キッチンの臭いを何とかしたい! 嫌な臭いの消臭方法と予防策は?

「キッチンが臭い」「常に嫌な臭いが漂っている」など、キッチンの生ゴミ臭や独特な臭いに悩んでいる方が多いでしょう。キッチンは生ものを扱うことが多く、いろいろな臭いが入り混じりやすい場所です。また、排水口や冷蔵庫からも嫌な臭いが漂うため、清潔な状態を維持しておかなければなりません。漂っている臭いを解消し、発生させないための予防策を施しておきましょう。

本記事では、キッチンの臭いを解消・予防する方法について解説します。

  1. キッチンが臭い主な原因は?
  2. キッチンの臭いを解消する方法
  3. キッチンの臭いを予防する方法
  4. キッチンの臭いに関してよくある質問

この記事を読むことで、キッチンの臭いを解消・予防する方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.キッチンが臭い主な原因は?

キッチンの臭いを消すためには、何が臭いのもとになっているのか原因を知ることが大切です。ここでは、キッチンが臭い主な原因を紹介します。

1-1.いろいろなところに原因がある

キッチンの嫌な臭いは、いろいろなところに原因があります。たとえば、キッチンに設置しているゴミ箱からは、さまざまな食材のカスや汁ものなどの臭いが混ざり合った異臭が出ているでしょう。キッチンの臭い=生ゴミという印象が強いですが、ほかにも排水口・魚焼きグリル・コンロの周囲に飛び散った油汚れなどの臭いもあります。これらの臭いが混じり合って、独特な異臭がキッチンから発生するのです。

1-2.1番気になるのは排水口の臭い

キッチンの臭いはさまざまな原因がありますが、ほとんどは水まわりでの雑菌繁殖が原因といわれています。特に、排水口の臭いはとても強烈といえるでしょう。食べカス・洗剤のカス・油の成分など、雑菌の繁殖につながるゴミが排水口に付着し、蓄積すると悪臭が発生するのです。キッチンの悪臭の大元である排水口をキレイにすれば、嫌な臭いもある程度取りのぞくことができるでしょう。

1-3.放置すると発生する問題

キッチンの悪臭を放置すると、コバエ・ゴキブリ・ネズミなどの害虫を呼び寄せてしまいます。特に、すぐに臭いが発生しやすい夏場は要注意です。生ゴミの臭いに引き寄せられ、排水管・排水口から害虫がやってきます。一度発生すると撃退するのが難しいため、臭い対策が必要不可欠です。また、害虫だけでなくキッチンの臭いが室内の壁紙やソファー・カーテンなどの布製品に染みつく可能性もあります。臭いが染みつく原因は、換気扇の排気能力不足が関係しているでしょう。油汚れが付着したままの換気扇は排気能力不足となり、十分に換気できなくなるのです。嫌な臭いが染みつく前に、こまめに掃除してくださいね。

2.キッチンの臭いを解消する方法

それでは、キッチンの臭いを解消する方法とポイントを紹介します。

2-1.キッチンの臭いに効果的な洗剤とグッズ

キッチンの臭いを消すために、特別な洗剤と掃除グッズを用意する必要はありません。基本的に、家にあるもので臭いを消すことができます。最低でも用意しておきたいのは、以下のとおりです。

  • キッチン用中性洗剤
  • 漂白剤
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • 使い古した歯ブラシ
  • 重曹
  • お酢

上記の中でもおすすめしたいのが重曹です。重曹は自然由来の成分でできているエコ洗剤として注目を浴びていますが、掃除以外にも消臭効果・除菌効果が期待できます。消臭スプレーを作り(水100ml:重曹小さじ1)、臭いの部分に重曹水を散布するだけで、臭いの抑制効果が期待できるでしょう。さらに、ガスコンロ・換気扇など油汚れが付着しやすい部分も、つけ置きすることで除菌効果が期待でき、汚れも落とすことができるのです。つけ置きの方法に関しては、後ほど【2-4.頑固な臭いと汚れはつけ置きで落とす】で説明するのでぜひチェックしてください。

2-2.気になる排水口の臭いを消す方法

排水口の臭いも、重曹を使って消すことができます。お酢と併用して臭いを消す方法がおすすめです。実は、お酢にも重曹と同じく、嫌な臭いを消す消臭効果があります。アルカリ性の性質を持つ重曹で酸性の臭いを、酸性の性質を持つお酢でアルカリ性の臭いを同時に消すことができるというわけです。重曹とお酢を使った排水口の掃除方法は以下の順序で進めてください。

