キッチンのぬめりを取る方法とポイントは? 予防策も徹底解説!

キッチンのぬめりを放置すると、嫌な臭いが発生し、どんどん雑菌が繁殖していきます。できるだけ触れたくない汚れですが、そのまま放置するわけにもいきませんよね。手遅れにならないうちに、ぬめりを取り除く方法とポイントを押さえて実行しましょう。そして、ぬめりがつかないように予防する必要があります。本記事では、キッチンのぬめりを取る方法とポイント・予防策を解説しましょう。

  1. キッチンのぬめりの正体とは?
  2. キッチンのぬめりを取る方法
  3. キッチンのぬめりの予防策は?
  4. キッチンのぬめりに関してよくある質問

この記事を読むことで、キッチンのぬめりを取る方法とポイント・予防策が分かります。悩んでいる方や困っている方はぜひチェックしてください。

1.キッチンのぬめりの正体とは?

最初に、キッチンのぬめりの正体と原因についてチェックしておきましょう。原因が分かれば、適切な掃除方法と対策も立てることができます。

1-1.キッチンのぬめりの正体は「菌」

キッチンの掃除を怠ると、シンクの中やまわりがヌメヌメしますよね。実は、ぬめりの正体は雑菌などが繁殖してできる汚れなのです。水分が長い時間とどまる三角コーナーや排水口・食器の仕切りカゴは、湿っぽく温かい場所なので雑菌が繁殖しやすくなります。さらに、食べカスや洗剤カスも混ざり、雑菌がどんどん繁殖してぬめりがひどくなるというわけです。ぬめりの正体は雑菌ですが、繁殖の要因を作っているのは食べカスや洗剤カスなどのゴミとなります。

1-2.ぬめりを放置すると腐臭や害虫の発生につながる

キッチンのぬめりをそのままにしていると、さらに雑菌が繁殖し茶色く変化することになります。シンクの茶色くなっている部分は、雑菌が繁殖している証拠です。また、雑菌から腐臭が漂ってきたり、ゴキブリやハエなどの害虫を寄せ付けたりする原因になります。ぬめりを放置する時間が長くなるほど頑固な汚れになり、普通の洗剤では除去できなくなるでしょう。簡単に取り除けるときにすぐ掃除を行うことも大切です。

1-3.ぬめりがつきやすいのは水やゴミが溜(た)まりやすい場所

排水口のフタの裏を触ってみると、ぬめりを感じることが多いと思います。ぬめりは水やゴミがたまりやすい場所に発生しやすく、知らない間にどんどん雑菌を繁殖させるのです。ぬめりが発生しやすい場所は、基本的に排水口・シンクの隅っこ・三角コーナーなどがあります。掃除前に、どこがヌメヌメしているのか確認してみてください。ぬめりがつきやすい部分を重点的に掃除し、対策をしておけばぬめりで悩まされることも少なくなるでしょう。

2.キッチンのぬめりを取る方法

キッチンのぬめりを取るためには時間と手間がかかるイメージがありますが、ポイントを押さえておけばスピーディーに除去できます。ここでは、キッチンのぬめりを取る方法とポイントを解説しましょう。

2-1.必要なものを用意しよう!

掃除を始める前に、必要な道具を準備しましょう。キッチンのぬめりを解消するために必要なものは、以下のとおりです。

  • 食器用中性洗剤
  • 塩素系漂白剤
  • 使い古した歯ブラシ
  • ゴム手袋

以上のアイテムを用意すれば、ぬめりを取り除くことができます。雑菌が繁殖してできたぬめりは、最初に除菌しなければなりません。キュキュットなどの食器用中性洗剤だけでなく、除菌効果があるキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を用意しておきましょう。塩素系漂白剤の力で掃除が楽になりますよ。

2-2.ナチュラル洗剤でも掃除できる

食器用中性洗剤や塩素系漂白剤の代わりに、自然由来の重曹・クエン酸またはお酢を使うのも方法の1つです。重曹・クエン酸(お酢)は塩素系漂白剤のように刺激的な成分が含まれていないので、お肌が敏感な方や子どもがいる家庭でも安心して使えるメリットがあります。食用の重曹とクエン酸なら、万が一口に入ったとしても害はないので安心です。また、掃除が楽になる便利グッズを活用してもいいでしょう。細い排水口でも汚れを落とすことができる専用ブラシなどが発売されています。ぜひチェックしてみてください。

2-3.掃除方法と流れをチェック!

