場が分からなければ、複数の業者に見積もりを依頼する方法がおすすめです。
比較することで相場が分かるでしょう。

4-3.悪徳業者の見分け方を知っておく

ずさんな作業をして高額な料金をだまし取るような悪徳業者だけは選ばないようにしましょう。
悪徳業者を見分けるポイントとして、以下のことを確認するようにしてください。

  • 建築業登録をしているか
  • リフォーム団体に所属しているか
  • 施工後のアフターケアはあるか
  • 担当者の対応は丁寧で親切であるか

特に、突然訪問して家にあがりたがる業者や、見積書が簡易すぎる業者には注意が必要です。
また、むやみに「安さ」を宣伝してくる業者も、信頼しない方がいいでしょう。
まずは、どのようなリフォーム業者があるのかを知るためにも、複数の業者にカタログ請求するなどして情報を集めることから始めてください。

5.まとめ

ドアのリフォームに関する情報をまとめました。

  • ドアのリフォームについて
  • 工事の方法・工期・費用について
  • ドアを選ぶポイントについて
  • 工事を依頼する際の注意点

「ドアのリフォームを検討している」「工期や費用について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!