エクステリアの種類やスタイルを紹介! 施工業者選びのポイントも!

「エクステリアにはどんな種類があるのか?」「施工業者の選び方が分からない」とお悩みではありませんか? エクステリアは家の「顔」となる部分です。玄関やアプローチ・駐車スペース・門まわりなど、エクステリアをどのような構成にするかによって、家の雰囲気は大きく変わります。後悔のないよう、施工を依頼しなければなりません。

この記事では、エクステリアの種類やスタイル・施工業者の選び方などを詳しくご紹介しましょう。

  1. エクステリアとは?
  2. エクステリアのスタイルを紹介
  3. エクステリアにはどんな種類があるのか?
  4. エクステリアの施工業者を選ぶポイント3つ
  5. エクステリアの施工に関するよくある質問

この記事を読むことで、エクステリアの種類を選ぶ際のポイントや、施工業者選びの注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.エクステリアとは?

まずは、エクステリアについて詳しく解説しましょう。

1-1.建物の外観や外側全体のこと

エクステリアとは、建物の外観と外側全体のことを指します。家の中にあるソファーやテーブルなどを「インテリア」という言葉で表しますが、エクステリアはその対義語としても使われているのです。住宅の外観を決める重要な場所であり、エクステリアをどう演出するかによって家の見た目が大きく変わります。

1-2.外構との違いは?

「エクステリア外構の違いが分からない」という人も多いでしょう。両者は似た意味で使われますが、「外構」が指すのは構造体のことであり、エクステリアは外回りの装飾を指します。具体的には、塀やブロック・レンガ・階段・側溝などが「外構」で、アルミフェンスやカーポート・サンルーム・ポストなどが「エクステリア」です。

1-3.エクステリアを構成する主なもの

エクステリアを構成する主な要素には、以下のようなものがあります。

  • 駐車スペース
  • 玄関・アプローチ
  • 門柱・門まわり
  • フェンス
  • デッキ

2.エクステリアのスタイルを紹介

エクステリアには以下のようなスタイルがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介しましょう。

2-1.オープンスタイル

門や塀などで敷地と道路の境界を仕切らないスタイルです。欧米でよく取り入れられているスタイルで、明るさや開放感が魅力となっています。ただし、敷地の境界線をすべて開放的にするわけではありません。隣家との境界にはフェンスや塀を設けたり、最小限の樹木で家の中を見えにくくしたりするケースもあります。オープンスタイルのメリットは、開放感があり、狭い敷地でも圧迫感がないことでしょう。また、美しい庭を通行人に楽しんでもらうためにこのスタイルを選ぶ人も少なくありません。ただし、不審者が侵入しやすいこと・防犯やプライバシー対策が重要になることなどがデメリットです。

2-2.クローズドスタイル

クローズドスタイルは、高い塀や門などで境界線を囲み、外部の視線をさえぎるスタイルです。オープンスタイルとは真逆で、近隣住民や通行人の視線を避けたいときに選択します。クローズドスタイルのメリットは、プライバシーが守られること・不審者の侵入を避けられることなどでしょう。住む側にとっては非常にメリットが多いといわれています。ただし、敷地が狭いと圧迫感が出やすいこと・やりすぎると近隣とのトラブルになりかねないことなどデメリットもあるため、理解しておきましょう。

2-3.セミオープンスタイル

セミオープンスタイルは、オープンスタイルとクローズドスタイルの中間といえるスタイルのことです。たとえば、塀やフェンスは低めのものを設置したり部分的に設置したりするなど、完全に閉じた外構にならないようにします。また、オープンなエリアとクローズなエリアを分けるという考え方もおすすめです。セミオープンスタイルのメリットは、適度な解放感があることと、プライバシーが守られることでしょう。その反面、オープンスタイルに比べると費用が高額になることなどがデメリットです。

3.エクステリアにはどんな種類があるのか?

