店舗の外壁塗装の効果やメリットは? 選び方や依頼方法を詳しく!

「そろそろ店舗の外壁塗装を塗り替えたい」とお考えではありませんか。外壁塗装は、店舗の印象に大きな影響を与えます。業績アップのためにも、できるだけ店舗の特徴をアピールできるデザインにしたいですよね。そこで、今回は、店舗の外壁塗装について詳しく解説します。

  1. 店舗の外壁塗装の効果やメリット
  2. 店舗の外壁塗装の種類や選び方
  3. 店舗の外壁塗装を業者に依頼する方法
  4. 店舗の外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、店舗の外壁塗装についてよく分かり、理想の仕上がりにすることができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.店舗の外壁塗装の効果やメリット

最初に、店舗の外壁塗装の主な効果やメリットなどを見ていきましょう。

1-1.キレイな外壁はイメージアップにつながる

キレイな外壁は、店舗のイメージアップにつながります。店舗の手入れがよく行き届いている印象になり、清潔感が出るからです。清潔感のある店舗には、自然と多くの人が訪れることでしょう。

1-2.店舗のブランディングができる

外壁塗装は、店舗のブランディングになります。色合いやデザインを工夫すれば、顧客に店舗の雰囲気を伝えることが可能です。また、メインターゲットの客層に強くアピールすることにもつながります。

1-3.知名度が上がる

外壁塗装がキレイで優れたデザインなら、店舗の知名度が上がります。店舗名を顧客に強烈に印象づけるため、高い広告効果を期待できるでしょう。個性的な外壁塗装は、メディアからの取材対象になることもあります。

1-4.店舗の特徴を伝え記憶に残りやすくする

店舗の外壁塗装を行うときは、以下のような点に気を配りましょう。

  • 店舗の特徴を的確に伝えられる
  • 目にした人の記憶に残りやすい
  • 配色の効果を意識する

2.店舗の外壁塗装の種類や選び方

店舗の外壁塗装の種類や選び方を詳しく解説します。

2-1.店舗におすすめの外壁の種類

店舗におすすめの外壁の種類と、主な特徴を参考にしてください。

  • 窯業系サイディング:汚れに強く耐火性が高いためメンテナンスが楽
  • 金属系サイディング:メンテナンスが楽だが、海の近くではさびやすい
  • 木質系サイディング:木のぬくもりを感じ、ナチュラルな印象になる
  • 鉄筋コンクリート:シンプルでクールな印象
  • レンガ:耐用年数が長く風合いがいい
  • モルタル:レトロな風合いがある

2-2.業種別の外壁塗装の選び方

外壁塗装の選び方やコツを、業種別にご紹介しましょう。

2-2-1.飲食業は雰囲気に合わせる

飲食業におすすめの外壁塗装は、取り扱うメニューや店舗の雰囲気によって大きく異なります。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 落ち着いた雰囲気の喫茶店:木目調・レンガ風でナチュラルな塗装
  • 流行のオシャレなカフェ:都会的でシンプルな塗装
  • 落ち着いた大人向けのバー・クラブ:ダークトーンで重厚感のある塗装

2-2-2.アパレル業はスタイリッシュに

アパレル店の外壁塗装は、センスのよさが勝負です。モダンでスタイリッシュなイメージをアピールしたいのなら、モノトーンやダークブラウンを基調とした外壁にするといいでしょう。また、若い人に気軽に通ってほしいのなら、清潔感があり明るい雰囲気が出る白・パステルカラーを基調にすることをおすすめします。

2-2-3.不動産業は防汚塗装がおすすめ

不動産業は、誠実さや安心感をアピールできる外壁がいいでしょう。ごくシンプルな外壁塗装で、色は白・クリーム色などの明るいイメージのものをおすすめします。外壁が汚れていたり傷んでいたりすると取り扱う不動産の質が悪く見えるため、防汚機能などに優れた塗料を使用すると効果的です。

