マンションのベランダを上手に掃除するコツと注意点を解説!

気になるベランダの汚れ……キレイに掃除をしたいけれど、近所に迷惑をかけないで掃除する方法はあるのか悩んでいる方は多いでしょう。水を使って掃除をするにも、隣の部屋にまで水が流れてしまえば迷惑行為になってしまいますよね。かといって、ベランダの汚れをそのまま放置するわけにもいきません。

そこで本記事では、ベランダが汚れる原因をはじめ、効率的な掃除方法について解説します。

  1. ベランダが汚れる原因は?
  2. マンションのベランダ掃除に役立つ道具
  3. マンションのベランダを掃除する方法
  4. マンションのベランダをキレイに保つコツ
  5. マンションのベランダ掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、マンションのベランダ掃除が上手にできる方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ベランダが汚れる原因は?

最初に、ベランダが汚れる原因をチェックしておきましょう。

1-1.雨風にさらされる場所

マンションのベランダは、常に雨風にさらされる場所なので、ホコリ・チリ・葉・雨水などたくさんの汚れの原因となるものが舞い込んできます。交通量が多い道路沿いのベランダは、特に排気ガスで黒ずんでしまいがちです。ガーデニングを楽しんでいる家庭では、土や砂などの汚れも出てくるでしょう。土やホコリが放置されている間に雨が降れば、水分を含んでしまうのでベランダの床にこびりついてしまうこともあるのです。砂や土は、排水溝がつまる原因にもなります。

1-2.鳥のフンや洗濯物から落ちる繊維

ベランダは常に解放されている空間なので、鳥のフンで汚れることがあります。鳥のフンは時間が経過するほど、こびりつき落とすのに苦労することになるでしょう。そのため、見つけたらすぐに掃除することが大切です。また、ベランダで洗濯物や布団を干す機会が多いと思います。実は、干したものからホコリや繊維が落ち、それがベランダの汚れになることもあるのです。

1-3.放置すると排水溝がたまり近所迷惑になることも

ベランダの汚れは気づいていてもそのままにしてしまうケースが多いでしょう。しかし、そのまま放置しているとどんどんこびりつき落ちづらくなってしまいます。また、排水溝をつまらせてしまうので、雨が降っても水が流れなくなり、隣人とのトラブルに発展するリスクもあるのです。さらに、鳥のフンにはさまざまな病原菌が潜んでいるため、アレルギーの原因になることもあります。子どもたちがベランダで遊ぶことが多い家庭では、しっかりと掃除しなければなりません。

1-4.ベランダの掃除は月に1度が目安

汚れやすいベランダの掃除は、月に1度が理想の頻度です。月に1度しっかりと掃除を行っていれば、汚れもあまりたまりません。けれども、毎日忙しく過ごしている方にとっては、月に1度の掃除が面倒に感じるでしょう。そんなときは、最低でも3か月に1度の念入りな掃除を心がけてください。日ごろからベランダを使う際に、汚れやすい場所だけでもサッとぞうきんなどで拭き取ると良いでしょう。

2.マンションのベランダ掃除に役立つ道具

それでは、マンションのベランダ掃除がしやすくなる便利な道具を紹介します。

2-1.家にあるもので掃除できる

マンションのベランダ掃除は、特別に用意すべき道具はありません。ほとんど、家の中にあるもので汚れを落とすことができます。用意しておきたい道具は以下の通りです。

  • 新聞紙
  • ほうき
  • バケツ
  • 中性洗剤
  • 重曹
  • ブラシ

上記の中でも、重曹はさまざまな汚れに対応できるエコ洗剤なので用意しておくと便利です。自然由来の成分でできているため、市販の洗剤を使うと手が荒れるという方や刺激的な成分を使いたくないという方におすすめします。

2-2.掃除機を活用するのも方法の1つ

基本的に、ぞうきんがあれば掃除できますが、掃除機を併用することでさらに汚れが落ちやすくなるでしょう。掃除機を使えば、ベランダに落ちている細かいホコリも吸い取ることができます。ベランダの隅など細かい部分は、掃除機に小さなノズルを付け替えてホコリを吸いやすくしてください。すき間用のノズルは取り外せば、丸洗いが可能です。掃除機が汚れるかも……と不安になる方はノズルを使うと問題ありません。