  • 排水口のフタとゴミ受けに重曹を振りかけ、古い歯ブラシでこすり洗う
  • ゴミ受けがない状態で下の排水トラップが見えなくなるほど、たっぷり振りかける
  • そこにお酢を流し入れ、シュワシュワしてきたらOK
  • そのまま30分程度放置し、お湯をかけて重曹とお酢を流し完了

2-3.生ゴミの消臭・対処法

生ゴミが常に入っている三角コーナーは、雑菌が繁殖しやすいのでゴミを取りのぞいた後に漂白剤をかけて除菌してください。細かな編み目にゴミが溜(た)まりやすい傾向があるため、スポンジでこすり洗いをするとなお効果的です。また、生ゴミの上から重曹を振りかけ、新聞紙などの吸湿効果があるもので包み、ビニール袋で密封してください。生ゴミは放置するほど腐敗臭が悪化するため、すぐに片付けることが大切です。

2-4.頑固な臭いと汚れはつけ置きで落とす

ガスコンロや魚焼きグリル・換気扇などには、頑固な油汚れが付着しやすい箇所です。油汚れがホコリを吸着すると、雑菌が繁殖し悪臭が放たれるので注意しなければなりません。頑固な臭いと汚れは、重曹を使ったつけ置きで落としましょう。つけ置きの方法は以下のとおりです。

  1. それぞれ取りはずせる部分を取りはずす
  2. 部品が入る容器に約50℃前後のお湯を入れ、そこに重曹を1カップ入れかき混ぜる
  3. その中に部品パーツをつけ置きし、1時間程度放置する
  4. 1時間後、容器に入ったパーツを取りはずし、スポンジやブラシなどでこすり洗う
  5. パーツを乾燥させてもとの位置に戻して完了

つけ置きをすることで、重曹の力によって頑固な汚れを浮かすことができます。重曹水スプレーを吹きかけても臭いが取れないときは、ぜひ試してみてください。

2-5.フキン類の臭いにも要注意!

キッチンの臭いは、そこで使用するフキンから出ていることもあります。フキンは雑菌の温床になりやすく、洗ってもなかなか臭いが取れません。そんなときは、熱湯につけ置きをしてください。熱湯によって雑菌が退治でき、臭いの発生も抑制できるでしょう。つけ置きする際に、重曹1カップを入れるのもおすすめです。重曹でつけ置きをした後は、必ず水で重曹を洗い流してくださいね。それでも臭いが取れない場合は、思いきって新調しましょう。

3.キッチンの臭いを予防する方法

キッチンの臭いを消した後は、再び悪臭が発生しないように予防する必要があります。ここでは、臭いを徹底的に予防する方法とポイントを解説しましょう。

3-1.菌を繁殖させない

1番の大切なポイントは、キッチンで菌を繁殖させないことです。雑菌が繁殖しやすい条件は、温度・湿度・栄養源の3点がそろっている場所となります。つまり、これらをすべて断ち切る工夫をすれば、雑菌の繁殖を防ぎ、臭いが抑制できるでしょう。たとえば、寝る前に、約50℃前後のお湯をシンクに流し、雑菌を退治することです。市販の除菌液や消毒用のエタノールを吹きかけるのもいいでしょう。また、栄養源となる汚れやぬめりの対策も必要です。見える範囲で構わないので、油汚れなどをすぐに拭き取りましょう。

3-2.排水管の洗浄を定期的に行う

使用後のお手入れとあわせて、定期的に排水管の洗浄も心がけてください。排水管は目に見えない場所なのでいつの間にか汚れが蓄積し異臭が漂います。そのため、定期的に市販の洗浄液で掃除しましょう。掃除頻度の目安は、1~2か月に1回が理想です。また、洗浄液を流す前に、薬剤を40~50℃程度のお湯で温めると洗浄効果がアップします。汚れと薬剤の化学反応が高まるため、ボトルごとお湯に浸けて温めましょう。

3-3.重曹を上手に活用する

キッチンの臭い予防にも、重曹が大活躍します。口の広い小皿やビンに、重曹をたっぷり入れて置いておくだけでOKです。重曹が空気中に漂う臭いを吸収してくれるため、消臭剤として活用できます。たとえ、重曹をこぼしたとしても無害なので子どものいる家庭でも安心して使えるのも大きなメリットです。また、生ゴミを捨てるゴミ箱の中に、重曹を振りかけると臭いが抑制できますよ。

3-4.生ゴミ対策のポイントは?

