キッチンの換気扇掃除を解説! 台所汚れは重曹やセスキソーダが最適

キッチンや台所は、調理時の油が飛び散り、頑固な汚れが発生します。特に、換気扇は汚れが蓄積しやすく、掃除で苦戦することが多いものです。ファンやフィルターなどを取り外し、きちんと洗うことがポイントになります。換気扇の掃除方法やポイントを理解し、キッチン周りをきれいにしましょう。本記事では、換気扇の掃除についてご紹介します。

  1. キッチンの換気扇:汚れや掃除について
  2. キッチンの換気扇:掃除方法について
  3. キッチンの換気扇:汚れを予防する方法
  4. キッチンの換気扇掃除でよくある質問

この記事を読むことで、キッチンの換気扇掃除についてよく分かります。換気扇掃除を実践した後は、普段から汚れを予防するように工夫してください。

1.キッチンの換気扇:汚れや掃除について

換気扇に付着する汚れや、掃除の重要性などをご紹介します。

1-1.キッチンの換気扇について

キッチンの換気扇に付属されているファンは、プロペラファン・シロッコファン・ターボファンの3種類があります。シロッコファンが、現在主流となっているファンです。レンジフードにはスリム型・ファルコン型・フラット型・ブーツ型があり、最も普及しているのはブーツ型となっています。

1-2.汚れについて

キッチンの換気扇に付着する汚れは、主に油です。また、浮遊するホコリを吸い込むことで油と絡まり合い、頑固な汚れになります。時間の経過とともにこびりついてしまい、なかなか落とすことができないのが悩みです。

1-3.換気扇掃除の重要性・頻度など

換気扇の油汚れは、蒸気で液状化し、調理中に落ちてくることがあります。蓄積した油は雑菌の温床なので、落ちた油で食中毒を起こす危険性もあるでしょう。また、汚れを放置した場合、目詰まりによってファンの動きが悪くなり、ネジの腐食が起こるなど、故障を引き起こす原因となります。換気能力が低下し、室内に臭気がこもることもあるでしょう。消費電力が上がり、光熱費もかさむため、きちんとメンテナンスをすることが大切です。キッチンの換気扇は、毎日調理する際に使われ、日々汚れが増えていきます。フィルター掃除は週に1回、分解を要する掃除は3〜6か月に1回を目安に行ってください。

2.キッチンの換気扇:掃除方法について

換気扇掃除で用意するものや手順などを解説します。

2-1.用意するもの

換気扇の掃除をするときは、ゴム手袋・新聞紙・布・スポンジ・歯ブラシ・割りばしを用意しましょう。洗剤は、セスキ炭酸ソーダ・重曹・オキシクリーンなど、油汚れに強いものを選んでください。布は、10cm角程度の大きさにカットし、汚れたらきれいなものに交換する使い方がおすすめです。

2-2.掃除方法・ポイント・流れ

換気扇掃除の際は、安全を確保するため、コンセントを抜いてください。新聞紙や大きめのビニールで換気扇の周辺を養生しておけば、汚れが落ちても安心です。フィルターやファンは取り外し、内部までしっかり洗浄しましょう。以下の手順に従って進めてください。

  1. コンセントを抜く
  2. 周辺の養生
  3. フィルターを外す
  4. ネジを緩めてファンを取り外す
  5. フィルターとファンに洗剤付けて時間を置く
  6. 歯ブラシで細かい部分をこすり洗い
  7. 浮いた汚れは布でふき取る
  8. 換気扇内部の掃除
  9. レンジフードのふき取り掃除
  10. 分解したパーツの水洗いと乾燥
  11. フィルターとファンの取り付け

換気扇の油汚れは、とても頑固で落としにくいものです。洗剤を溶かした水につけ置きをし、汚れが浮いてからこすり洗いをしてください。頑固にこびりついた汚れは、洗剤を付けた後、キッチンペーパーで覆い、汚れが柔らかくなってから洗えば、楽に落とすことができます。こすり洗いで落ちない汚れは、割りばしで削り取るのがポイントです。