2-3.キッチンペーパー・メラミンスポンジ

ベランダの柵や鳥のフンが落ちている箇所の掃除に役立つのが、キッチンペーパーとメラミンスポンジです。鳥のフンが落ちている場合、そこは絶対に掃除機で吸い込んではいけません。前述したように、鳥のフンにはさまざまな細菌が潜んでいます。そのため、掃除機で吸い込んでしまうと、室内で使うときに菌が排気口からばらまかれてしまうというわけです。その際は、直接触らずに、キッチンペーパーをぬらして軍手をはめて除去します。また、細かい柵のすき間などは、メラミンスポンジを使って汚れを落とすといいでしょう。

2-4.何かと便利なデッキブラシ

デッキブラシは、ベランダの床にこびりついた汚れを落とすアイテムとして最適です。念入りな掃除を行う際は、ほうきやちりとりのほかに、デッキブラシを用意すると良いでしょう。ただし、水が使えないベランダもあるため、部分的に水でぬらしながら掃除することになります。

3.マンションのベランダを掃除する方法

それでは、実際にマンションのベランダを掃除する方法について解説します。

3-1.手すりと床を掃除する手順

ベランダの手すりと床を掃除する際は、以下の手順で行ってください。

  1. 枯葉などの大きなゴミをほうきとちりとりで掃除する
  2. 鳥のフンがある場合は軍手をつけ、水でぬらしたキッチンペーパーで除去する
  3. 固まった鳥のフンにはクエン酸水をフンの上にかけて5分ほど放置し、キッチンペーパーで拭き取る
  4. 重曹水またはセスキ炭酸ソーダ水を手すりにまんべんなくスプレーし、5分ほど置いた後、ぞうきんで汚れを拭き取る
  5. 床の細かいホコリを掃除機で吸い取る
  6. 重曹水またはセスキ炭酸ソーダ水を床一面にスプレーし、5分ほど放置する
  7. ブラシやスポンジで汚れをこすり落とした後、水で洗い流すかぞうきんで拭き取る

クエン酸水は水100mlに対しクエン酸小さじ2分の1、重曹水は水100mlに対して重曹小さじ1杯、セスキ炭酸ソーダ水は水500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯で作ります。それぞれスプレーボトルに入れれば、さまざまなシーンで役立つでしょう。

3-2.排水溝掃除の手順

排水溝の手順は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 排水溝の表面についているゴミをほうきとちりとりで除去する
  2. 残っている汚れをぞうきんで拭いて取れるだけ除去する
  3. 重曹を粉のまま排水溝の上にふりかけ、その上からクエン酸水をまんべんなくスプレーする
  4. 発砲し始めるので、そのまま5分ほど放置する
  5. ブラシやスポンジ、歯ブラシで汚れをこすり落とす
  6. 最後に汚れと泡を水で洗い流して完了

重曹とクエン酸が混ざると化学反応によって炭酸泡が発生します。その泡が排水溝にたまっている汚れを浮き上がらせることができるのです。重曹とクエン酸を使う方法は高い効果があるので、排水溝の汚れやつまり防止におすすめします。

3-3.新聞紙を使った掃除方法もおすすめ

掃除機を使いたくない方は、新聞紙を使ったベランダ掃除がおすすめです。方法はとても簡単なので、子どもたちと一緒に掃除できるでしょう。新聞紙を使ったやり方は、ちぎってぬらした新聞紙をベランダの床に敷き、その新聞紙をほうきではき取るだけです。ぬれた新聞紙は、ホコリや髪の毛などを吸着してくれます。この方法で大抵の汚れが除去できるでしょう。ただし、床にこびりついた汚れは落ちないため、ほかの方法で落とす必要があります。

3-4.掃除前に左右と下階のベランダ状況を確認しよう

マンションのベランダは自宅の一部でも、両隣や下の階のベランダと密接しています。そのため、掃除の前に、必ず左右および下階のベランダの状況を確認してください。近所の方が布団や洗濯物を干していないか、ベランダに出て何か作業をしていないか確認しましょう。確認せずに掃除を始めてしまうと、洗濯物にホコリや汚れがついてしまう恐れがあります。近所に迷惑をかけないように配慮することが大切です。

