浴室暖房は後付けできる? 種類・タイプ・工事の流れなどを徹底解説

寒い風呂場には、浴室暖房の設置がおすすめです。浴室暖房を使えば、温度差で生じるヒートショックなども予防することができ、風呂場の安全性を高めることができます。浴室暖房は、後付けが可能です。浴室暖房の設置方法や選び方などを覚えておきましょう。本記事では、浴室暖房の後付けについてご紹介します。

  1. 浴室暖房のメリット
  2. 後付け浴室暖房の選び方
  3. 浴室暖房の交換をする場合に知っておきたいこと
  4. 浴室暖房の後付けや交換でよくある質問

この記事を読むことで、浴室暖房を後付けするリフォーム工事についてよく分かります。浴室暖房を設置するメリットや効果など理解しておくと安心です。

1.浴室暖房のメリット

浴室暖房の種類やメリットについてご紹介します。

1-1.浴室暖房の種類は2つ

浴室暖房は、給湯器の熱源によって種類が異なります。種類は、主にガス温水式もしくは電気式です。ヒーターで風呂場を温める暖房機能・洗濯物を乾かす乾燥機能・換気機能などが備わっています。乾燥機能は、浴室暖房乾燥機として販売されているものに付属する機能です。

1-2.ヒートショックを予防できる優れもの

近年は、温度差で脳疾患などを引き起こすヒートショックを予防するため、浴室暖房のニーズが高まっています。入浴前に風呂場を温めておけば、部屋との温度差が縮まり、心臓への負担が軽減されるのです。

1-3.高齢者や高血圧の人におすすめ

高齢者と高血圧の人は、ヒートショックのリスクが高いため、浴室暖房の設置がおすすめです。ヒートショックは深刻な場合、死に至るケースがあります。寒冷地など温度差が生じやすい地域でも、年齢に関わらず、導入したほうが安全性が確保できるでしょう。

1-4.湿気がこもりやすい環境にも適している

入浴後は、湿気によるカビの発生が起こりやすいものです。通気が悪い住宅の場合、より繁殖しやすい条件が整ってしまうでしょう。浴室暖房で風呂場を乾燥した状態にしておけば、カビ予防につながります。

2.後付け浴室暖房の選び方

浴室暖房の選び方や主なメーカーなどをご紹介します。

2-1.障害物がある場合は後付けできない

浴室暖房は、主に、壁掛けタイプと天井設置タイプがあります。浴室暖房の設置工事では、換気扇の穴を利用して浴室暖房を設置することが多いでしょう。しかし、照明の位置によっては換気扇と近すぎてしまい、設置ができないケースもあるのです。また、換気扇が天井にあって、天井に段差がある場合やドーム型になっている場合は、安定して取り付けることができず、設置不可となってしまいます。点検口の位置によっても、設置できない場合があるため、業者に現地確認してもらいましょう。

2-2.スペースに見合う大きさやタイプを選ぶこと

浴室暖房は、スペースに見合う大きさや設置場所を選んでください。換気扇の位置によって選ぶことになります。天井に埋め込むタイプは、リフォーム工事が必要です。しかし、壁掛けタイプは、簡単な工事で設置することができます。

2-3.電圧がオーバーしないように注意すること

浴室暖房の場合、電圧がオーバーしないように注意しなければなりません。電圧が高すぎると、ブレーカーが落ちてしまいます。一般的に推奨されている電圧は、以下のとおりです。

  • 1坪以下の風呂場 100V
  • 1.25坪以上の風呂場 200V

2-4.予算で決める方法もある

浴室暖房は、メーカー・タイプ・出力などで費用が異なります。天井への埋め込みが必要な場合は、リフォーム費用が高くなるため、見積もりで費用を確認し、どのタイプを選ぶか決める方法もおすすめです。費用の目安は以下を参考にしてください。

  • 電気式 5万〜19万円
  • ガス温水式 12万〜16万円

上記に取り付け費用がかかります。工事費用は、業者ごとに異なるので注意してください、

2-5.浴室暖房の主なメーカー

浴室暖房の主なメーカーは、クリナップ・タカラ・LIXILです。この3社は、ガス温水式と電気式のどちらも扱っています。メーカーによって機能が異なるため、カタログなどを参考に比べてみましょう。

