カーポートの選び方は? 種類・失敗例・業者選びのポイントをご紹介

カーポートは、サイズや色などさまざまなものがあり、どれを選べばいいかで迷うことがあるでしょう。車の高さなども考慮し、適切なものを設置することが大切です。カーポートの設置を検討されている方は、選び方のポイントを知っておきましょう。

  1. カーポートにはどんな種類があるのか?
  2. カーポート選びの失敗例
  3. カーポートの選び方
  4. カーポート設置を依頼するには?
  5. カーポートの選び方でよくある質問

カーポートの設置を、無計画に進めてしまうのは危険です。失敗例なども参考にし、適切なものを設置するきっかけにしてください。

1.カーポートにはどんな種類があるのか?

まず、カーポートの種類について見ていきましょう。

1-1.片側支柱タイプ

片側支柱タイプは、片方の支柱で屋根を支えるため、場所を取らず、すっきりした外観に仕上げることができます。施工費用も安く、比較的導入しやすいタイプでしょう。狭い場所に設置する場合にも最適です。

1-2.両側支柱タイプ

両側支柱タイプは、駐車スペースの両側に支柱を設置し、屋根をしっかり支えられます。安定感があり、積雪が多い地方でも導入されることが多いのです。風にも強く、頑丈なカーポートを探している方にもおすすめでしょう。

1-3.後方支持タイプ

後方支柱タイプは、後方の特殊な支柱4本で、屋根全体を支えています。駐車スペースを広々と使うことができるため、車の出し入れや乗降車がしやすいのがメリットです。

2.カーポート選びの失敗例

カーポート選びで起こりやすい失敗についてご紹介します。

2-1.サイズが合わない

サイズが合わないという失敗例は、数多くあります。車のサイズをきちんと確認せずに施工した場合、カーポートが狭いという事態を招くのです。スペースが十分に確保されていない場合、車庫入れがしにくいだけでなく、車の乗降に支障をきたします。

2-2.強度が足りない

強度が足りない場合、カーポートの倒壊なども起こり得ます。豪雪地帯や台風の影響を受けやすい地域は、十分な強度を確保しなければなりません。そのため、素材・タイプ・設置方法などを、業者としっかり打ち合わせする必要があります。

2-3.日照条件が悪くなる

カーポートの設置により、日照条件が悪くなったという失敗例もあります。カーポートを設置する際は、室内への日差しが遮られないよう、向きや駐車スペースの位置なども考えたほうがいいでしょう。

3.カーポートの選び方

カーポートを選ぶときのポイントなどを考えていきましょう。

3-1.必要な台数と車種を明確にする

カーポートを設置する前に、収容する台数を明確にしましょう。ライフスタイルを考慮し、将来は台数が増える可能性がないかなども考えてみてください。また、車種も考慮する必要があります。ワンボックスタイプの場合、セダンタイプより車高があるため、屋根を高い位置に設置しなければなりません。

3-2.地域や気候に応じたタイプを選ぶ

前述したとおり、地域や気候によっては、強度を高める必要があります。豪雪地帯向けの積雪荷重があるタイプや、耐風圧性能が高いタイプなど、適切なものを選ぶことが大切です。ただし、デザインが限定されてしまうケースもあるため、業者とよく相談しながらカーポートを選びましょう。

3-3.敷地条件に見合うものを選ぶ

敷地条件は各家庭で異なります。間口の広さ・道路付けなどを考慮してタイプを選ぶことが大切です。敷地の広さも踏まえ、乗降しやすく、車庫入れが簡単にできるタイプを選んでください。

3-4.屋根材で選ぶ

屋根材は、ポリカーボネート・FRP・スチール折板などです。ポリカーボネートは紫外線対策に最適で、熱線遮断効果や防汚効果があるものもあります。FRPは熱線遮断効果があるのに加え、強度が高いガラス繊維強化プラスチックです。スチール折板は遮熱効果があるだけでなく、耐荷重に優れた特性があるため、豪雪地帯などで使われるケースが多くなっています。

