ボイラーが故障したときの対処法は? 考えられる原因や修理費用も!

「ボイラーが故障したときの対処法が分からない」「修理か交換で迷っている」とお悩みではありませんか? ボイラーが故障するとお湯が使えなくなるため、非常に不便ですよね。故障の原因を知り、できるだけ早く対処する必要があるでしょう。

この記事では、ボイラーが故障したときに考える原因や、まず確認すべきこと・修理と交換の判断基準などをまとめてご紹介します。

  1. ボイラーによくある故障と原因は?
  2. ボイラーが故障したときの対処法を紹介
  3. ボイラーを修理・交換する場合
  4. ボイラーの故障に関するよくある質問

この記事を読むことで、ボイラーが故障したときに自分でできる対処法や業者に依頼すべきケース・修理や交換にかかる費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ボイラーによくある故障と原因は?

まずは、ボイラーによくある故障と考えられる原因についてご紹介しましょう。

1-1.お湯が出ない

ボイラーの故障で特に多いのが、「お湯が出ない」というものです。水は出るがお湯だけが出ないのか、水もお湯も出ないのか、必ず確認してください。お湯だけが出ない場合は、熱源であるガスに問題がある可能性が考えられます。ガスの元栓が閉まっていないか、安全装置が作動してガスが止まっていないかを確認する必要があるでしょう。水も出ない場合は、断水や凍結の可能性について考えてみてください。
また、一部の蛇口だけお湯が出ないのか、全体的にお湯が出ないのかによっても原因は異なります。一部の蛇口だけ出ない場合は、止水栓が閉まっていないかチェックしましょう。全体的に水もお湯も出ない場合は、凍結している可能性があります。

1-2.お湯の温度が上がらない

お湯の温度が上がらないときも、一部の蛇口だけに症状が出ているのか、全体的なものなのかをチェックしましょう。一部の蛇口から出るお湯だけがぬるい場合は、温度調整ハンドルのずれやサーモスタットの故障が原因と考えられます。全体的に温度が上がらない場合は、ボイラーの温度設定が低くなっている可能性があるでしょう。

1-3.異音がする

ボイラーから低くうなるような音や「ピー」という音が聞こえる場合は、ファンモーターの不具合などが原因として考えられます。また、小さく爆発するような音がするときは、不完全燃焼が起きている恐れがあるでしょう。

1-4.電源が入らない

ボイラーの電源自体が入らない場合は、ブレーカーが落ちているかコンセントが抜けている可能性をまず考えましょう。リモコンの画面が表示されないときは、リモコンの故障や断線が疑われます。

2.ボイラーが故障したときの対処法を紹介

ボイラーが故障したときにまず確認すべきことや、自分でできる対処法・業者に連絡するケースなどをご紹介します。

2-1.エラー番号が表示されているか確認する

まずは、ボイラーにエラー番号が表示されているかを確認してください。エラー番号が表示されている場合、ボイラーの取扱説明書を見れば故障内容と対処法が分かります。ボイラーのエラー番号はメーカーごとに表記が異なるため、こちらのサイトを参考にするとよいでしょう。

2-2.自分で対処できる場合もある

ボイラーの故障内容によっては、自分で対処できる場合もあります。場合によっては電源の入れ直しやコンセントの抜き差しで改善されることもあるため、まず試してみるとよいでしょう。凍結の可能性がある場合は、配管にタオルを乗せてぬるま湯をかけてみてください。そのほかのチェックポイントは以下のとおりです。

  • 止水栓は開いているか
  • 断水中ではないか
  • フィルターは詰まっていないか
  • ブレーカーは落ちていないか
  • リモコンのスイッチは入っているか
  • コンセントは差さっているか
  • 温度設定が低くなっていないか

2-3.こんなときは業者に連絡を

上記の対処法を試しても改善されない場合は、業者に連絡しましょう。特に、ボイラーから黒い煙が出ているときや、酸っぱい臭いがするとき・油もれしているときは、放っておくと危険です。火災が発生する可能性もあるため、自分で対処する前に業者を呼んでください。また、取扱説明書に記載されていないエラー番号が表示されている場合も、業者への連絡が必要です。

3.ボイラーを修理・交換する場合

故障したボイラーの修理や交換について、依頼先や費用などをまとめました。

3-1.寿命が近いボイラーは交換がおすすめ

購入から10年前後経過しているボイラーは、修理より交換がおすすめです。ボイラーが故障して修理か交換で迷ったときは、購入から何年経過しているかが判断基準になります。ボイラーの耐用年数は10~15年です。製造終了から10年以上経過しているとメーカーに部品の在庫がなく、修理費用が高額になってしまう場合もあります。また、寿命が近づいているボイラーは、修理してもまたすぐほかの部分が故障してしまう可能性が高いでしょう。

3-2.修理や交換の依頼先は?

ボイラーの修理は、基本的にメーカーまたはメーカーが認定する修理業者に依頼することになります。簡単な修理であれば地元の設備屋にも依頼できますが、ボイラー内部の故障だとメーカーに依頼し直すことになる場合がほとんどです。無駄に時間がかかる上に、出張料や点検料が発生する可能性もあります。一方、交換を検討している場合は、ハウスメーカーや設備屋に依頼したほうが安くつくでしょう。

3-3.修理費用は技術料1万円前後~、交換費用は本体価格による

ボイラーの修理費用は、技術料1万円前後プラス部品代が相場です。ただし、基盤の交換など高度な修理が必要な場合はさらに高額になるでしょう。新しいボイラーに交換する場合の費用は、本体価格によって大きく変わります。撤去や取り付けなどの工事費の相場が4万~5万円程度なので、本体価格にプラスして考えましょう。

4.ボイラーの故障に関するよくある質問

「ボイラーが故障したときの対処法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ボイラーが故障したとき、自分で直すことはできるでしょうか?
A.おすすめできません。どの部分に原因があり、どのような修理が必要かを判断するのは難しいでしょう。また、無理に直そうとして火災や爆発が起きる可能性も否定できません。

Q.メンテナンス不足が原因でボイラーの寿命が縮むこともあるのでしょうか?
A.その可能性はあります。ボイラーを長年使っているとほこりが蓄積し、内部の基盤がショートしてしまうこともあるのです。また、水もれなども故障の原因になるため、定期的なメンテナンスは怠らないようにしましょう。

Q.ボイラーの調子がおかしいのですが、エラー番号は表示されていません。どんな可能性があるでしょうか?
A.ボイラーが不具合を認識できていない場合は、エラー番号が表示されないこともあります。また、ボイラー以外に不具合がある可能性も考えられるでしょう。ガスや水道の供給に問題がないかを確認した上で業者に連絡してください。

Q.ボイラーの修理業者を選ぶポイントは何ですか?
A.豊富な修理実績があるか・24時間365日対応してくれるか・見積もりの内容に不明確な点がないか・アフターフォローが充実しているかなどをチェックしましょう。

Q.賃貸物件でボイラーが故障した場合はどうすればよいですか?
A.管理会社や大家さんに相談してください。特定の業者と契約している可能性があるため、勝手に手配するのはおすすめできません。

まとめ

ボイラーによくある故障や故障したときの対処法などを詳しくご紹介しました。ボイラーは生活に必要不可欠なものです。故障したときにできるだけ早く対処できるよう、ぜひこの記事を参考にして考えられる原因や自分でできる対処法を知っておいてください。