庭の草むしりが楽になる方法は? 素早くできる手順とコツをご紹介!

庭の草むしりは時間と手間がかかるので、あまりやりたくない作業でしょう。しかし、雑草を放置するほど、どんどん成長し伸びてきては庭が草でいっぱいになってしまいます。害虫が発生する原因にもなるため、定期的に草むしりをする必要があるのです。庭の草むしりに必要なものや手順・ポイントをしっかりと押さえておけば、上手かつ迅速に草むしりができるでしょう。

本記事では、庭の草むしりで押さえておきたいポイントと注意点を解説します。

  1. 庭の草むしりを行うタイミング
  2. 庭の草むしりを始める前に知るべきこと
  3. 庭の草むしりを徹底的に楽にする方法
  4. 庭の草むしりに関してよくある質問

この記事を読むことで、庭の草むしりが楽になる方法とポイントが分かります。困っている方や悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.庭の草むしりを行うタイミング

まずは、庭の草むしりを行うべきタイミングを紹介していきます。次に行う草むしりのことを考えた上でタイミングを見極めると作業も楽になるでしょう。

1-1.草は水に濡(ぬ)れたほうが抜きやすい

晴天の日に草むしりをする方が多いと思いますが、実は雨が降った後のほうが草が抜きやすくなります。なぜなら、雨で地面が濡れてやわらかくなっているからです。土が乾いた状態はとても固いので、根っこから抜きにくくなります。草むしりは力を入れる作業となるため、体力的にも消耗しますが、雨の後に草むしりをすれば抜きやすくなって手間がかかりません。また、根こそぎ抜いたほうが、雑草が再生してくることもなくなります。晴れの日が続く場合は、ホースなどで地面を濡らしてから草むしりをするといいでしょう。

1-2.草の種類によってタイミングを見極める

草むしりでやっかいな雑草は、一年生雑草と多年生雑草の2種類に大きく分かれます。雑草の種類によって、草むしりのタイミングが異なるのでそれぞれの特徴を把握することが大切です。一年生雑草は春に芽吹いた株は秋に枯れ、秋に芽吹いた株は早春から繁殖し秋に枯れます。一方、多年生雑草は抜き取らない限り茎(くき)がどんどん伸び繁殖し続けるので、一年生雑草よりも手ごわいのです。それぞれの雑草は、下記のタイミングで草むしりを行ってください。

  • 一年生雑草:春に芽吹く一年生雑草は3月上旬ごろ、秋に芽吹くタイプは秋
  • 多年生雑草:雑草が生育を始める3月前後~

1-3.雑草は小さいうちに抜くのがポイント

雑草は繁殖力が強く、いつの間にか茎が土の中に伸びていき、抜き取りにくくなってしまいます。できるだけ、春先や初夏など数センチの段階である小さいうちに抜き取るようにしましょう。また、花や種をつける前の段階で抜いておけば、茎や根が広がることもありません。小さいうちに根っこごと抜くことで、翌年以降の管理も楽になりますよ。

1-4.時間帯は朝と夕方がベスト

日中は太陽の日差しが強くなるため、余計に体力が消耗し体調を崩しやすくなります。特に、夏場は熱中症の恐れがあるので日中は避けたほうがいいでしょう。草むしりに最適な時間帯は、日差しがやわらかな朝方がおすすめです。午前中から体を動かすことで健康にもいいですし、気温も涼しい時間帯なので体への負担を減らすことができます。どうしても朝方に時間が取れない方は、夕方に草むしりをしてください。

1-5.アレルギーに気をつけよう

雑草の中には、キク科のブタクサやヨモギ、イネ科のスズメノテッポウなどアレルギーが発症しやすい種類があります。スギやヒノキの花粉のように広範囲に飛散することはありませんが、アレルゲンを吸い込みアレルギーが発症するのです。できれば、雑草が開花する前に駆除してください。すでに開花してしまったら、近寄らずに草むしりの作業を業者へ依頼する選択肢も考えましょう。