3-5.付加機能を考える

付加機能に重点を置いて、カーポート選びをする方もいます。カーポートの設置と同時にセキュリティー機能を高めたいという場合は、デザインと併せてライトやセンサーなどの導入も考えてみましょう。セキュリティー機能を組み込めるかどうかは、カーポートの種類やメーカーによって異なります。デザインを決める段階で、付加機能についてしっかり相談することが大切です。

3-6.デザインをトータルコーディネートして考える

カーポートを選ぶときは、家の外観・門扉・フェンスなどとトータルコーディネートをし、デザインや色を考える方法もあります。カーポート単体で考えるよりまとまりがある印象になり、おしゃれで統一感のある雰囲気を出すことができるでしょう。

4.カーポート設置を依頼するには?

カーポートの設置を依頼する業者の選び方や、業者選びでの注意点などをご紹介します。

4-1.施工実績が豊富な業者が安心

カーポートの設置は、施工実績が豊富な専門業者を選びましょう。カーポートは、柱の位置・奥行き・環境や気候などを考慮し、慎重に設置方法を考えなければならないため、知識や経験が豊富であることが重要だからです。柱を立てるときは、配管や浄化槽などの障害物を避けて設置する必要があり、位置の判断能力も問われます。また、隣家との境界線や水はねなどにも配慮し、トラブルなどを防ぐことも大切です。そのため、カーポートの設置を数多く手がけている業者を選び、適切な提案をしてもらうことがポイントとなります。

4-2.見積もりは複数の業者に依頼すること

業者によって施工費用には差があります。見積もりは、少なくとも3社から出してもらい、相場や工事費用の単価などを知ることが大切です。施工費用を比べるだけでなく、アフターフォローの有無や補償範囲・期間なども併せて確認しましょう。

5.カーポートの選び方でよくある質問

カーポートの選び方に関する質問を集めました。

Q.間口のサイズを決めるときのポイントは?
A.車は曲線的な動きをするため、回転半径を考慮して間口のサイズを決めることが大切です。車体の幅だけで判断すると狭くなり、駐車しにくくなります。車の幅より1メーター程度のゆとりを持って、間口を考えるといいでしょう。

Q.カーポートの高さを決める際の注意点は?
A.ハッチバックなどトランクを開けたときにあたらないよう、十分な高さを意識することが大切です。実際に開けてみて計測するか、メーカーに問い合わせて確認するといいでしょう。

Q.どのデザインが適切なのか迷う場合はどうすべきか?
A.色やデザインで迷ったら、専門業者に相談しましょう。実績豊富な業者であれば、過去の施工例などを参考に、適切なアドバイスをしてもらえます。パソコンのソフトで、仕上がり具合をシミュレーションしてもらう方法もおすすめです。

Q.傾斜が駐車スペースにある場合はどうすべきか?
A.傾斜がある場合、高低差を考慮して屋根の高さを決めましょう。垂直に屋根を設置してしまうと、車体とカーポートの屋根があたる可能性があります。業者に高低差を見てもらい、適切な高さを提案してもらうことが大切です。

Q.縦列駐車向けのカーポートも設置できるのか?
A.はい、できます。縦列駐車の場合、通常のカーポートより奥行きが必要です。駐車スペースに十分なゆとりがあるか、事前にしっかり確認しましょう。

まとめ

カーポートはさまざまな種類があるのに加え、地域の特性や環境に合わせたものを選ばなくてはならないため、選び方で迷うことがあるでしょう。出し入れのしやすさ・乗降がスムーズにできる・十分な高さなどを考慮し、使いやすいデザインにすることが大切です。カーポートの選び方で迷ったら、専門業者に相談しましょう。カーポートの設置を専門にする業者なら、自宅の環境に適したカーポートの提案をしてもらえます。この記事を参考にカーポートを選んでください。