ウォシュレット掃除はどうやる? 頻度・道具・手順などを詳しく解説

ウォシュレットは、黒ずみや汚れが蓄積しやすいものです。とはいえ、掃除の手順が分からない・掃除はどのくらいの間隔でやるべきかなど、疑問が出てくるでしょう。ウォシュレットを清潔な状態で使うためにも、掃除の仕方を身につけておくことが大切です。本記事を参考に、ウォシュレットを掃除してみましょう。

  1. ウォシュレットの汚れやすい部分は?
  2. ウォシュレットを掃除する頻度
  3. ウォシュレット掃除に必要な道具
  4. ウォシュレットを掃除する手順
  5. ウォシュレット掃除をプロに依頼するには?
  6. ウォシュレット掃除でよくある質問

ウォシュレットの汚れを放置すると、雑菌が繁殖してしまいます。また、時間が経過するほど汚れが落ちにくくなるため、気づいたらすぐ掃除をするように心がけましょう。

1.ウォシュレットの汚れやすい部分は?

ウォシュレットの中で汚れやすいパーツをご紹介します。

1-1.ノズル

ノズルは、水の吹き出し口であるため、汚れがこびりつきやすい場所です。水垢(みずあか)やカビがたまり、雑菌が繁殖する恐れがあります。雑菌が繁殖した場合、感染症などのリスクが高まるので注意してください。

1-2.便座の裏面

便座の裏面は、ウォシュレットの水が跳ね返り、汚れが残りやすい場所です。汚れが定着すると悪臭を放つため、便座を持ち上げ、こまめに拭き取り掃除を行いましょう。

1-3.便座の表面

便座の表面は、肌が触れる場所であるため、皮脂や汗が付着します。なるべく使ったら拭き取る習慣を持ちましょう。便座の表面は、静電気によるホコリの誘引も起こります。皮脂・汗・ホコリが結合すると、黒ずみやくすみの原因となるので注意しましょう。

1-4.リモコン・操作部分

リモコンや操作部分は、ホコリによる汚れが目立つ場所です。ホコリの蓄積によって発火やセンサーの故障が起きるため、汚れやホコリを雑巾で拭き取るなど、定期的な掃除を実践してください。

1-5.ウォシュレット本体カバーと便器のすき間

ウォシュレット本体カバーと便器のすき間は、ホコリや汚れがたまります。掃除を怠った場合、黄ばみに変化してしまうケースもあるのです。本体を取り外し、定期的に掃除を行いましょう。

2.ウォシュレットを掃除する頻度

ウォシュレットはどのくらいの頻度で掃除をすればいいのでしょうか? 適切な掃除頻度を考えていきます。

2-1.手が届く範囲はなるべく日常清掃に組み込む

便器の表面と裏面、リモコン・操作部分など、手が届く範囲の場所は、なるべく日常清掃に組み込みましょう。汚れが定着する前に掃除をすることが、衛生的な環境を維持する秘訣(ひけつ)です。

2-2.1年に1回は入念な掃除を実践する

ウォシュレットは、1年に1回は入念に掃除を実践してください。本体カバーの取り外しを行い、トイレタンク前や便座とのすき間など細かな部分までしっかり汚れを落としましょう。脱臭機能が搭載されている場合は、フィルターのチェックも行い、ホコリなどを取り除いてください。

3.ウォシュレット掃除に必要な道具

ウォシュレット掃除をする際にあると便利な道具をご紹介します。

3-1.歯ブラシ

歯ブラシは、ノズルなど細かな場所を掃除するのに役立ちます。噴射口につまった汚れも、しっかりかき出すことができるでしょう。場所に応じて使い分けができるよう、複数本を用意しておくと便利です。

3-2.中性洗剤

トイレ用の中性洗剤を用意しておけば、さまざまなパーツの掃除に役立ちます。便器内の掃除にも応用できるのがメリットです。ノズル掃除に使うこともできます。ただし、水垢はトイレ用中性洗剤では落とすことができません。水垢には、クエン酸を溶かした水をスプレーして磨くといいでしょう。

3-3.トイレ用掃除シート

トイレ用掃除シートは、拭き掃除を簡単に終えることができるアイテムです。リモコン・操作部分の拭き掃除にも使えます。脱臭フィルターに付着したホコリも、シートで拭き取り掃除をするだけで、簡単に取り除くことができるでしょう。使用後、水に流すことができるタイプも市販されています。

3-4.ノズル洗浄スプレー

ウォシュレットのノズルには、専用の洗浄スプレーを使いましょう。泡がノズルに付着し、汚れを溶かして簡単に落とすことができます。また、除菌効果もあるため、雑菌などの繁殖を抑制することができるのがメリットです。

4.ウォシュレットを掃除する手順

ウォシュレット掃除の手順を、掃除頻度別に見ていきましょう。

4-1.日常清掃

日常清掃では、便座の表面・裏面・ふたなどをきれいにしましょう。トイレ用中性洗剤を使い、満遍なく拭き掃除をします。トイレ用掃除シートで、簡単に拭き取るだけでも構いません。1日1回の掃除を続けていたら、頑固な汚れになるのを防ぐことができます。

