浴室の換気扇の掃除方法をチェック! 簡単に綺麗になるポイントは?

「浴室の換気扇汚れを簡単に落としたい」「毎回手間と時間がかかる換気扇掃除に困っている」など、浴室の換気扇掃除で頭を抱えている方が多いでしょう。頑固な汚れがつきやすい浴室の換気扇をキレイに落とすためには、どんな汚れがつきやすいのか把握することが大切です。また、キレイにした後に汚れがつきにくい工夫を施しておけば、次の掃除が楽になるでしょう。本記事では、浴室の換気扇掃除のコツと予防方法を解説します。

  1. 浴室の換気扇掃除〜汚れの種類と頻度
  2. 浴室の換気扇掃除〜用意するものと掃除方法
  3. 浴室の換気扇掃除〜汚れがつきにくくなる予防策
  4. 浴室の換気扇掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、浴室の換気扇の掃除方法とポイントが分かります。悩んでいる方や困っている方は、ぜひチェックしてください。

1.浴室の換気扇掃除~汚れの種類と頻度

はじめに、浴室の換気扇にはどのような汚れがつきやすいのか原因を把握しておきましょう。また、掃除の問題点と理想の頻度についても解説します。

1-1.浴室の換気扇はカビの温床

浴室の湿気を除去するためにフル稼働していることが多い換気扇ですが、実はそこがカビの温床になっています。「換気しているのに浴室にカビが生える」という方は、換気扇の中にカビがびっしり生えている可能性が高いでしょう。また、浴室の換気扇は、湿気と一緒にホコリなども吸い上げています。そのため、換気扇を見上げるとカバーにたくさんのホコリがたまっている様子が分かるはずです。ホコリが湿気を吸ってしまうとさらに頑固な汚れとなり、カビの繁殖につながります。カビの温床にならないようにするためには、たまっているホコリと汚れを除去しなければなりません。

1-2.浴室の換気扇の構造を知ろう!

浴槽の換気扇は、モーターが入っている本体・回転して空気を送るシロッコファン・シロッコファンを固定しているオリフィス(ベルマウス)、フィルターで構成されています。具体的な部品は種類やメーカーによって異なりますが、ホコリが付着しやすいのはフィルターです。そして、カビの温床になりやすい場所は、フィルターやシロッコファンとなります。モーターが入っている本体にまで影響が及ぶと、換気できなくなるので定期的な掃除が重要です。

1-3.掃除しなければ換気機能が低下する

浴室の換気扇は天井にあるので、掃除がしにくくつい放置しがちです。しかし、掃除を怠るとどんどんホコリやカビがた(た)まり、換気機能が低下してしまいます。換気風量が低下してしまうと、浴室内の換気がうまくできずカビが生えやすい環境になるでしょう。また、換気扇の運転音がうるさくなったり異音がしたり、浴室内にカビの胞子やホコリが落ちてきます。不衛生な環境になるのは間違いないので、定期的に換気扇をキレイに掃除しなければなりません。

1-4.掃除の頻度は部品によって違う

モーターが入っている本体・シロッコファン・オリフィス(ベルマウス)の部品は3か月に1回、フィルターは1か月に1回の掃除が理想的です。浴室は毎日使う場所なので、週に1回フィルターを掃除しなければすぐにホコリがたまってしまいます。フィルターにホコリが付着していることが目で確認できる状態は、すでに内部はかなり汚れがたまっている証拠です。そのため、換気扇内部の掃除は3か月に1回の定期的な掃除を心がけておきましょう。

2.浴室の換気扇掃除~用意するものと掃除方法

それでは、浴室の換気扇掃除に必要なものと具体的な掃除方法について解説します。

2-1.まずは必要なものを準備しよう

基本的に、以下のものを用意しておけば浴室の換気扇掃除ができます。

  • 掃除機
  • ぞうきん
  • 台所用の中性洗剤

上記のほかにも、ファン専用のブラシを用意しておけば大量の羽の掃除が楽になりますよ。また、ぞうきんの代わりにマイクロファイバータオルを利用するのも選択肢の1つです。マイクロファイバータオルは繊維が細かいので、小さなホコリも絡め取ることができます。

2-2.具体的な方法と流れを解説!

