外壁塗装の雨対策を知りたい人必見! 雨が降った場合の対処方法を解説

「外壁塗装を行っている最中に、雨が降ったらどうしよう?」と悩んでいる人は多いと思います。外壁塗装工事は屋外で行うため、天候しだいでは塗装工事ができません。「工事が延期になったら、追加料金が発生するのか?」「梅雨の時期は工事を依頼しても断られるのか」といった疑問を持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、外壁塗装工事と雨について解説します。

  1. 雨が降ると外壁塗装ができない理由
  2. 雨が降っても可能な外壁塗装工事
  3. 外壁塗装工事の期間が延びたときの対応
  4. 外壁塗装の雨対策に関するよくある質問

この記事を読めば、雨が降ったら外壁塗装を行ってはいけない理由や、工事日程の組み方などもよく分かるでしょう。外壁塗装工事を行いたいと考えている人は、ぜひ記事を読んで業者選びなどの参考にしてください。

1.雨が降ると外壁塗装ができない理由

なぜ、雨が降ると外壁塗装ができないのでしょうか?この項では、雨が外壁塗装に与える影響などをご紹介します。

1-1.湿度が85%を超えると塗料がうまく塗れなくなる

外壁塗装に用いる塗料は、防水・防汚などさまざまな効果があります。また、塗料の効果を十分に発揮させるためには、重ね塗りをしなければなりません。塗料を重ね塗りするためには、塗料を塗ったら十分に乾燥させる必要があります。しかし、雨が降ったり気温が低すぎたりすると塗料が十分に乾かず、ひび割れなどが発生しやすくなるでしょう。そのため、多くの塗料が「湿度85%を超える環境では使用しないこと」という注意書きをつけています。

1-2.塗料が雨で薄まったり仕上がりが汚くなったりする

雨の中で外壁塗装を行うと、塗料が雨で薄まったり外壁に水玉模様のような雨の跡が残ったりします。その結果、仕上がりが汚くなったり塗料の効果が存分に発揮できなかったりすることもあるでしょう。雨の中で工事をしたところで、メリットは何もありません。

1-3.事故が起こりやすくなる

多くの外壁塗装業者は足場を組み、その上で作業を行います。雨が降れば足下が滑りやすくなり、転倒などの事故が起こりやすくなるでしょう。また、激しい雨と共に風が吹く場合は、養生シートなどが飛ぶ可能性もあります。

1-4.小雨でも工事はできない

雨が降ると湿度が上がります。前述したように、湿度が85%を超えると塗料が乾きにくくなり、塗装がうまく行えません。ですから、小雨はもちろんのこと、「午前中は曇り、午後から雨が降る」という日も工事ができない可能性があります。

2.雨が降っても可能な外壁塗装工事

ただし、以下のような外壁塗装工事は雨が降っても行います。

  • 足場の組み立てや撤去
  • 養生シートを外壁にかぶせたり撤去したりする
  • 外壁の洗浄(あまりに雨が激しい場合は中止)

3.外壁塗装工事の期間が延びたときの対応

では、雨が降って外壁塗装工事の期間が延びた場合、費用はどうなるのでしょうか? この項では、それについて解説します。

3-1.極端な延長がない限り追加料金は発生しないのが一般的

外壁塗装工事を請け負う業者は、雨が降ることを装丁して工事の期間を決めます。ですから、工事の期間は数日の余裕があることが一般的です。工事期間が極端に延びない限り、追加料金は発生することはほとんどありません。ただし、業者の中にはギリギリの日程を組むところもあるので、必ず事前に雨が降って工事ができず、工期が延びたときの対応を聞いておきましょう。

3-2.雨の日でも工事をしますという業者は要注意

いいかげんな業者の中には、「我が社で使う塗料は雨の影響を受けないので、雨でも塗装ができます」と宣伝しているところもあります。しかし、雨の影響を受けない塗料はほとんどありません。ですから、このような宣伝をする業者は利用しないようにしましょう。

4.塗装工事中に雨が降ったときの対処方法

この項では、塗装工事中に雨が降った場合の対処方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.急な雨が降ったら工事は中断する

現在の天気予報はかなり正確です。そのため、降水確率が高い日は工事を中止する業者が多いでしょう。しかし、どんなに気をつけていても急に雨が降り出すこともありますが、工事は途中で中断となります。業者が無理に工事を続けようとしている場合、施主が一声かけましょう。

4-2.雨が上がったら塗装の状態をチェックする

塗りの途中で雨が降り工事が中断した場合、塗ったところが雨でまだらになっていることもあります。このようなときは塗装の塗り直しが原則です。業者はそのような事態も装丁して見積もりを出しているので、追加料金はかからないことが多いでしょう。しかし、念のために契約の段階で「雨が降って工事が中断し、なおかつ塗り直しが発生した場合」の対応を聞いておくと安心です。

5.外壁塗装の雨対策に関するよくある質問

この項では、外壁塗装の雨対策に関する質問を紹介します。

Q.梅雨時など雨が多い時期は、外壁塗装をやらないほうがいいですか?
A.早く工事を終わらせたい場合はおすすめできません。しかし、梅雨時は工事依頼が少ないので、繁忙期より安い値段で工事を請けてくれる業者もあるでしょう。雨が降ることを想定し、長めの工期でも大丈夫という場合は、梅雨時がおすすめというケースもあります。

Q.夏ならば湿度が低いと思いますが、夏に外壁塗装を行う際の注意点はあるでしょうか?
A.夏は、ゲリラ豪雨が最も発生しやすい時期です。ゲリラ豪雨は予想が難しいので、毎年発生している地域で工事を依頼する場合は気をつけましょう。また、窓が開けられないと夏はつらいことがあります。

Q.外壁塗装は雪が降ってもできませんか?
A.はい。もちろんです。気温が5度を下回っているので、塗料がうまく塗れません。

Q.塗料が塗り終わった直後に雨が降った場合はどうなるでしょうか?
A.塗料は完全に乾くまで10時間以上がかかります。ですから、雨の状態によっては塗り直しする必要が出てくるでしょう。詳しくは業者と相談してください。

Q.雨が降る中で塗っても大丈夫な塗料は全くないのですか?
A.下塗り塗料の中には、雨が降る中で塗っても大丈夫なものがあります。しかし、安全面から考えても雨の日は作業しないほうがいいでしょう。

まとめ

今回は、外壁塗装工事の雨対策を紹介しました。外での工事は雨の影響を受けてしまうものです。ですから、業者も雨が降ることを想定して作業の日程を考えます。「雨が降って工事が延期された分追加料金がかかる」というケースは少ないでしょう。しかし、契約の段階で雨が降ったときの対処方法をしっかりと聞いておくと安心です。