床下の湿気対策が必要な理由は? 原因・対策法を詳しくお答えします!

床下の湿気対策でお悩みではありませんか? 特に雨が多い季節になると、いつでもジメジメして嫌ですよね。まずは、何が原因で湿気が発生するのかを調べ、適切な対策をする必要があります。しかし、どんな原因があるのか・どんな対策をすればいいのかなど、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、床下の湿気対策について詳しく解説します。

  1. 床下の湿気対策が必要な理由
  2. 床下で湿気が発生する原因は?
  3. 床下の湿気対策にはどんな方法がある?
  4. 床下の湿気対策を業者に依頼するときの注意点
  5. 床下の湿気対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、床下を効率よく除湿するコツがよく分かます。まずは、記事を読んでみてください。

1.床下の湿気対策が必要な理由

最初に、床下の湿気対策がなぜ必要か主な理由を見ていきましょう。

1-1.家の強度が下がる

床下に湿気が発生すると、木造住宅の基礎や家の素材を腐らせて強度を下げてしまいます。家の強度が下がれば、強い地震で倒壊する可能性もあるので油断できません。建物自体に大きな問題がなくても、基礎がもろくなれば家の寿命は大幅に短くなるのです。安全に暮らすためにも、床下の湿気対策をしましょう。

1-2.収納や床・畳にカビやキノコが生える

床下から上がってきた湿気のせいで、収納や床・畳にカビやキノコが生えることがあります。しかも、気が付いたときには被害が相当広がっていることが多いのが厄介です。キノコやカビが生えると見た目が悪いだけでなく、生えた部分の素材を劣化させるのもいけません。また、カビはアレルギーの原因になることもあるので、注意が必要です。

1-3.室内がジメジメする

床下の湿気対策が不十分だと、室内がジメジメしてしまいます。床下の湿気が上がってくると、畳がや床がカラッとせず、いつでも湿気を帯びるようになるでしょう。室内の湿気が多くジメジメした状態だと、ものが腐りやすくなるなどのほか、精神的にもスッキリしないのがデメリットです。

1-4.シロアリなどの害虫被害が出る

床下に湿気がこもると、シロアリなどの害虫被害が出やすくなります。シロアリは、木材をエサにして大繁殖し、短期間で家の強度を大幅に下げるので注意が必要です。また、家の中にも侵入し、飛来したりはいまわったりして気持ち悪いのもデメリットでしょう。家の中で見かけるときには、すでに床下は手が付けられないほどになっていることも多く見られます。

2.床下で湿気が発生する原因は?

床下で湿気が発生する主な原因を見ていきましょう。

2-1.土地が低い位置にある

土地が低い位置にあると、湿気が流れ込みやすくなります。湿気は低い位置にたまるので、床下がジメジメするのです。特に、川や池が近くにある場合、常に湿気がこもりやすい状態になっていると考えられます。

2-2.通気口の換気が悪い

通気口の換気が悪いと、床下の湿気の逃げ道がなくてジメジメしてしまいます。通気口の前に植木鉢などの障害物を置いていないか、チェックしましょう。また、長年手入れをしていないと、土砂や雑草でふさがっていることもあります。もともと通気口の設計が悪く、湿気がうまく逃げないこともあるでしょう。

2-3.台風や大雨

台風や大雨の後は、大量の雨水が床下に流れ込みます。場合によっては、河川が氾濫して被害を受けることもあるでしょう。床下に大量の水分が入り込むと、水たまりができてしまい、なかなか乾きません。水分が長時間滞在すれば、湿気が常時発生することになり、基礎や建物に深刻なダメージを与えることがあります。

2-4.以前は沼・池などの湿地だった

土地が以前は、沼や池などの湿地だった場合、地中から湿気が上がってきやすくなります。古い木造家屋などで、基礎がコンクリートでない場合は、1年中床下からの湿気が発生しやすい状態です。いつも家の中がジメジメしていると感じるときは、土地の性質をきちんと調べてみるといいでしょう。

3.床下の湿気対策にはどんな方法がある?

