大変な倉庫の片付けを効率的に行うには? 不用品を処分する方法も!

「倉庫を片付けたいが何から手をつけたらよいのか分からない」「プロに片付けを依頼すべきか迷っている」とお困りではありませんか? 普段使わないものや大型のものを収納しておくのに便利な倉庫ですが、きちんと片付けておかなければ何がどこにあるか分からなくなって大変です。せっかくの収納スペースを有効活用できるように、片付けのコツを知っておきましょう。

この記事では、倉庫を片付ける手順や収納のポイント・片付けで出た不用品の処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 倉庫の片付けが大変な理由は?
  2. 倉庫の片付け方法を紹介
  3. 倉庫の片付けで出た不用品はどう処分するのか?
  4. 倉庫の片付けをプロに依頼する方法
  5. 倉庫の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、倉庫を片付ける必要性やタイミング・プロに依頼する場合の費用相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.倉庫の片付けが大変な理由は?

まず、倉庫の片付けが大変な理由や片付けの必要性についてまとめました。

1-1.スペースが広いため何でも入れてしまう

倉庫はスペースが広いため、つい何でも入れてしまいがちです。普段あまり使わないものや、不要だけど捨てられないものなど、無造作に詰め込んでしまうことが多いでしょう。そのため、最終的には何を収納してあるか分からなくなってしまいます。何が入っているか分からない場所を片付けるのは、とても困難なことです。

1-2.大きいため片付けにくい

倉庫は大きいため、片付けようと思ってもどこから手をつけてよいか分からなくなりがちです。そして、大変な時間と労力が必要になるでしょう。そのため、なかなか片付ける気になれず、放置してしまう人も多いのです。

1-3.不要なものまでしまってある

倉庫の中には、必要のないものまでしまってあることがよく見られます。つまり、倉庫内を片付けるためには不要なものを仕分けして処分しなければならないのです。何が必要で何が不要かを見極め、適切な処分方法を考えるのは、非常に大変な作業になります。

1-4.放置すればするほど使いにくくなる

倉庫内は散らかりやすいため、その状態を放置すればするほど使い勝手が悪くなります。必要なものがどこにあるか分からず、探すのに時間がかかってしまうでしょう。ものがあふれていると奥のほうまで入っていくことも困難になり、使いたいものを取り出すこともできなくなってしまいます。せっかくの大きな収納スペースを有効活用するためにも、定期的な倉庫の片付けは必要なのです。

2.倉庫の片付け方法を紹介

倉庫を片付ける手順やポイント・タイミングなどをまとめました。

2-1.まず、何が入っているか把握する

倉庫内に何が入っているか把握するために、すべて出してみましょう。そうすることで、スペースに対して適切な量が収納されているか・不要なものは収納されていないか・あとどのくらい収納できるかなどが分かります。また、中身をいったん出すことで、使い勝手をよくするにはどうすればよいかを考えながら収納し直すことができるでしょう。

2-2.必要なものと不要なものを仕分けし、不要なものを処分する

次に、出したものを必要なものと不要なものに仕分けしていきましょう。中には、「持っていることも忘れていたもの」や「何年も使っていないもの」などもあると思います。そういったものをすべて処分することで、倉庫内のものを減らしてしまいましょう。処分方法は素材や大きさなどによっても異なるため、どうやって処分すべきか考える必要があります。

2-3.収納のポイントを押さえながら配置し直す

不要なものを処分したら、必要なものを倉庫内に配置し直していきます。このとき、収納のポイントとなるのは「出し入れのしやすさ」を重視することです。使いたいときにすぐ取り出すことができ、使い終わったら簡単にしまうことができるように収納していく必要があります。理想は、一目で何がどこにあるか分かる状態にすることです。

2-4.1年以上使っていないものは「不要なもの」

片付けのポイントは、1年以上使っていないものは「不要なもの」と判断し、処分することです。必要なものと不要なものを仕分けする際、その判断に迷うことが必ずあります。そんなときは、「この1年で1回でも使ったかどうか」を判断基準にしてください。1年以上使っていないものは、今後も使うことはありません。思いきって処分しましょう。

2-5.思い立ったときが片付けのタイミング

「倉庫の片付けをしなければならない」と思ったときが、片付けのタイミングです。後回しにすればするほど倉庫にものがあふれ返り、片付けるのがどんどん大変になってきます。ただし、倉庫の片付けには時間がかかることが予想されるでしょう。時間がないときに取りかかっても中途半端になってしまい、挫折してしまいがちです。できれば夏休みや年末など、ゆっくり時間が取れるときに片付ける計画を立てておくとよいでしょう。

2-6.安全確認を忘れずに

倉庫の片付けには安全確認が必要不可欠です。倉庫内には、積み重ねてあるものや高い場所に収納してあるものもあると思います。作業中に崩れてきたり落ちてきたりする危険もあるため、十分注意してください。

3.倉庫の片付けで出た不用品はどう処分するのか?

