台所が狭い! 広く使う方法やリフォーム方法など悩みを解決するアイデアを紹介!

「台所が狭い」という悩みをお持ちではありませんか? 台所は調理や洗いものをする場所であり、特に使うことが多い主婦にとって、使い勝手のよい場所であることが望ましいでしょう。狭いキッチンは使い勝手が悪くなりがちで、使用するにあたって不便さを感じることも多いはずです。そんな狭い台所のリフォームを検討しているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

使いやすい台所にリフォームするコツや、リフォーム工事の流れなどをまとめてご紹介します。

  1. 狭い台所の悩みは?
  2. 狭い台所をリフォームしよう
  3. 狭い台所を使いやすくするコツ
  4. 台所のリフォーム工事について
  5. 狭い台所に関するよくある質問

この記事を読むことで「台所が狭い」という悩みを解決できるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.狭い台所の悩みは?

まずは、狭い台所にありがちな悩みをご紹介します。

1-1.作業スペースが少ない

台所の作業スペースは、食材を切ったり切ったものを置いたりするための場所です。狭い台所は作業スペースが少ないのが特徴であり、作業効率が下がってしまうことが考えられます。料理をする人にとって、作業スペースが広い台所は理想的といえるでしょう。

1-2.使い勝手が悪い

料理をしたり洗いものをしたりするとき、使い勝手の悪い台所では思うように動くことができません。台所が狭い上に、冷蔵庫や食器棚・ごみ箱などを置くと動線が確保できなくなってしまいがちです。

1-3.収納が足りない

狭い台所だと収納スペースが十分に確保できません。調理用具や食材などが収納しきれず、出しっぱなしの状態になってしまうこともあるでしょう。収納家具を置くスペースを確保するのも難しいため、結果的に使いにくい台所になってしまいます。

狭い台所は使いにくいんですね。
はい。また、収納が少ないとキッチン用具でますます台所が狭くなります。

2.狭い台所をリフォームしよう

狭い台所をリフォームする前に、知っておくべきことをまとめました。

2-1.リフォームのメリットとは?

台所をリフォームするメリットには、以下のようなものがあります。

  • 理想のデザインに変えられる
  • 効率よく動けるので料理が楽しくなる
  • 掃除がしやすくなる
  • 収納が増えて全体的にスッキリする

2-2.リフォーム前に考えるべきこと

台所をリフォームする際には、事前に考えておくべきことがたくさんあります。たとえば、家族構成に合った台所にするためにはどうしたらよいのか考えてみましょう。「子どもが生まれて家族が増えた」「子どもが独立して夫婦だけになった」など、家族構成は変化するものです。先のことも考えた上で、自分の家に合った台所にする必要があります。そのほかにも、ライフスタイルに合った台所にすること、好みの色やデザインにすることなども考える必要があるでしょう。理想のキッチンにすることで生活は大きく変わります。

2-3.台所のレイアウトについて

台所にはさまざまなレイアウトの種類があります。キッチン自体の広さを変えられない場合は、狭い台所にも適しているI型やL型がおすすめです。I型は壁面にシンクと調理台・ガス台が並ぶタイプのもの、L型は壁の2面を使ってL字型にこの3つが並ぶタイプのものになります。キッチンが台所スペースの真ん中に位置するアイランド型や、キッチンの一部が突き出しているペニンシュラ型などは、広い台所に適したものです。キッチン自体を広くリフォームする際はチェックしてみてください。

2-4.収納について

収納スペースが増えると台所は大幅に使いやすくなります。収納のタイプには吊戸棚や引き出しタイプなどがあるため、台所に合ったものを選ぶようにしましょう。スペースに余裕がある場合は、食器棚の設置も検討してください。

2-5.高さや奥行きについて

台所の使い勝手は、使う人に合っているかどうかによっても決まります。たとえば、調理台や流し台の高さがその人の身長に合っていれば、体に負担をかけずに調理することができるでしょう。また、奥行きについても体に合ったものを選ぶ必要があります。無理なく使うことができる高さや奥行きを、業者とも相談しながら決めていきましょう。

リフォームすれば、狭い台所も使いやすくなるんですね。
はい。収納スペースを増やすだけでも違います。

3.台所を使いやすくするコツ

リフォームで台所自体の広さを変えるのは、大がかりな工事が必要になります。しかし、広さを変えなくても、工夫しだい使いやすい台所にすることは可能です。

3-1.色について

選ぶ色によって、台所が広く見えることもあります。たとえば、赤や青・黒などの濃い色を多く使うと、圧迫感が出て台所が狭く見えてしまうのです。広く見えるようにするには、白やベージュなど暖色系の薄い色でそろえることをおすすめします。