それでは、基本的なぬめりの掃除方法と流れをチェックしていきましょう。

  1. 最初にシンクまわりやゴミ受けの中にある大きなゴミを除去する
  2. ゴミ受けや排水口の中が泡で隠れるくらいに、塩素系漂白剤をかける
  3. 5分ほど放置した後、キレイな水で洗い流す
  4. 残った汚れを歯ブラシなどでこすり落として完了

食器用中性洗剤は、塩素系漂白剤を洗い流した後、歯ブラシでこすり洗いをするときにつけるといいでしょう。特に、ゴミ受けをはずした内側排水口はぬめりがひどくなりがちなので、ゴミ受けをはずした後は排水口側も忘れずに洗うことがポイントです。

2-4.重曹とクエン酸を使用した掃除方法

ナチュラル志向の人におすすめしたい重曹とクエン酸を使用した掃除方法は以下のとおりです。

  1. ゴミ受けにたまったゴミを除去する
  2. 排水口のフタやゴミ受けなどのパーツを取りはずす
  3. はずしたパーツをシンクに並べ、上から重曹を振りかける
  4. クエン酸水(水250ml:クエン酸小さじ1)を重曹のかかったパーツの上にかける
  5. シュワシュワと泡の発生を確認したら30分ほど放置する
  6. ぬるま湯を使って浮き上がってきた汚れを洗い流す
  7. 汚れが残っている場合は歯ブラシでこすり落とし流して完了

ここでのポイントは、重曹をパイプの周囲やカゴの網目・パーツのすき間などまんべんなくたっぷりと振りかけることです。そうすることで、後でかけるクエン酸水と反応を起こし、汚れを浮かせてくれる泡が発生しやすくなります。また、浮き上がってきた汚れを洗い流すのは冷水ではなく、お湯を使うのもポイントの1つです。お湯を使うことで、汚れがさらに落ちやすくなります。

2-5.塩素系漂白剤はほかの洗剤と混ぜてはいけない

ハイターなどの塩素系漂白剤には、「混ぜるな危険」という文字が記載されていると思います。塩素系漂白剤は、基本的にほかの洗剤と混ぜて使用することができません。特に、クエン酸などの酸性の洗剤と混ぜると有害な塩素ガスが発生します。ほかの洗剤と混ぜないこと、使用するときは換気を十分に行うことを心がけてくださいね。そして、必ず注意事項を読んでから使用しましょう。化学薬品の使用が怖い方は、重曹などのナチュラル洗剤をおすすめします。ナチュラル洗剤は化学成分が含まれていないので、小さい子どもがいる家庭やペットを飼っている家庭でも安心して使うことができるでしょう。

3.キッチンのぬめりの予防策は?

キッチンのぬめりを除去した後は、できるだけ雑菌が繁殖しないように予防しなければなりません。では、どのような予防策があるのでしょうか。

3-1.定期的な掃除を心がける

1番の予防策は、定期的なキッチンの掃除を心がけることです。キッチンのぬめりが発生する直接的な原因は菌ですが、生ゴミや食べカスなどの汚れが混ざることで繁殖しやすくなります。定期的な掃除を心がけておけば、清潔な状態が維持でき雑菌が繁殖することもありません。できれば、毎日掃除をするのが理想ですが、最低でも週に1回の掃除を行ってください。自分が掃除しやすい曜日を決めておくと忘れずに掃除できるのでおすすめです。

3-2.抗菌仕様のカバーを活用する

スーパーや薬局では、抗菌加工されている排水口のカバーとゴミ受けが販売されています。これらのグッズを活用するのも、排水口のぬめり対策になるでしょう。抗菌仕様がされている排水口のカバーとゴミ受けは、水に触れると抗菌イオンが発生します。抗菌イオンは菌の増殖を抑制し、ぬめりだけでなくカビも防止できるのです。ゴミ受けの掃除もしやすくなるので、ぜひ替えてみてはいかがでしょうか。