2-3.プロに依頼する方法も考えよう

換気扇掃除は、部品の分解が必要です。そのため、手が届かない方や分解に不安を感じる方は、プロに掃除を依頼する方法も視野に入れておきましょう。プロの掃除業者なら、細かい部分までしっかり汚れを落とすことができ、換気扇やキッチン周りがすっきりした状態になります。

2-4.換気扇掃除の際はケガに注意

換気扇は金属部品が多いため、指先をケガすることがあります。ゴム手袋は必ず着用し、慎重に作業を進めてください。また、高所作業になるため、安定した踏み台を利用して作業しましょう。

3.キッチンの換気扇:汚れを予防する方法

キッチンの換気扇は、日々の汚れが定着して頑固な汚れになります。掃除と併せ、汚れの予防法も実践しましょう。

3-1.日々のお手入れ方法

調理後は、必ず軽いふき取り掃除をしましょう。汚れが柔らかいうちなら、ふき取るだけで落とすことができます。ホコリはこまめに取り除き、目詰まりを防ぐことも大切です。

3-2.換気扇の汚れ予防に役立つ便利なグッズ

フィルターの表面に取り付ける不織布は、内部まで油やホコリが侵入しないように食い止める効果があるため、汚れ予防に最適です。ただし、不織布の汚れ具合を見て、定期的に交換をしてください。換気扇の汚れ防止剤も市販されています。防汚効果だけではなく、汚れが付着しても落としやすくなるのがメリットです。スプレー式のものが使いやすいでしょう。

3-3.汚れ予防をしても掃除は行うこと

換気扇の汚れ予防に、フィルターや汚れ防止剤を使っても、定期的に換気扇の掃除は行ってください。油汚れやホコリは、見えない部分に定着している場合もあります。きちんとファンやフィルターを取り外し、内部までしっかり掃除をしましょう。

4.キッチンの換気扇掃除でよくある質問

換気扇の掃除や汚れに関する質問を集めました。掃除の参考にしてください。

Q.普段のお手入れをするときは、どのような洗剤を使ったらいいのか?
A.普段のお手入れには、重曹水がおすすめです。500mlの水に対し、大さじ2杯程度の重曹を加えて作ります。スプレーボトルに作っておき、日々のお手入れに役立ててください。

Q.換気扇の外し方が分からないときはどうすべきか?
A.取り扱い説明書には、換気扇の取り外し方が記載されています。記載内容に従って進めてください。ただし、ネジをはめる位置が分からなくなることがあります。はめる場所を覚えておきましょう。

Q.水洗いをするときは、ぬるま湯のほうがいいのか?
A.ぬるま湯のほうが、油汚れを溶かしやすいでしょう。洗剤に浸(ひた)した後、熱湯をかけてから次の工程に進めば、汚れ落とし効果がより高まります。

Q.フィルターの目詰まりを取ることができない場合はどうすべきか?
A.フィルターは、こするよりつけ置き洗いがおすすめです。シンクにビニール袋を敷いてからぬるま湯を張り、洗剤を加えてからフィルターを浸(ひた)します。10分ほど放置するだけで、汚れが浮いて落としやすくなるでしょう。

Q.換気扇に付着しているのは酸性の汚れ?
A.はい、油汚れは酸性です。そのため、アルカリ性の洗剤を使い、汚れを中和して落とす方法が効果的でしょう。

まとめ

いかがでしたか? キッチンや台所には、調理中の油汚れが飛び散ります。特に、換気扇は汚れが定着しやすいので、こまめな掃除を心がけましょう。換気扇の汚れは、雑菌の温床です。調理中の蒸気で溶け落ち、食中毒が発生する恐れがあります。目詰まりやファンの動作不良により、光熱費がかさむこともあるでしょう。3〜6か月に1回は分解して掃除をし、内部までしっかりきれいにしてください。普段から換気扇の汚れを予防する工夫をし、日々のお手入れも実践することが大切です。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!