3-2.配置について

冷蔵庫や食器棚を台所内に設置する場合は、配置に十分注意しましょう。できるだけコンパクトなサイズのものを選ぶようにし、動線に差し支えがない位置に置くようにしてください。また、キッチングッズはいつの間にか増えてしまいがちです。増えると収納スペースに入りきらなくなり、見える場所に置くようになってしまいます。台所が雑然として見えがちなので、必要最小限のもの以外は買わないようにしましょう。

3-3.収納のコツとグッズの活用について

狭い台所にものを収納する際は、グッズを活用するなどして工夫することをおすすめします。特に、床にものを置くとさらに狭く見えてしまうため、注意してください。収納スペースが少ない場合は、2本のつっぱり棒に板を乗せるなどして簡易棚を作ってみるとよいでしょう。流し台の下など見えにくい場所に作ることで、台所が雑然としてしまうことを防げるはずです。

3-4.注意点

収納スペースを増やすために棚などを設置する方法はおすすめですが、設置場所には十分注意してください。コンロの近くに設置すると引火して火事の原因になる可能性もあります。安全に使用できる台所を目指しましょう。

台所の色なども気を配るといいんですね。
はい。また、キッチン用具の収納場所も十分考えましょう。

4.台所のリフォーム工事について

狭い台所をリフォーム工事する前に、流れや料金などについて知っておきましょう。

4-1.大まかな流れ

台所のリフォーム工事は、主に以下のような流れで行われます。

  • 既存の台所を撤去
  • 水道管やガス管・電気配線の調整
  • 新しい台所の取り付け
  • 塗装などの仕上げ工事
  • 完了

4-2.料金について

リフォーム工事には、キッチン本体の料金以外に、配管工事や電気工事の費用、既存の台所を撤去するための費用などがかかります。そのほかにも、収納スペースの設置や塗装をする場合はその分の費用も発生することになるでしょう。

4-3.工事期間

工事にかかる期間は、リフォームの内容によっても異なります。部分的なリフォームであれば1~3日で終了しますが、全体的なリフォームの場合は1週間以上かかる場合もあるでしょう。工事中は台所を使えなくなってしまうため、事前にしっかりとスケジュールを把握して準備しておくことをおすすめします。

4-4.業者の選び方

リフォームを依頼する業者選びは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 提案力と技術力があるか
  • 対応が丁寧でスピーディーであるか
  • アフターフォローが充実しているか

4-5.見積もりについて

台所のリフォーム工事にかかる費用は、業者によって異なります。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶようにしましょう。そうすることで、大まかな相場を把握できるはずです。また、見積書の内容はしっかりとチェックしてください。不明確な項目があるときは、必ず業者に質問をしましょう。質問に対して明確に答えられない業者は、利用しないことをおすすめします。

4-6.注意点

リフォーム業者の中には、悪質な営業をしているところもあります。特に、訪問販売による営業には注意が必要です。「今すぐリフォームが必要」と不安をあおり、急いで契約しようとする業者は利用しないようにしましょう。必要のないリフォームをすすめられ、高額な料金をだまし取られる可能性もあります。

リフォーム工事は業者選びも大切なんですね。
はい。値段だけで業者を決めてはいけません。

5.狭い台所に関するよくある質問

「狭い台所に困っている」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.独立型キッチンの壁を外してオープンキッチンにリフォームする場合、どのような工事が必要になりますか?
A.キッチン機材の交換や配管工事のほか、壁の撤去・修繕・クロスの張り替えなどが必要です。

Q.最近人気が高いキッチンレイアウトにはどのようなものがありますか?
A.シンクや調理台を壁面から離して設置するアイランド型キッチンが人気です。作業スペースを広くとることができるため、使い勝手のよい台所になります。

Q.キッチンの人気メーカーにはどのようなものがあるのでしょうか?
A.LIXILやクリナップ・パナソニックなどが人気です。

Q.キッチンの動線を考える上でのポイントを教えてください。
A.シンク・冷蔵庫・コンロの3つを結んだ線の合計が3.6~6.6mの範囲になるようにするのが理想的です。作業効率が非常に高くなるでしょう。

Q.悪徳リフォーム業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談窓口があるので利用するとよいでしょう。適切なアドバイスがもらえます。

まとめ

狭い台所の悩みやリフォームする際のポイントなどをまとめてご紹介しました。狭い台所は使い勝手が悪く、使うたびにストレスを感じているという人も多いのではないでしょうか。狭い台所を広く見えるようにするコツや、リフォームをして使い勝手のよい台所に変える方法など、ぜひこの記事を参考にしてください。