インターホンの交換方法や選び方を解説!注目ポイントはココ!

「防犯のために、インターホンをカメラつきや録画機能のついたものに交換したい」という人は多いことでしょう。インターホンは毎年新しい機種が発売されるので、定期的に取り換えられれば便利です。また、「自分でインターホンを交換できるか知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、インターホンの交換方法を紹介します。

  1. 自分で交換できるインターホンとできないものの違い
  2. インターホンを自分で交換する方法
  3. おすすめのインターホン5選
  4. インターホンの取りつけ業者は経験豊富なところを選ぼう
  5. インターホンの交換に関するよくある質問

この記事を読めば、自分で交換できるインターホンとできないものの区別もつくようになります。インターホンの交換を考えている人は、ぜひ読んでみてください。

1.自分で交換できるインターホンとできないものの違い

はじめに、自分で交換できるインターホンとできないものの違いを解説します。

1-1.自分で交換が可能なインターホンの種類

電源プラグ式インターホンと乾電池式インターホンは、自分で交換ができます。電源プラグ式とは、コンセントから電源を取っているタイプであり、乾電池式インターホンとは、乾電池から電源を取るタイプです。

1-2.自分で交換が不可能なインターホンの種類

以下のようなインターホンは、交換に電気工事士の資格が必要になります。

  • 電源直結式のインターホン
  • ガス感知器や熱感知器と連動しているインターホン
  • チャイムのみ
  • ドアホンの対応を電話機で行えるタイプのインターホン
  • 玄関子機が壁に埋め込まれているタイプなど、特殊なインターホン

無理に交換しようとすると感電の危険があります。専門の業者に任せましょう。

1-3.購入する際に自分で交換できるか聞くことが大切

家電量販店でインターホンを購入する前に、自宅のインターホンの状態を確認しておきましょう。また、家電量販店で購入した場合、取りつけを業者に依頼するかどうか聞いてくれます。1-2で紹介したようなインターホンの場合は、業者に依頼しましょう。

1-4.集合住宅の場合は管理組合や管理業者に相談が必要

オートロックの集合住宅の場合、インターホンが入り口にある集合ドアホンと連動していることもあります。この場合も、自分で交換することはできません。管理組合や管理業者に相談し、出入りの工事業者に工事を依頼しましょう。

2.インターホンを自分で交換する方法

この項では、インターホンを自分で交換する方法を紹介します。

2-1.親機を外す

まずは、室内の親機を外しましょう。電源コードがある場合は抜き、上にスライドさせるように移動すると設置金具ごと親機を取り外すことが可能です。設置金具を外す際、ネジがある場合はプラスドライバーで外しましょう。このとき、配線を壁の中に落としてしまわないように気をつけてください。

2-2.親機を交換する

次に、親機を交換します。配線を間違えないようにつなぎ、設置金具も取りつけてください。すべてが終わったら電源を入れます。

2-3.子機を交換する

親機と同じような感じで子機を交換しましょう。子機の設置金具と配線を外し、新しいものと交換します。プラスドライバー一本あれば可能です。子機を交換し終わったら、正常に作動するか確認してください。

3.おすすめのインターホン5選

この項では、おすすめのインターホンを紹介します。

3-1.パナソニックテレビドアホン (電源直結式) VL-SE30XL

留守中の来訪者を録画できる機能を持つドアホンです。モニターを増設することもでき、家の中のどこにいても対応ができます。
価格:10,016円

3-2.アイホン ワイヤレステレビドアホン WL-11

玄関子機は電池式で、親機は充電台の電源アダプターをコンセントに挿すだけで設置できるドアホンです。電池の寿命は約2年間なので、不便を感じることはほとんどないでしょう。
価格:10,056 円

3-3.DXアンテナ ワイヤレスインターホン 親機&玄関子機セット DWP10A1

来客と応答ができればいいという人におすすめのシンプルな機能を持つインターホンです。子機を最大で6台まで増やせます。
価格:8,186円

3-4.ワイヤレスチャイム EIVOTOR

電池式なので、設置が簡単です。電池を入れて両面テープで張りつけるだけなので、高齢者でも簡単に設置でき、会話は問題なくできます。
価格:3,499 円

3-5.ELPA ワイヤレスチャイム押しボタンセット ホワイト 21×22.5×3cm EWS-S5030

工事不要で簡単に取りつけられるインターホンです。120mまで電波が届き、子機の増設もできます。
価格:3,379 円

4.インターホンの取りつけ業者は経験豊富なところを選ぼう

インターホンの取りつけは決して難しい工事ではありません。前述したように家電量販店でインターホンを購入した場合、取りつけ業者を紹介してくれるところもあるでしょう。この場合は、紹介してくれた業者を利用するのが最もおすすめです。自分で業者を探す場合は、小さな電気工事でも丁寧に行ってくれる業者を選んでください。業者のサイトなどを参考に、口コミで長期にわたって良い評価がついているところを選びましょう。

5.インターホンの交換に関するよくある質問

この項では、インターホンの交換に関する質問を紹介します。

Q.ワイヤレスの場合は、古いインターホンを外さず、増設するだけでも使えるでしょうか?
A.使えますが、子機だけは替えた方がおすすめです。

Q.賃貸物件では勝手にインターホンを変えてはダメでしょうか?
A.はい。壊れたらまず大家さんや管理会社に連絡してください。

Q.録画機能がなければ、インターホンは数千円が相場でしょうか?
A.はい。1万円未満が相場でしょう。

Q.電気工事士の資格を取得しているならば、自分でも工事が可能ですか?
A.大丈夫ですが、経験がないと難しいでしょう。

Q.録画機能つきのインターホンはどんな人におすすめですか?
A.たとえば、留守がちで来客に気づかないことが多い場合や、高齢者だけが住んでいる家で、記憶力が低下してきた場合などにおすすめでしょう。

まとめ

今回は、インターホンの選び方を解説しました。インターホンは自分で取りつけられるものからも多い一方で、業者に依頼しなければならないものまでさまざまです。また、機能にも幅があるので、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。