4.マンションのベランダをキレイに保つコツ

マンションのベランダをキレイに保つコツとポイントを紹介します。

4-1.ものの置き方を工夫する

ベランダにたくさんのものを置いている方は、できるだけものを減らすところから始めてください。植木鉢や遊び道具など、さまざまなものを置いてしまうほどゴミやホコリがたまりやすくなってしまいます。不要なものはこの機会に処分するか、ほかの場所に移動させておきましょう。どうしても置き場所がない方は、ベランダ用の収納ボックスを使い、1箇所にまとめるようにしてください。ものの置き方や保管場所を工夫することで、キレイな状態が保てます。

4-2.定期的な掃除を心がける

キレイなベランダを維持するためには、定期的な掃除を心がけるのが1番です。掃除をしないことで汚れが頑固になり、自分たちの手で落としにくくなってしまいます。日ごろから手すりをキレイにしたり、大きなゴミを拾ったりと、キレイな状態にするように気をつけましょう。気づいた時に片付ける・掃除することが何よりも大切なポイントです。

4-3.掃除道具を近くに置くことも大事

気づいたときにサッと汚れが除去できるよう、掃除道具を近くに常備しておくことも大切なポイントです。すぐに拭き取りたくても近くに掃除道具がなければ、わざわざ取りに行くという作業が発生します。そのまま家の中に入ると、一気に掃除する気力がなくなるかもしれません。すぐに拭き取るという作業を習慣化するためにも、ベランダの近くに掃除道具を完備しておきましょう。

5.マンションのベランダ掃除に関してよくある質問

マンションのベランダ掃除に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.ベランダ掃除に最適な日は?
A.ベランダ掃除は、風のない曇りまたは小雨が降っている日が最適です。晴れた日こそ掃除のベストタイミングと思われがちですが、マンションのベランダはゴミやホコリがすぐに舞い上がります。近所への影響を最小限に抑えるためにも、風がない日がベストなのです。曇りや小雨の日は湿度も高いため、ホコリが湿気を吸い取り、舞い上がりを防ぐことができます。

Q.水は流してはいけないの?
A.マンションのベランダで大量の水を流すのはNGです。基本的に、マンションのベランダは防水処理が施されていません。そのため、大量の水を流してしまうと漏水を起こす可能性があります。たとえ、スロップシンクがついているベランダでも絶対に水を流さないようにしてください。高圧洗浄機の使用もNGです。

Q.キレイに掃除を仕上げるコツは?
A.最後に、水でぬらしたぞうきんでしっかりと洗剤や残った汚れを吹き上げることです。汚れや洗剤が残ってしまうと、完全に乾いたときに目立ってしまいます。拭き残りをなくすことで美しい仕上がりになるでしょう。

Q.ベランダ掃除が楽になる便利グッズは?
A.意外とフローリングワイパーが大活躍します。フローリングワイパーは室内だけ使うものと思われがちですが、ウェットシートをつければ、立ったままの姿勢で楽々とベランダ掃除ができるのです。簡単にホコリが除去できますし、水拭きもできます。汚れがそれほどたまっていないときは、フローリングワイパーでサッと掃除するだけでもOKです。

Q.どうしても汚れが落ちないときの対処法は?
A.専門業者にベランダクリーニングを依頼しましょう。ベランダの手すりや床の掃除はもちろん、排水溝やベランダまわりの壁・窓まですべての汚れを徹底的に落としてくれます。頑固な汚れでも専用の洗剤を使えば、スピーディーに落とせるのです。自分でどうにもならないときは、専門業者に依頼してください。

まとめ

マンションのベランダは大量の水を使うことが禁じられているため、掃除方法には注意しなければなりません。基本的に、家にある掃除道具で対応できるでしょう。大まかなゴミやホコリを除去し、ブラシや掃除機などでキレイにします。掃除する前に、きちんと左右と下階の様子を伺い、近隣住民への配慮も必要です。トラブルにならないためにも、しっかりと気を配りながら掃除しましょう。