エクステリアの種類について詳しく紹介しましょう。

3-1.門扉

門扉は大きく分けて引き戸タイプと開き戸タイプがあります。一般的に、前後に開くスペースがある場合は開き戸タイプ、スペースが狭い場合は引き戸タイプを選ぶ人が多いでしょう。主流なのは開き戸タイプでしたが、最近は引き戸タイプでもデザイン性や使い勝手のよさにこだわった商品が増えてきています。門扉の素材にはステンレスや鉄・樹脂・木などさまざまなものがありますが、特に人気なのは耐久性にすぐれたアルミです。

3-2.フェンス

敷地の周囲を囲むフェンスには、アルミ製のウォールやブロック塀・生け垣などが取り入れられています。門扉と同じデザインにする例も多く、全体的に統一感のある仕上がりになるのでおすすめです。また、フェンスを選ぶ際はデザイン性だけでなく、防犯性も重視する必要があります。死角を作りにくいデザインのものだと、不審者の侵入に気づきやすいでしょう。

3-3.門柱

最近はポストや表札・照明・インターホンなど、複数の機能を組み込んだ門柱が人気です。宅配ボックスやベンチなどを組み込んだものもあり、機能性にすぐれた門柱が注目を集めています。部分的に異なる素材を取り入れるなど、デザイン性にこだわった門柱も多く、エクステリアの雰囲気に合わせて選ぶことが可能です。

3-4.ポスト

ポストもエクステリアを構成する要素の一つです。門柱や外壁に埋め込むタイプはもちろんのこと、壁掛けタイプやポールに取りつけるタイプなどさまざまなものがあります。また、防犯性に配慮したポストも人気です。

3-5.ガレージ

ガレージには、建物内部に駐車スペースを設けたビルトインタイプや、屋根だけのカーポートタイプなどがあります。車の出し入れがしやすいことはもちろん、強風や積雪に強いものなど、さまざまな工夫を凝らしたガレージが人気です。

4.エクステリアの施工業者を選ぶポイント3つ

エクステリアの施工業者を選ぶ際、何をポイントにすべきかをご紹介しましょう。

4-1.豊富な実績があるか

豊富な実績を持つ業者かどうかを必ずチェックしましょう。どのような工事を得意としていて、過去にどのくらい施工例があるのかなど確認してくださ。実績豊富な業者であれば、エクステリアの施工に関する幅広い知識と技術を持っているはずです。要望に合った工事を提案し、実現してくれるでしょう。

4-2.見積書の内容は明確か

見積書の内容も細かくチェックしてください。何にいくらかかるのかが明確に記載されているか確認しましょう。詳細の記載が一切なく、「工事一式」とだけ書かれている見積書は要注意です。疑問に思う部分があれば直接質問し、的確な答えが返ってくるか確認してください。

4-3.保証やアフターサービスの内容は充実しているか

施工後、万が一トラブルが発生したとき、どのような対応をしてくれるのかは重要なポイントです。保証期間内であれば無償で修理してもらえる場合が多いため、必ず事前に確認しておきましょう。保証やアフターサービスについて詳しい説明がある業者は、信頼できます。

5.エクステリアの施工に関するよくある質問

「エクステリアの施工について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.エクステリアをDIYすることは可能でしょうか?
A.もちろん可能です。自由に施工できること・費用が安く済むことがメリットになります。ただし、道具を一切持っていない人や作業に慣れていない人にはおすすめできません。

Q.造園はエクステリアと違うのでしょうか?
A.造園は植木や花・土を対象とした工事のことです。外回りの装飾を指すエクステリア工事とは異なります。

Q.エクステリア工事の費用相場はどのくらいですか?
A.新築での工事は100万~300万円、リフォームの場合は50万~100万円前後といわれています。

Q.悪質な施工業者に多い特徴を教えてください。
A.施工実績を明らかにしない・こちらの要望を聞こうとしない・約束を守らないなどの特徴があります。

Q.施工業者選びに失敗するとどうなるのでしょうか?
A.イメージと違う仕上がりになった・予算以上の費用がかかった・故障や劣化などが発生したなどのトラブルが起こる可能性があります。

まとめ

エクステリアのスタイルや種類・施工業者の選び方などを詳しくご紹介しました。エクステリアは家を外側から見たときの印象を大きく左右します。満足のいく仕上がりになるかどうかは、施工業者選びにも関係するでしょう。ぜひこの記事を参考に、信頼できる施工業者を見つけてください。