モルタルのひび割れを補修する方法は? 原因や放置する影響も紹介!

「モルタルのひび割れを補修するにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? モルタルは人気の高い外壁材の一種ですが、ひび割れが起こりやすいという点がデメリットです。構造上、ひび割れを完全になくすことはできませんが、早めに対処することで、ひび割れが悪化して雨水が侵入するのを防ぐことができます。この記事では、モルタルにひび割れが発生する原因や補修方法・業者に依頼する際の注意点などをまとめてご紹介しましょう。

  1. モルタルのひび割れはなぜ起こるのか?
  2. モルタルのひび割れをチェックしよう
  3. モルタルのひび割れを補修する方法
  4. モルタルのひび割れ補修を業者に依頼する場合
  5. モルタルのひび割れに関するよくある質問

この記事を読むことで、モルタルのひび割れを補修する必要性や、補修業者選びのポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.モルタルのひび割れはなぜ起こるのか?

まずは、モルタルのひび割れが起こる原因や補修の必要性などをまとめました。

1-1.セメントと砂と水を混ぜ合わせた外壁材

モルタルは外壁材の一種で、セメントと砂と水を混ぜ合わせてつくったものです。耐久性・耐水性・耐火性にすぐれており、柔軟にデザインできるというメリットがあります。質感がよく味わいのある仕上がりになるということで人気ですが、工程が複雑なので工期が長くなることやコストが高いこと・ひび割れが起こりやすいことなどがデメリットです。

1-2.ひび割れの原因はさまざま

モルタル外壁にひび割れが発生する原因には、以下のようなものがあります。

  • 乾燥
  • 温度変化
  • 地震などの揺れ
  • 太陽光や雨などによるダメージ
  • 経年劣化
  • 塗装工事の不手際

1-3.雨水の侵入を防ぐために補修が必要

ひび割れを放置すると、そこから雨水が侵入して建物の内部にも影響が及びます。たとえば、雨水が原因で内部の鉄筋にサビが生じると、鉄筋が膨張して表面のモルタルがはがれ落ちてしまうこともあるのです。また、構造体である木材や鉄筋が雨水によって腐食すると、基礎部分の耐久性が低下し、結果的に家の寿命が短くなってしまいます。こうした事態を防ぐためにも、ひび割れを適切に補修する必要があるのです。

2.モルタルのひび割れをチェックしよう

補修の必要性を知るために、ひび割れの度合いなどをチェックしてみましょう。以下の項目で当てはまるものが多いほど、早めの補修が必要になります。

  • ひび割れが横方向に発生している
  • ひび割れの幅が0.3mm以上ある
  • 数か所にひび割れが発生している
  • モルタルがはがれてきている
  • 外壁にサビや腐食が発生している
  • 外壁にカビやコケ・藻が発生している

3.モルタルのひび割れを補修する方法

モルタルのひび割れを発見した場合、自分で補修することは可能なのでしょうか。業者に依頼するべき症状や具体的な補修方法についてまとめました。

3-1.ヘアークラックは自分で補修することも可能

ヘアークラック程度の軽いひび割れであれば、自分で補修することも可能です。ヘアークラックとは幅0.3mm以下、深さ4mm以下のひび割れのことで、建物の構造に影響が及ぶ心配はありません。早急に修理が必要なわけではありませんが、ひび割れが大きくなることを防ぐためにも、補修しておくと安心でしょう。

3-2.自分で補修する方法

DIYで補修する場合は、ホームセンターなどに売っている補修材を使用するとよいでしょう。深さが1mm以内のひび割れであれば、住宅用浸透性防水剤をひび割れ部分にスプレーし、乾燥させてから塗装を行います。1mm以上あるひび割れには、充填剤の使用が必要です。ひび割れ部分の汚れを落とし、充填剤をひび割れ部分に塗ってヘラなどで平坦(へいたん)にしてから、乾かして塗装してください。

3-3.外壁のはがれや浮きがある場合は業者へ

ひび割れだけでなく、周辺の外壁がはがれたり浮いたりしている場合は、業者へ補修を依頼しましょう。ひび割れの影響が建物内部まで及んでいるため、自分で補修することは不可能です。また、ひび割れの深さを自分で確認できない場合も、業者に相談してみることをおすすめします。

4.モルタルのひび割れ補修を業者に依頼する場合

業者に依頼する場合に知っておくべき、費用の節約法や業者選びのポイントなどをご紹介します。

4-1.業者選びのポイントは?

外壁補修業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • ホームページに施工実績が豊富に掲載されているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書に「補修工事一式」」などの不明確な項目がないか
  • 見積書に材料費と施工費が別々に記載されているか
  • 自社施工か
  • 「長期性能保証制度」などの工事保証があるか

4-2.料金を比較して業者を選ぶのが節約のポイント

ひび割れ補修工事にかかる費用は、ひび割れの度合いや範囲だけでなく、業者によっても異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して決めるのがおすすめです。そうすることで大まかな相場を把握できるため、損をすることなくひび割れを補修することができるでしょう。

4-3.業者による補修工事の流れ

業者に依頼した場合、モルタルのひび割れ補修工事は以下のような流れで行われるのが一般的です。

  1. ひび割れの断面がU字になるようにカットする
  2. コーキングプライマーを塗布する
  3. コーキングを充填する
  4. 防水モルタルを塗布する
  5. 既存外壁の色に合わせて塗装する

4-4.悪質な外壁修理業者に注意!

外壁修理業者の中には、悪質な業者も存在します。特に、訪問販売の業者には注意が必要です。不安をあおって契約を急(せ)かしてきたり、あり得ないほど大幅な値引きをしてきたりする業者は利用しないようにしましょう。万が一、悪徳業者の被害にあってしまった場合は、国民生活センターの窓口に相談してください。

5.モルタルのひび割れに関するよくある質問

「モルタルのひび割れを補修したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.モルタル外壁が劣化してくると、ひび割れ以外にどのような症状が現れますか?
A.色あせや変色・チョーキング現象などが起こるようになるでしょう。チョーキング現象とは、外壁を触ると手に白い粉がつくことをいいます。

Q.モルタル外壁の寿命は、一般的に何年ぐらいでしょうか?
A.定期的にメンテナンスを行い、ひび割れなどの症状にも適切に対処した場合ですが、モルタルそのものの耐用年数は約30年といわれています。

Q.モルタル外壁で特にひび割れが起こりやすい場所はどこでしょうか?
A.窓の下や上・壁の中央部分・増改築時の継ぎ目部分などが、特にひび割れが起こりやすい場所です。

Q.モルタル外壁からサイディング外壁にリフォームすることもできるのでしょうか?
A.もちろん可能です。ただし、モルタル外壁の廃材を撤去する費用もかかるため、工事費用は高額になります。

Q.モルタル外壁の点検はどのくらいの頻度で行うべきでしょうか?
A.最低でも5年に一回は、業者に点検を依頼することをおすすめします。ただし、地震や台風などが発生した際は、その都度異常がないか確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? モルタル外壁にひび割れが起こる原因や補修方法・業者に依頼する場合の注意点などをまとめてご紹介しました。モルタル外壁はひび割れが発生しやすいのが特徴ですが、しっかり対処していれば半永久的に長持ちするといわれています。ぜひこの記事を参考にして早めに対処してください。