3-3.アルミホイルのボールをゴミ受けに入れる

アルミホイルは、水に浸(つ)かると化学反応を起こし金属イオンを発生させます。金属イオンは抗菌イオンと同じく、抗菌・殺菌効果が期待できるのです。そのため、アルミホイルを丸めたボールをゴミ受けに入れておけば、水を流すたびに菌の発生が抑制できるでしょう。アルミホイルならどの家庭にもあるものなので、簡単にぬめり対策ができる方法です。

3-4.キッチンの使用後はお湯を流す

料理によく使う油は、冷えて固まりやすい特徴を持っています。フライパンを洗った後に、油がシンクに残り冷えて固まってしまうとやっかいな汚れになってしまうのです。そのため、キッチン使用後は排水口にお湯をかけて、冷えて固まる前に残った油を洗い流しましょう。ただし、熱すぎるお湯は逆にシンクを傷める恐れがあります。50℃前後のぬるま湯を使用するようにしてくださいね。

3-5.掃除をしてもぬめりが取れない場合は業者へ依頼する

いくら掃除をしてもぬめりが取れないケースがあります。そんなときは無理に掃除をしようとせず、専門の清掃業者へ依頼してください。特に、排水口が完全に詰まって直せない場合は、すぐに業者へ依頼したほうがいいでしょう。直しても症状が頻発する場合は、キッチンか排水設備の寿命が関係している可能性があります。新しい設備に交換する際は、ぬめりがつきにくい素材への交換も検討してみてくださいね。

4.キッチンのぬめりに関してよくある質問

キッチンのぬめりに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.お酢を使用して掃除するときのポイントは?
A.重曹がない場合は、お酢を主役にしてぬめりを除去します。お酢に塩と少量の食器用洗剤を混ぜると、お酢の洗浄作用がアップするのでおすすめです。塩はクレンザーと同じように、ぬめりだけでなく水垢(あか)を落とす効果が期待できます。使い方は重曹と変わりませんが、量だけに気をつけてください。お酢が2に対し、塩は1、食器用洗剤は0.5の割合で混ぜます。お酢の量が増えると効果が半減し、独特の臭いが強くなるので要注意です。

Q.重曹を使うメリットはあるのか?
A.重曹は自然由来の素材でできているため、自然にやさしく誰でも簡単に扱うことができます。また、洗浄効果も高く、さまざまな掃除シーンで役立つので費用対効果が高いのもメリットの1つです。ただし、重曹とクエン酸が反応しているときは、稀(まれ)に分解された排水管内部の臭いが上がってくることがあります。掃除する際は、十分に換気することが大切です。

Q.重曹で掃除する前にするべきことは?
A.ある程度、シンクや流し台をキレイに洗い、排水口を分解しておきましょう。取りはずしができる部品はすべて取りはずし、それぞれに重曹を振りかけてください。排水口の多くは下水が登ってこないようにトラップ構造という仕組みでできています。分解することで排水管内部まで重曹の効果を浸透させることができるでしょう。嫌な臭いを根本から取り除くことができます。

Q.ぬめりが発生しないように心がけるべきことは?
A.調理中にに出たゴミはできるだけ排水口に流さないようにしてください。キッチンで出る生ゴミは、直接ビニール袋などに入れて捨てましょう。三角コーナーもなるべく使わないことをおすすめします。また、鍋物を洗うときは一度ざるに流してから、固体と液体を分けて洗うのもポイントの1つです。些細(ささい)なことでも日ごろの行いや使い方が、ぬめりの防止につながります。

Q.キッチンハイターを使う際の注意点は?
A.キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、強いアルカリ性の性質を持っています。皮膚に触れてしまうと、たんぱく質が溶けてヌルヌルした感触になるでしょう。皮膚が弱い方は炎症を起こす恐れがあるため、必ずゴム手袋をはめてから扱ってください。誤って手についたり目に入ったりしたときは、急いで流水で洗い流しましょう。使用中に強烈な臭いもするので、換気を十分に行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか? キッチンのぬめりは菌が関係しています。排水口に残った食べカスや洗剤カスなどから雑菌が繁殖し、ぬめりになるのです。ぬめりを放置するとヘドロ状になり、常にひどい臭いが漂う環境になってしまいます。重曹とクエン酸を使用して掃除すると殺菌効果がアップするのでおすすめです。なるべく早めにぬめりを取り除き、食べカスや洗剤カスが付着しないように対策を立ててくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!