2-6.小売価格を調べておこう

浴室暖房は、メーカーで希望小売価格を設定しています。しかし、設置する業者ごとに仕入れ値が変わるため、大まかな費用相場を調べておき、極端に安い・高いなどを判断する目安としておくことが大切です。インターネットで「浴室暖房 メーカー名 型番」を入力すると、価格を提示しているサイトを閲覧できます。いくつかを比較し、平均値を探りましょう。

3.浴室暖房の交換をする場合に知っておきたいこと

すでに浴室暖房を設置している家庭では、交換工事を検討するケースがあるでしょう。交換工事を依頼する業者の選び方や、工事の流れなどをご紹介します。

3-1.風呂・浴室リフォームの経験豊富な業者を選ぼう

浴室暖房は、風呂場の形状や障害物などを考慮したものを選び、正しい取り付け位置を判断する必要があります。的確な判断をするためにも、風呂・浴室リフォームの経験豊富な業者を選ぶことが、浴室暖房設置で失敗しないコツです。手間はかかりますが、複数の業者に現地調査と見積もりを依頼し、対応や見積もりの綿密さなどを見極めるようにしましょう。

3-2.浴室暖房設置・工事の流れ

浴室暖房の後付けや交換工事の流れを覚えておきましょう。

  • リフォーム業者に問い合わせをする
  • 現地調査
  • 既存の浴室暖房も確認してもらう(交換の場合)
  • 風呂場に適したタイプ・設置場所などのアドバイスを受ける
  • 見積もりを出してもらう
  • 金額や工事内容に納得してから契約
  • 工事開始
  • 既存物の撤去(交換の場合)
  • 浴室暖房の取り付け
  • 電気系統の確認
  • 作動確認をしてから工事完了
  • 引き渡し

3-3.アフターフォローをよく確認すること

工事後の不具合やトラブルが起きても、無償で対応してもらえるように、契約前にアフターフォローや保証期間についてしっかり確認しておきましょう。浴室暖房の設置や交換工事の後は、何らかのトラブルが起こることも予想されます。アフターフォローがない場合、自己負担で修繕しなければならないなど、予想外の出費がかさむ恐れがあるので注意してください。

4.浴室暖房の後付けや交換でよくある質問

浴室暖房の後付けや交換などでよくある質問を用意しました。導入を検討している方は、ぜひご一読ください。

Q.複数の業者に1社ずつ見積もりを依頼するのが面倒な場合はどうすべきか?
A.複数の業者に一括して見積もりを依頼できる比較サイトを利用し、工事費用相場などを探りながら、依頼する業者を選ぶ方法も考えてみましょう。ただし、格安の料金に惑わされず、契約前は業者のクチコミや評判なども確かめてください。

Q.浴室暖房の交換を行う場合、既存物の撤去にはどのくらいの費用がかかるのか?
A.既存物の撤去費用は、業者によって異なります。既存浴室暖房の撤去と処分費用を合わせ、1万円前後と考えておきましょう。見積もりで費用はしっかり確認してください。

Q.どのタイプの浴室暖房を選べばいいか分からない場合はどうしたらいいのか?
A.浴室暖房のタイプで迷ったら、風呂場の形状などを現地調査で見てもらい、アドバイスをしてもらうことをおすすめします。希望がある場合は、あらかじめ現地調査の際に伝えておきましょう。

Q.ガス温水式と電気式の浴室暖房が設置できない場合でも、取り付け可能な浴室暖房はあるのか?
A.はい、あります。壁に取り付けるグラファイトヒーター式のものなら設置可能な場合があるため、業者に相談してみましょう。ただし、グラファイトヒーター式の浴室暖房は、冷風と温風を送り出す機能だけなので、換気や乾燥はできません。

Q.浴室暖房の設置を行う際は、ブレーカーのアンペア数も考慮しなければならないのか?
A.浴室暖房の種類やタイプによっては、30A以上のアンペア数が必要になるケースがあります。設置にあたり、アンペア数を上げなければならない場合は、電力会社に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 浴室暖房は、ヒートショック対策で注目されているため、高齢者や高血圧の人がいる家庭に最適です。寒冷地の方も、浴室暖房を設置すれば、快適な入浴が楽しめるでしょう。浴室暖房を設置する際は、業者による現地調査を受け、適切なタイプを選ぶことが大切です。風呂場や浴室のリフォーム実績が豊富な業者を選び、アフターフォローなども確認してから依頼しましょう。