2.庭の草むしりを始める前に知るべきこと

庭の草むしりを始める前に、しっかりと準備をしておく必要があります。ここでは、草むしりに必要な道具や主な手順を紹介しましょう。

2-1.事前に準備すべきこと

草むしりをする前に、動きやすい格好・虫対策・日焼け対策などを万全に整えておいてください。草むしりに適した服装は、長袖・長ズボン・首にタオル・手袋(軍手)・帽子がベストです。たとえ、暑い夏に草むしりをするとしても、半袖・半ズボンはおすすめしません。また、面倒だからとスキニーパンツで作業すると血液がスムーズに流れず、足がしびれてしまうことがあります。ゆとりのある動きやすい格好にして、ガーデニング用のゴム付き手袋と日差しを避ける帽子を着用してください。

2-2.必要な道具を用意しよう

小さな雑草なら、手で簡単に引き抜くことができますが、便利な草むしり用の道具を活用することでさらに作業が楽になります。あれば便利になる草むしり用の道具を以下にピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

  • スコップ
  • ねじり鎌
  • フォーク状の草取り
  • 根さばき

上記の中でも、ねじり鎌は小さい雑草がたくさん生えている場所に役立ちます。刃先がグラグラしないので、地面と平行にして根こそぎ剝がし取るように除草できるのです。抜いた草もとがった刃先で簡単に集めることができます。また、フォーク状の草取りは、葉が広がっている雑草を力もいれずに抜き取れるアイテムです。レンガのすき間に生えた小さい草は、盆栽に使う根さばきを使用するとスムーズに抜き取ることができます。

2-3.草むしりは狭くて目立つところから

準備が整ったら、狭くて目立つところから草むしりを始めましょう。草むしりを始める場所の選定も作業をスムーズにさせる大切なポイントです。具体的には、家の正面に面した道路脇や玄関前の植え込み・家の前を通る道から見える部分を中心に草むしりを始めましょう。スペースが狭くても目立つところは、住んでいる人への印象を大きく左右させる場所です。まずは、目立つ場所に生えている雑草を抜き取り、スッキリした外観にしてください。精神的な負担も楽になり、草むしりが楽しくなります。

2-4.雑草は根っこから抜き取る

よくありがちなのが、雑草を地上部だけ抜き取ることです。葉や茎だけを取って茎が残っている状態では、雑草が簡単に再生してしまいます。そのため、前述した草むしり用の道具を使用し、根っこから抜き取るように心がけてください。また、目立つ雑草だけ抜き取るのではなく、1回の草むしりで徹底的に雑草を根絶やしにする気持ちで挑むことが大切です。中途半端に雑草を残してしまうと、小さな芽がすぐに成長し、早いサイクルで何度も同じ場所に生えてきます。1回の草むしりで根絶やしにしたほうが、体力・精神面への負担も少なくなるのです。

2-5.短時間で済ましたい場合は的を絞る

短時間で簡単に草むしりを済ませたい場合は、的を絞って集中的に作業してください。角や端を集中的に作業することで、キレイな見た目になります。また、今日は玄関まわり、明日は門から玄関までの道など、日ごとに場所を決めて作業を分けるのも方法の1つです。1回の草むしりにかける負担を分散したい方は、気づいたときや時間があるときにこまめに行うといいでしょう。

2-6.雑草に熱湯をかける

雑草の中には、熱湯をかけることで枯れるタイプがあります。作業範囲が狭い場合は、熱湯をかけてから雑草を枯らし、抜き取りやすくするといいでしょう。ただし、熱湯で根っこまで枯れることはほとんどありません。また、雑草の種類によっては効果がないものもあるので、すべての雑草に効果があるわけではないので注意してくださいね。あくまで方法の1つとして認識しておきましょう。

3.庭の草むしりを徹底的に楽にする方法

ここでは、庭の草むしりを徹底的に楽にする方法を紹介します。

3-1.人気の草取り道具を使おう!