基本的な浴室換気扇の掃除方法を流れに沿って紹介していきます。

  1. 換気扇を掃除するために電源を切る
  2. 換気扇の横にあるつまみを引っ張り、フィルターを取り出す
  3. 掃除機が使える場所にフィルターを運び、掃除機でついている汚れを吸い取る
  4. フィルターの表面にたまったホコリをぞうきんまたはマイクロファイバータオルで水拭きする
  5. 汚れが取れない場合は、中性洗剤をつけたタオルで水拭きする

上記の方法は、週に1回行うフィルターの掃除方法です。
フィルターに黒ずみがついている場合は、バスマジックリンなど風呂用中性洗剤・ブラシ・スポンジなどを使用して以下の方法で掃除します。

  1. 洗面所のシンクなどに水を張り、そこにフィルターを浸し中性洗剤を5~6プッシュほどかけて放置する
  2. 数分間放置した後に、細かい部分をブラシやスポンジでこする
  3. ついている洗剤をしっかりすすいで乾燥させる
  4. フィルターが完全に乾いたら元に戻して完了

2-3.シロッコファンが取りはずせる場合はつけ置きがおすすめ

浴室乾燥機の中には、フィルターだけでなくシロッコファンが取りはずせるタイプがあります。パーツをすべてはずしてからつけ置きで汚れを落とす方法がおすすめです。具体的な方法と流れは下記の通りとなります。

  1. フィルター→オリフィス(ベルマウス)→シロッコファンの順でパーツをすべて取りはずす
  2. パーツを中性洗剤でつけ置き洗いする
  3. シロッコファンを戻す前に、本体内部の汚れを中性洗剤を染み込ませた布で拭き取る
  4. つけ置きしていたパーツをすべて洗い流し、乾燥させてから元の位置に戻す

最初はパーツの取りはずしに時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば高い位置での掃除作業が軽減されます。シロッコファンが取りはずせる換気扇だと、掃除も格段に楽になるでしょう。

2-4.掃除前に必ず電源を切ること

浴室換気扇の掃除で気をつけておかなければならないのが、掃除前に必ず電源を切ることです。電気が通ったまま換気扇を掃除すると、感電やケガの原因になるので必ず換気扇のスイッチとブレーカーを切りましょう。また、換気扇は電気機器となるため、換気扇本体に洗剤や水を吹きかけないようにしてください。基本的に、換気扇掃除は水気厳禁です。本体内部を掃除する際は、洗剤を染み込ませ固くしぼったぞうきんを使いましょう。

3.浴室の換気扇掃除~汚れがつきにくくなる予防策

キレイに掃除した換気扇を維持し続けるために、汚れがつきにくくなる予防策を実践しましょう。

3-1.気づいたときに掃除する

入浴しているとき、天井についている換気扇にホコリがついていたら、すぐ掃除することが大切です。すぐに掃除することで、カビ菌の繁殖やホコリによる詰まりを防ぐことができます。掃除に手間がかかるのは最初だけなので、後は定期的な掃除と気づいたときにサッとホコリを拭き取っていけばキレイな状態がキープできるのです。

3-2.浴室内にカビを発生させない

浴室内にカビを発生させない工夫を施すことで、換気扇へのカビ侵入と発生の予防につながります。基本的に、カビは温かくて湿気があるところを好む傾向があるため、常に換気を心がけましょう。換気扇を回し続けることはもちろんですが、浴室に窓がついている場合は定期的に開けて換気します。また、浴室内が温かいままにならないように、入浴後は冷たいシャワーで床や壁を冷やしてください。

3-3.換気扇に使い捨てのフィルターをつける

100円均一ショップなどでは、換気扇に取り付ける使い捨てのフィルターが販売されています。フィルターをつけておくだけで、ホコリの付着を未然に防ぐことができるのです。ホコリがたまれば、フィルターをはずして捨てるだけなので後処理も楽になるでしょう。ホコリの付着を最小限に抑えることで、掃除も楽になりますよ。

3-4.便利グッズをご紹介!

