グリストラップの臭い対策を紹介! 業者に依頼する際の注意点は?

飲食店で働いているとグリストラップの臭いに悩まされることがあるでしょう。「掃除に手間や時間をかけられない」「臭いの発生を防ぐにはどうしたらよいのか?」という人も多いと思います。飲食店にとって「清潔感」は非常に重要なポイントになるため、しっかり対処しなければなりません。

この記事では、グリストラップの掃除方法や臭いを防ぐポイントなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. グリストラップの臭いは何が原因なのか?
  2. グリストラップの掃除方法を紹介
  3. グリストラップの臭いを予防するポイント
  4. グリストラップの掃除を業者に依頼する場合
  5. グリストラップの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、グリストラップの効果的な臭い対策や、業者に掃除を依頼した場合の費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.グリストラップの臭いは何が原因なのか?

まずは、グリストラップの臭いの原因についてご紹介しましょう。

1-1.食べカスや酸化した油・腐敗臭が原因

グリストラップの臭いは、主に食べカスや酸化した油・腐敗臭などが原因となっています。グリストラップは、調理場の排水に含まれる食べカスを取り除き、水分と油脂分を分離するためのものです。定期的な清掃を怠ると、当然、グリストラップの中に蓄積した食べカスなどが腐敗して悪臭が発生することになります。

1-2.グリストラップの掃除は必要不可欠

グリストラップの役割を理解すれば、掃除が必要不可欠であるということも分かるはずです。臭いがひどくなれば、「害虫が発生する」「臭いが客席まで届くほどになる」など、飲食店としては致命的な事態を引き起こすことになります。

2.グリストラップの掃除方法を紹介

グリストラップの正しい掃除方法をご紹介しましょう。

2-1.毎日ゴミを取り除く

グリストラップの掃除で毎日行うべきなのが、固形物を取り除く作業です。この作業を毎日しておくだけでも、食べカスが蓄積して腐敗するのを防ぐことができます。ストレーナーに流れてくる固形物をキャッチするためのネットが販売されているため、活用するとよいでしょう。

2-2.週に1回は油脂分を除去する

毎日の掃除とは別に、週に1回は油脂分を除去しましょう。金網などを使って油脂分をすくい出してください。浮かべておくだけで油を吸い取るシートなどの便利グッズを活用するのもおすすめです。

2-3.専用の浄化装置を使う方法も

グリストラップ専用の浄化装置を使って掃除する方法もあります。格段に掃除が楽になりますが、初期費用がかかるため、慎重に考える必要があるでしょう。

3.グリストラップの臭いを予防するポイント

グリストラップの臭いを予防するためにはこまめな掃除が必要ですが、そのほかにも以下のような予防方法があります。

3-1.清掃剤を槽内に入れる

油脂分を溶かす効果がある清掃剤を、槽内に入れる方法です。手間が少なくて済むこと・費用が安いことがメリットでしょう。汚れがひどくなる前に使用することで、汚れの蓄積を防ぐことができます。

3-2.グリストラップを屋外に設置する

グリストラップを屋外に設置し、臭いが店内に充満しないようにする方法もあります。最近はこうした飲食店も増えてきているため、これからグリストラップを設置する場合は検討してみるとよいでしょう。ただし、掃除の必要性は変わらないため、従業員の負担が減るわけではありません。

3-3.定期的に清掃業者に依頼する

定期的に専門の清掃業者に依頼し、徹底的に掃除してもらいましょう。1~3か月に1回くらいの頻度で依頼するのが理想です。もちろん費用はかかりますが、自分たちでは取り除くことのできない部分の汚れも除去してもらうことができます。

4.グリストラップの掃除を業者に依頼する場合

グリストラップの掃除を依頼する業者の選び方や費用相場などをまとめました。

4-1.信頼できる業者選びを

安心して任せられる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系は分かりやすいか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 産業廃棄物処理業の許可を得ているか

4-2.まずは無料見積もりを依頼する

グリストラップの掃除を依頼できる業者は数多くありますが、一般的には以下のような流れで依頼することになるでしょう。

  1. 無料見積もりを依頼
  2. 現場での正式見積もり
  3. 作業日時の決定
  4. 実際の作業
  5. 支払い

4-3.掃除費用は7,500~30,000円前後が相場

グリストラップの掃除を業者に依頼した場合の費用は、7,500~30,000円前後が相場といわれています。もちろんグリストラップの容量によって差は出ますが、定期掃除を依頼すれば料金がお得になる場合も多いでしょう。また、掃除の間隔が空きすぎると大掛かりな掃除が必要になり、業者に支払う料金も高額になる可能性があります。

4-4.複数の業者を比較して選ぼう

掃除費用は業者によって異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、その内容を比較して選ぶことをおすすめします。そうすることで、大まかな相場を把握することができるでしょう。もちろん、費用だけでなく、対応の仕方や迅速さ・サービス内容などもしっかり比較して選んでください。

5.グリストラップの掃除に関するよくある質問

「グリストラップの掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.グリストラップの掃除を怠ると、悪臭以外にどのような問題が発生しますか?
A.害虫の発生や配管のつまりが起こる可能性があるでしょう。配管がつまって水が使えなくなってしまった例もあります。

Q.グリストラップは飲食店なら必ず設置しなければならないのでしょうか?
A.設置義務については飲食店の規模や地域の条例によって異なるため、事前に確認が必要です。

Q.グリストラップを自分で掃除する際に用意しておくべき道具を教えてください。
A.ゴム手袋・ビニール袋・金網・バケツなどを用意しておくとよいでしょう。

Q.屋外型グリストラップにデメリットはありますか?
A.屋内型に比べて容量が大きく槽が深いものが多いため、メンテナンスに手間がかかるのがデメリットでしょう。自分で掃除するのが難しいため、業者に依頼することが多くなり、費用もかかります。

Q.  悪質な清掃業者の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.ホームページがない・見積書に詳細な記載がない・産業廃棄物処理業の許可を持っていないなどが特徴です。

まとめ

グリストラップを掃除する方法や臭いを予防するポイントなどを詳しくご紹介しました。グリストラップの臭いについては、多くの飲食店にとって慎重に考えなければならない問題です。ぜひこの記事を参考に、グリストラップの臭い対策を実践してみてください。