床下の湿気対策でおすすめの方法を詳しくご紹介します。

3-1.防湿シートの設置

床下に防湿シートを設置して、湿気を吸収させる方法です。実際の設置費用は、床下の面積に比例します。費用目安は、床面積50㎡の場合で20万~30万円程度です。なお、すでに床材の腐食が進行しているなど、床下の状況によっては防湿シートだけでは十分な防湿ができないこともあるでしょう。

3-2.床下換気扇の設置

床下換気扇を設置することで、床下の湿気を強制的に屋外に追い出すことができます。床下換気扇の主な種類は、以下の2つです。

  • 給排気型換気扇:床下通気口付近に設置して空気の流れをスムーズにする
  • 拡散型換気扇:空気の流れが悪くなりやすい場所に設置し、強制的に排気する

設置費用は、いずれも1台5万~10万円程度が目安です。そのほか、電気配線工事・取り付け工事を含めると、総額20万円以上になると考えてください。

3-3.コンクリートの基礎にリフォーム

コンクリートの基礎にリフォームすることで、床下が湿気にくくなります。業者が床下に入り必要な補修工事を行った後、コンクリートを流し込むのです。費用目安は、床面積50㎡の場合で50万円~となります。コンクリートの基礎にリフォームすれば、湿気対策だけでなく耐震対策になるのもメリットです。

4.床下の湿気対策を業者に依頼するときの注意点

床下の湿気対策を業者に依頼する際、注意するべき点をいくつかご紹介します。

4-1.信頼できる業者を選ぶ

床下の湿気対策は、以下のポイントを参考に信頼できる業者に依頼しましょう。

  • 床下の湿気対策実績が豊富にある
  • 高品質な仕上がりで定評がある
  • 対象地域の土地の性質をよく理解している
  • 現場視察・見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望日時に合わせて工事してくれる
  • 丁寧で親切な対応をしている
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証やアフターフォローが手厚い

4-2.2~3社から見積もりをもらって比較する

床下の湿気対策を業者に依頼するときは、4-1を参考に信頼できる業者を2~3社に絞り、それぞれ見積もりをもらって比較してみるといいでしょう。なお、見積もりをもらったら、以下のポイントをチェックしてください。

  • 見積もりを依頼したときの対応に問題はないか
  • 見積もりを迅速に発行したか
  • 予算内で収まっているか
  • 工事内容や明細に不明な点はないか
  • 発行日・有効日・社名と社員・担当者名の記載があるか

4-3.手厚い保証やアフターサービスも大切

床下の湿気対策は、手厚い保証やアフターサービスがある業者に依頼しましょう。工事後、何らかの不具合があったときに、しっかり対応してくれます。信頼できる業者なら、定期的に床下をチェックし、問題部分があれば早めに教えてくれるので、長い目で見ればメンテナンス費用の節約になるでしょう。工事費用が安い業者は、保証やアフターサービスが手薄だったりまったくなかったりすることがあるので注意してください。

5.床下の湿気対策に関するよくある質問

最後に、床下の湿気対策に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.床下換気扇の寿命は?
A.10~15年程度です。設置後10年を経過したら、寿命を迎えたものと考えて早めの交換を検討しましょう。

Q.鉄筋コンクリート住宅なら床下に湿気がこもらない?
A.いいえ。条件によっては、鉄筋コンクリート住宅でも床下に湿気がこもります。特に、台風や大雨などの後は大量の雨水が流れ込み、湿気がこもりやすくなるので注意してください。

Q.床下の湿気対策を自分でやってもいい?
A.おすすめしません。床下の湿気対策は、専門知識に基づいて行う必要があります。また、床下は狭くて暗く、思わぬケガや事故につながることもあるため、専門業者に依頼するほうが安心です。

Q.床下の湿気対策は何年ごとに見直すべきか?
A.特に決まりはありません。目安としては、特に問題がなくても5年に1回程度は見直すといいでしょう。信頼できる業者に依頼して、点検してもらってください。

Q.突然訪問してきた業者に「床下の無料点検を行っている」と言われたのですが?
A.絶対に家に上がらせないでください。突然訪問してくる業者は、高確率で悪質です。ほとんどチェックしないのに、すぐに床下の防湿工事を行う必要がある・シロアリ被害が大変だ、などと言って高額な契約を取り付けようとします。たとえ無料であっても、不審な業者に床下の点検を依頼してはいけません。

まとめ

今回は、床下の湿気対策について詳しく解説しました。床下の湿気は、基礎を腐らせるなどの大きなダメージを与え、家の強度を弱くするので危険です。また、シロアリやカビなどが発生する原因にもなるので、早めに対策してください。まずは、何が原因で湿気がこもりやすいのかを調べることが大切です。なお、床下の湿気対策は、専門業者に依頼することをおすすめします。信頼できる業者なら、丁寧に床下を点検した上で、どんな対策が必要か提案してくれることでしょう。