掃除や予防策に、次々と登場している浴室換気扇の便利グッズを活用するのも方法の1つです。たとえば、どのような汚れにも対応できるマルチクリーナーやメラミンスポンジ、換気扇専用のブラシなどがあります。100円均一ショップだけでなく、薬局やスーパー等でも便利なグッズが販売されているのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。掃除が面倒に感じる方や苦手な方は、便利なグッズを使うことで手軽に掃除ができ習慣化しやすくなりますよ。

3-5.自分での掃除が無理な場合は業者へ依頼する

ひどい汚れがついている場合や、カバーが取りはずせないタイプの換気扇、掃除が困難な場合は、自分で無理に掃除しようとせず専門の清掃業者に依頼してください。費用節約のために無理をしてしまうと、転んでケガをしたり換気扇を壊したりする恐れがあります。浴室換気扇の掃除に無理は禁物です。また、業者へ依頼する際は、できるだけ実績があるところを選びましょう。

4.浴室の換気扇掃除に関してよくある質問

浴室の換気扇掃除に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.浴室換気扇の寿命は何年か?
A.種類やメーカーによって異なりますが、10年前後が寿命だといわれています。10年以上使い続けている浴室換気扇は、機能自体が弱っている可能性があるので、不具合が気になるなら思いきって新しい浴室換気扇に交換したほうがいいでしょう。換気扇の修理には2〜5万円ほどかかるといわれているため、新しい換気扇に交換したほうが費用も抑えることができます。

Q.カビ取り剤は使用しないほうがいいのか?
A.浴室換気扇の掃除にカビ取り剤を使用すると、製品が変色・変形・破損する可能性があります。カビ取り剤のほかにも、アルコール・ベンジン・アルカリ性の洗剤・研磨剤入りの洗剤は使わないほうがいいでしょう。また、パーツを洗うときに金属たわしを使用するのもNGです。金属たわしで傷つき、そこに汚れがたまりやすくなってしまいます。できるだけ、やわらかいスポンジや布を使ってくださいね。汚れを拭き取る際は、なるべく力を入れずやさしく洗いましょう。

Q.修理や交換が必要なケースは?
A.丁寧に掃除をしても異音が収まらない・換気機能が元どおりにならないという場合は、修理や交換が必要なケースです。何かしら本体に異変が起きているか、部品が劣化しているなどの原因が考えられるので専門の業者に相談してください。ここで無理に扱ってしまうと、故障の原因になるため注意しましょう。

Q.取りはずせるパーツにならカビ取り剤は使えるのか?
A.浴室換気扇の種類によっては、取りはずせるパーツにだけカビ取り剤が使えるケースがあります。たとえば、取りはずしが可能なファンやフィルターなどです。頑固な黒ずみやカビがついている場合は、キッチンペーパーをかけて、その上からカビ取り剤をよく行きわたるまでかけてください。そして、その上からラップをかけ1時間ほど放置した後によく洗います。カビ取り剤が使えるか、念のために取扱説明書等で確認しておきましょう。分からない方は無理に自分でせず、頑固な汚れは業者へ依頼したほうが安心です。

Q.業者へ依頼する際の費用はいくらぐらいか?
A.換気扇の種類で異なりますが、構造がシンプルな換気扇の場合は4,000円程度でキレイにしてくれるでしょう。構造が複雑な場合は時間と手間がかかるため、1万円程度になる可能性があります。いずれにせよ、お願いする前に見積書を細部まで確認することが大切です。中には、清掃後に追加料金を請求する悪徳業者が存在しているので注意してくださいね。できるだけ費用を抑えたい方は、複数の業者を比較し、お得なセット料金で掃除をしてくれる業者を選ぶといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 浴室の換気扇はカビの温床になっており、湿気と一緒にホコリも吸い込んでいます。そのまま放置すると、換気扇を回すたびに、ホコリやカビの胞子が浴室内に漂ってしまうことになるでしょう。できれば、フィルターの掃除は月に1回、3か月に1回の内部掃除を心がけてください。定期的に掃除することで、換気扇だけでなく、快適な浴室がキープできます。ただし、徹底的に掃除しようと分解したり、無理にフィルターをはずしたりするのはNGです。自分で掃除するのが困難な場合は、清掃業者へ依頼してくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!