前述した草むしり用の道具のほかにも、インターネットを中心に人気がある草取り道具がたくさん登場しています。たとえば、野菜の皮むき器のような形をしている雑草取り専用ピーラーです。ステンレス製となっているため、初心者でも安心して簡単に使えるでしょう。また、広い場所の除草や足腰に負担をかけたくない場合は、柄が長いアイテムをおすすめします。電気で振動させ根を抜く道具もあるので、体力面に不安な方はぜひチェックしてみてください。

3-2.除草剤を使用しよう

除草剤を使用するのも、草むしりが楽になるポイントです。除草剤は生えている雑草に散布するものというイメージがあるかもしれませんが、土壌処理剤と記載されているものは生えてくる前の雑草に効果があります。草むしりの後に散布することで、キレイな状態を保ち続けられるのです。草むしりをする前に使っても意味がないので注意してくださいね。また、栽培している植物や花が枯れる可能性もあるため、使う場所が限られています。

3-3.敷き砂利、ウッドチップ、除草シートを使う

次に生えてくる雑草が抜きやすくなるように、砂利を敷いたり、ウッドチップをまいたり、除草シートを使ったりするのも方法の1つです。草は生えてきますが、抜くのがかなり楽になります。砂利は防犯対策にもつながり、ウッドチップは愛犬などの足腰負担が軽減できる役割もあるのです。草むしりをした後に、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

3-4.グランドカバープランツを活用する

グランドカバープランツは、グラウンド(地面)をカバー(おおう)するプランツ(植物)を指す芝生の1種です。植物と植物のちょっとしたすき間やむき出しの地面をなくしたいときに最適な方法となります。生えてくる雑草がカバーでき、オシャレな空間に生まれ変わるでしょう。グランドカバープランツに使用できる植物は、丈夫な多年草の草花・ハーブなどです。庭のテイストや目的に合わせて、自由にコーディネートができます。

3-5.手に負えない場合は業者へ依頼する

庭が広く、雑草が生い茂っている場合は、自分で対処するのが困難ですよね。そんなときは、業者に草むしりを依頼してください。草むしりのプロなので、適切かつ迅速にキレイな庭へと生まれ変わります。ただし、業者へ依頼する際は、事前に無料見積もりを必ずお願いしましょう。

4.庭の草むしりに関してよくある質問

庭の草むしりに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.業者に依頼する場合の費用は?
A.業者に依頼する場合の費用は、草むしりの面積で大きく異なります。職人1人当たりの単価になったり、面積で決まったりなど業者によって値段設定が変わるので注意してください。事前にホームページや電話などで費用を確認しておきましょう。あくまで目安ですが、1㎡あたり600~800円となります。事前に見積もりを取って費用の内訳をチェックしましょう。

Q.防草工事とは?
A.防草シートを使用するなどして、雑草が生えてこないように工夫を施す工事です。防草工事にもさまざまな種類があるので、詳細は業者に確認したほうがいいでしょう。定期的に草むしりを行うのが面倒に感じる方は、防草工事の検討をおすすめします。費用はかかりますが、何度も自分で草むしりをする手間が省けて、わざわざ業者へ依頼することもありません。

Q.腰痛にならないコツは?
A.草むしりを行うときは、しゃがむ姿勢をキープするので膝と腰への負担が大きくなります。できるだけしゃがむ姿勢を避け、こまめな休憩をはさみましょう。また、小さなイスに腰かけたり、膝パットや敷物を敷き膝をついたりしながら草むしりをするのもコツです。草むしりの姿勢に注意することで、苦手意識も克服できるでしょう。

Q.必ず抜いたほうがいい雑草は?
A.草丈が大きい雑草は、必ず根っこから取りのぞいてください。見るからに分かる雑草や背の高い草はとても目立つので、それらを取り除くだけでもスッキリした庭になります。見た目で変化が分かるので、草むしりのモチベーションも上がるでしょう。

Q.手早く草むしりができる方法はないのか?
A.一般家庭ではなかなか出番がありませんが、草刈り機があると雑草の処理が段違いに楽になるのでおすすめです。最近では、約2~3万円で購入できる女性向けの軽いものも登場しています。家のコンセントで充電して使うバッテリー式も出てきているので、庭が広い家庭はぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 草むしりは手間と時間がかかる大変な作業です。けれども、雑草が生育する前に早く抜き取っておけば、成長した後よりも楽に取り除くことができます。また、土を濡らしてから草むしりをする・便利な草むしり用の道具を使うなど、ポイントを押さえることで草むしりが楽になるのです。また、雑草を除去した後は、除草剤をまいたり除草シートを使ったりと対策をしておきましょう。対策をしておけば、次の草むしりが楽になります。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!