4-2.1か月に1回の掃除

日常清掃に加え、1か月に1回は、リモコンやノズルなど細かな部分の掃除を実践しましょう。

4-2-1.ノズル掃除

ゴム手袋を装着してください。ノズル洗浄スプレー以外に、綿棒や古布を巻きつけた割り箸を用意しておくと、すき間掃除に役立つでしょう。PanasonicやTOTOなど大手メーカーのウォシュレットは、ノズル掃除機能が搭載されているモデルもあります。

4-2-2.脱臭フィルター

脱臭フィルターのホコリ除去も、1か月に1回は実践しましょう。トイレ用掃除シートで拭き取るか、歯ブラシを使ってこすり落とします。頑固な汚れが付着している場合は、水洗いを行ってください。ただし、機種によってはカートリッジと一体型になっており、水洗いができないものもあります。

4-3.1年に1回は大掃除を実践

1年に1回は、ウォシュレット本体カバーを取り外し、入念なメンテナンスと掃除を実践しましょう。

【ウォシュレット本体と便座のすき間】
ウォシュレット本体と便座のすき間には、ホコリや汚れが蓄積しています。トイレ用中性洗剤・綿棒・古布を巻いた割り箸を使い、頑固な汚れを取り除いてください。ウォシュレット本体カバーの取り外しには、ドライバーが必要な場合があります。また、機種によっては、本体を持ち上げるリフトアップ機能が搭載されているものもあるでしょう。取り扱い説明書に従い、取り外しを行ってください。

【ウォシュレット取りつけ部分】
便座は、ウォシュレットを取りつけている部分に、汚れや黄ばみが発生します。トイレ用中性洗剤・トイレ用掃除シートなどを使い、拭き掃除をしましょう。黄ばみの除去には、酸性タイプの洗剤が適しています。ただし、便座の劣化を招くため、黄ばみがある箇所だけに使用してください。

5.ウォシュレット掃除をプロに依頼するには?

頑固に汚れが付着している場合や、カバーの取り外しが難しい場合は、プロの業者にウォシュレット掃除を依頼しましょう。

5-1.ハウスクリーニングなどを手がける業者に依頼する

ウォシュレット掃除は、ハウスクリーニングなどを手がける業者へ依頼しましょう。頑固な汚れや黄ばみも、業務用洗剤でしっかり落としてくれます。黒ずみや水垢など、自分では落としにくい汚れもきれいになり、ウォシュレット全体がリフレッシュされるでしょう。ハウスクリーニング業者へ依頼するときは、業者のホームページから問い合わせをするか、電話で依頼してください。

5-2.丁寧な作業がモットーの業者を選ぶこと

ウォシュレット掃除を依頼するときは、丁寧な作業をモットーにしている業者を選んでください。見積もりや相談時に担当者の対応を見て、作業への姿勢や知識などを確認することが大切です。明確な料金プランを用意していることも、業者選びでは重要なポイントとなります。複数の業者から見積もりを出してもらい、費用と内訳をしっかり確認しましょう。

5-3.ウォシュレット掃除の実績がない業者は避けること

ウォシュレット掃除は、本体カバーの取りつけ・取り外しが必要です。掃除の実績がない業者は、取りつけ・取り外しを行う際にトラブルが起こりやすく、ウォシュレットの不具合や故障につながる恐れがあります。依頼前に、必ずウォシュレット掃除の実績を確認してください。

6.ウォシュレット掃除でよくある質問

ウォシュレット掃除に関する質問を集めました。

Q.水垢や尿石などが付着している場合、洗剤は何を使うべきか?
A.クエン酸を水に溶かしたスプレーを使いましょう。クエン酸は、水垢や尿石を中和し、柔らかくして落としやすい状態にしてくれます。クエン酸を用意しておくと、ウォシュレット掃除が楽にできるでしょう。

Q.ウォシュレット掃除を行う際は、点検もしたほうがいい?
A.掃除と一緒に、ウォシュレットの点検も実践してください。オイル漏れ・ストレーナーの緩み・センサーの反応具合など普段目に触れることがない部分を点検することで、異常を早期発見するいい機会になるでしょう。

Q.ノズルが出ない場合はどうすべきか?
A.ノズルの収納部分を取り外し、ノズルを引き出して掃除しましょう。ノズルは繊細なパーツであるため、優しく扱うように心がけてください。

Q.掃除を怠った場合、ウォシュレットは劣化するのか?
A.はい、劣化します。汚れの蓄積やカビによる腐食で、パーツが傷んでしまうからです。水漏れなども誘発するため、こまめに掃除をするように心がけましょう。

Q.ノズル洗浄スプレーを吹きつけるだけでもきれいになるのか?
A.柔らかい汚れであれば、きれいになります。頑固な汚れがある場合は、こすり洗いを行ってください。ノズル洗浄スプレーは、手を汚さずに掃除ができるため、1つ用意しておくと便利でしょう。

まとめ

ウォシュレットは、汚れやホコリなどが蓄積します。カビも発生しやすく、水垢や尿石などの落としにくい汚れもあるため、こまめに掃除をすることが大切です。日常清掃にウォシュレット掃除も組み込み、普段からきれいな状態を維持するように心がけましょう。また、1年に1回、ウォシュレット本体カバーを取り外し、大掃除を行ってください。外し方が分からない・落としにくい汚れがあるなど、自分で対処できない場合は、プロの業者に依頼することも考えてみましょう。