倉庫の片付けで出た大量の不用品を処分する方法についてご紹介します。

3-1.自治体のゴミ回収を利用して自分で処分する

自宅の倉庫から出た不用品は、自治体のゴミ回収を利用して処分できます。ゴミの分類方法や捨て方は自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどに自分で仕分けをし、ルールを守って捨てましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に申し込みや処理券の購入が必要になる自治体もあるため、確認してください。

3-2.不用品回収業者に依頼する

「不用品が大量にあり、自分で処分するのが難しい」「手間と時間をかけずに処分したい」という場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。希望の日時を指定すれば自宅まで不用品を回収しに来てくれるため、自分で分別したり運んだりする必要はありません。回収と同時に買取も受け付けている業者に依頼すれば、状態のよいものは買取してもらえるためお得です。

3-3.会社の倉庫から出た不用品は自治体処分できない

会社の倉庫から出た不用品は産業廃棄物として扱う必要があるため、自治体のゴミ回収を利用できません。処分する際は、産業廃棄物収集運搬許可を持った業者に依頼する必要があるのです。会社で契約している回収業者があるはずなので、どのようなゴミを回収できるのか事前に確認しておきましょう。

4.倉庫の片付けをプロに依頼する方法

倉庫の片付けをプロの業者に依頼すべきケースや費用相場・業者選びのポイントなどをまとめました。

4-1.業者に依頼すべきなのはこんなとき

倉庫の片付けを業者に依頼すべきなのは、以下のようなケースです。

  • 会社の倉庫を片付けたい
  • ものが崩れてきそうで危険
  • 人手が足りない
  • 不用品が大量にある
  • 手間や時間をかけず片付けたい
  • 処分費用を浮かせるために買取に出すこともしたい

4-2.悪徳業者の存在に注意

不用品回収業者の中には、必要な許可を持たずに営業するような悪徳業者も存在します。そのような業者は、回収した不用品を不法投棄するなどの違法行為をしている可能性もあるのです。また、見積もりと違う高額な料金を請求された例や、見積書の内容に納得できず断ったら脅された例なども報告されています。そのような業者を利用しないよう、慎重に業者選びをしてください。

4-3.費用は1万~10万円と幅がある

倉庫の片付けを業者に依頼した場合の費用は、不用品の量や作業員の人数などによって1万~10万円前後と幅があります。また、業者ごとに料金設定が異なるため、事前に数社の見積もりを比較しておくのがおすすめです。業者によっては、一部無料で回収できる品目を設定しているところもあるため、確認してみるとよいでしょう。

4-4.安心して任せられる業者は?

片付けを安心して任せられる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業や産業廃棄物収集運搬業・古物商の許可を得ているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 事務所の所在地を明らかにしているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 丁寧でスピーディーな対応か

5.倉庫の片付けに関するよくある質問

「倉庫を片付けたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.会社の倉庫を片付けることには、どのようなメリットがありますか?
A.探しものがなくなり、仕事の効率がよくなるでしょう。また、「どこに何があるか分からない」というストレスから解放されるはずです。

Q.倉庫の収納量に対してどのくらいの割合でものが収納されている状態が理想でしょうか?
A.6~8割以下の量が収納されている状態が理想です。スペースに余裕ができ、出し入れしやすくなります。

Q.使いやすい倉庫にするためには、どのようなことに注意して収納すればよいですか?
A.重いものを下にして軽いものを上に積んでいきましょう。使用頻度の低いものは奥に、よく使うものは手前に収納すると使いやすくなります。また、長いものは立てかけて収納するのがおすすめです。

Q.不用品回収業者による回収方法にはどのようなものがありますか?
A.業者によっては持ち込み回収や宅配回収も行っていますが、倉庫から出た大量の不用品を回収してもらうなら出張回収がおすすめです。

Q.倉庫から出た不用品の一部を買取してもらいたいのですが、高価買取のポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品があればすべてそろえておくことです。また、できるだけ早く買取に出しましょう。

まとめ

倉庫を片付ける際の手順やポイント・倉庫から出た不用品の処分方法などを詳しくご紹介しました。大きくて何でも収納できてしまう倉庫は、片付けるのが大変な場所です。しかし、散らかったまま放置しておくと使い勝手が悪くなってしまうため、定期的に片付けなければなりません。ぜひこの記事を参考にして、効率的な倉庫の片付け方法を知っておいてください。