2-3.店舗の外壁塗装の実例を紹介

店舗の外壁塗装の実例を3つ紹介しましょう。

2-3-1.美容院をハイセンスなイメージに

美容院の外壁を鉄筋コンクリートにモノトーンの配色にすると、ハイセンスなイメージに仕上げることができます。特に、古い美容院のリニューアルオープンや、経営者の交代で若い世代にもアピールしたいときに効果的です。

2-3-2.クリーニング店の清潔感を前面に出す

古い外壁塗装を、白と薄いブルーを基本に塗り替えることで清潔感を前面に出すことができます。キレイな外壁と清潔感のあるイメージは、クリーニング店などにピッタリです。

2-3-3.老舗の和菓子店は重厚感を意識する

老舗の和菓子店は、長年受け継がれてきた伝統と重厚感がポイントです。黒を基調にし、金・銀・白・赤などをアクセントに少量入れることで、上品なイメージを守りつつセンスよく仕上げることができます。

3.店舗の外壁塗装を業者に依頼する方法

店舗の外壁塗装は、信頼できる業者とよく相談して決定しましょう。

3-1.店舗の外壁塗装は50万円~

店舗の外壁塗装は、50万~100万円程度が目安です。ただし、実際には塗装面積・種類・塗料の価格や足場の有無など、さまざまな要素により金額が上下します。より正確な金額を知りたいときは、業者に見積もりを依頼してください。

3-2.信頼できる業者の選び方

店舗の外壁塗装を依頼するには、以下のポイントを参考にして業者を選ぶといいでしょう。

  • 店舗の外壁塗装で豊富な実績がある
  • たくさんの実例を見せながら提案してくれる
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな費用設定
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証やアフターフォローが手厚い

3-3.飛び込み営業の業者は要注意

飛び込み営業の業者は、要注意です。いきなり電話をかけてきたり訪問してきたりなどにより、「今すぐ外壁塗装を塗り替えないと建物が劣化する」などと言いながら高額な契約を取りつけようとします。勢いで契約してしまうと高額な費用の割には品質が悪かったりアフターフォローがなかったりなど、大きな不満につながるものです。店舗の外壁塗装は、3-2で説明した項目に沿って選んだ業者に依頼しましょう。

4.店舗の外壁塗装に関するよくある質問

最後に、店舗の外壁塗装に関する質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.店舗の外壁塗装の工事期間は?
A.約2週間です。ただし、外壁を修繕する必要がある場合や雨天が続いた場合は、当初の予定より日数が伸びるので注意してください。

Q.工事期間中は閉店したほうがいい?
A.状況によります。外壁塗装をしていても支障なく営業でき、顧客の安全を確保できるのならいいでしょう。また、この機会に休暇を取り、改装オープンに向けてリフレッシュするのもおすすめです。

Q.外壁塗装が完了した直後に台風で損傷した場合は補償してもらえる?
A.まずは、業者に確認してください。業者の工事保証でカバーできることがあります。また、火災保険などに加入している場合は、保険でカバーできる可能性があるので確認してみてください。いずれの場合も、業者が確認するまで手をつけないでおきましょう。

Q.店舗の外壁塗装は何年ごとにやり直すべきですか?
A.外壁塗装の寿命は約10~15年なので、ひとつの目安とするといいでしょう。そのほかでも、傷みが目立ったりイメージを変えたかったりするときにやり直してください。

Q.雨漏りやひび割れがある場合でも外壁塗装で対応できる?
A.まずは、業者にチェックしてもらい、問題のある部分を修繕してから外壁塗装をしましょう。雨漏りやひび割れは、塗装だけで直るものではありません。

まとめ

今回は、店舗の外壁塗装について詳しく解説しました。外壁塗装は、店舗の特徴を強くアピールすることができ、業績に大きく影響します。優れたデザインであるだけでなく、何が売りなのかをきちんと表現し、集客増につなげたいものです。信頼できる業者と相談すれば、豊富な実例を紹介しながら最適な外壁塗装を提案してくれます。分からない点はどんどん質問し、プロの目からアドバイスしてもらうといいでしょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!