フタつきのゴミ箱を使ったり、ディスポーザーまたは生ゴミ処理機を設置したりする方法があります。ディスポーザーは、家庭で出る生ゴミを細かく粉砕し、そのまま下水道で流すことができ、近年人気が上昇している設備です。生ゴミを減らすことができるため、悪臭やコバエなど害虫被害も少なく済みます。また、いつでも生ゴミが処理できる生ゴミ処理機を活用するのも方法の1つです。生ゴミの臭いが抑えられるだけでなく、処理したものを肥料として再利用することもできます。地球にやさしい方法といえるでしょう。

3-5.消臭剤では解決できない

「臭いが出てきたら消臭剤を使えばいい」と思われがちですが、消臭剤だけでは臭いの原因が解消できません。消臭剤は、あくまで臭いをカバーするものです。悪臭と消臭剤からの臭いが入り混じり、さらにひどい臭いになることもあります。消臭剤を使用する際は、臭いの原因となる汚れ・雑菌をきちんと取りのぞいた上で使いましょう。

4.キッチンの臭いに関してよくある質問

キッチンの臭いに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.排水口から下水が逆流してきたときの対処法は?
A.下水から強い臭いが発生し逆流してきたときは、排水トラップまたは排水管の接続部分に問題が起きている可能性があります。この場合は、専門の業者へ修理を依頼したほうがいいでしょう。一時的に臭いを除去したい方は、約50℃のお湯を排水口に注ぎ込んだ後、氷をたっぷり入れてください。熱湯で雑菌を撃退した後に氷で冷やすことで、殺菌が繁殖しにくくなり、一時的な排水トラップ切れ防止にもつながります。

Q.魚焼きグリルを使用した後にできる簡単な掃除方法は?
A.魚焼きグリルは生臭さが残りやすいので、使用した後はすぐ洗い流してください。食器用の中性洗剤をグリルの中に張った水に垂らし、数時間つけ置きすると油が浮いてくるのでおすすめです。また、完全に冷めた状態にしてから、重曹を溶かした水をキッチンペーパーにつけて拭くのも方法の1つでしょう。重曹が汚れも臭いも取りのぞいてくれます。

Q.電子レンジからの臭いを消す方法は?
A.意外と、電子レンジからも臭いが発生しているものです。電子レンジの中は、温めたときに飛び散った油や汁などで汚れ、雑菌が繁殖しています。そのため、キレイなぞうきんを濡らし、電子レンジで1分ほど温めた後、そのぞうきんで電子レンジの中を拭いてください。それでも臭いが取れない場合は、ぞうきんを濡らす水に重曹を溶かしておくといいでしょう。

Q.重曹と市販の洗剤を混ぜてもいいのか?
A.重曹は自然素材でできているので、混ぜても問題ありませんが、重曹のままでも十分にキッチンの臭いを取ることができます。ただし、「混ぜるのは危険」と記載されている洗剤には絶対に混ぜてはいけません。乾燥肌の方や皮膚が弱い方は、洗剤と混ぜずに重曹だけ使用してください。

Q.キッチンの臭い対策でおすすめのグッズは?
A.三角コーナーを設置している方は、ぬめりがつきにくいステンレス製がおすすめです。ステンレス製のコーナーポットは、衛生面もよく掃除も楽になります。また、生ゴミ用消臭スプレーや重曹水スプレーなども常備しておくといいでしょう。いつでも使える場所に置いておくと、手入れがしやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? キッチンの臭いは、生ゴミ・排水口・魚焼きグリル・油汚れなど、いろいろな原因があります。特に、食材カスや洗剤カスなどの汚れ・油汚れがホコリと混ざり、雑菌を繁殖させては悪臭を放つことになるのです。悪臭を抑えるためには、雑菌の繁殖を抑制することが1番の対策といえるでしょう。キッチンの汚れをキレイに掃除した後、雑菌が繁殖しないようこまめな手入れを心がけてください。掃除には天然素材の重曹が役立ちます。重曹は汚れを落とすだけでなく、消臭と除菌効果が期待できるアイテムです。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!