屋根の腐敗を防いでくれる「縁切り」とは?

私たちが安心して生活するために必要な“家”。
その家に欠かせないのが「屋根」です。
屋根がなければ雨風をしのぐことはできませんし、壊れてしまうと住めなくなってしまいます。
屋根の定期点検は欠かせませんし、何か補修すべきところがあれば補修しておかなければなりません。
屋根の工事で「縁切り」という言葉を聞いたことはありませんか?
また、これから家を建てる人にはぜひ知っておいてほしいポイントです。
屋根の縁切りとはどのような作業なのか、どのような効果があるのか詳しくみていきたいと思います。

縁切りとはどのような作業?

簡単に説明すると、縁切りは屋根の隙間を1枚1枚開けていく作業になります。
最近、ほとんどの屋根で使用されている素材は1枚1枚貼り付けていくコロニアル・カラーベスト屋根です。
1枚ずつ丁寧に貼り付けていくことによって屋根を完成させることができます。
しかし、1枚1枚貼り付けていくと塗料を使うため、隙間が埋められていってしまうのです。
隙間は雨水を回避するためにとても大切なポイントとなります。
隙間が埋まってしまうと雨水の逃げ場が失われてしまい、上手に逃がすことができません。
縁切りをおこなっていくことで隙間をつくり、雨水をスムーズに下に落とすことができます。
縁切りは塗料でふさがってしまった部分を「タスペーサー」と呼ばれている道具を使いながら開いていきます。
タスペーサーのほかにもいろんな道具がありますが、この道具が1番良いとされています。
タスペーサーを使用している業者は安心して任せられるでしょう。

縁切りをおこなうことで得られるメリット

縁切りを業者に依頼しようか迷っている方は必見です。
縁切りをおこなうことで得られるメリットはどのような点があるのか説明したいと思います。
まず1番に挙げられるのは「水の逃げ道ができる」ということです。
屋根は家で1番最初に雨があたる場所となるでしょう。
屋根に水の逃げ道がないと水が溜まってしまうことになります。
よって、屋根の腐敗がどんどん進んでいってしまうのです。
縁切りをすることで「屋根の腐敗を防ぐことができる」という点もメリットのひとつです。
面倒なことかもしれませんが、屋根をずっとキレイな状態で維持し続けるためには縁切りは欠かせません。
家を建てるとき、業者の中には縁切りをせずに工事が終了してしまうところもあります。
縁切りをしっかりおこなっているのかどうか見積もりをチェックして必ずしてもらうようにしてください。

縁切りの費用はどのくらいかかるの?

1枚1枚貼り付けて屋根を完成させるコロニアル・カラーベスト屋根や塗り替えをおこなった屋根、勾配がゆるやかになっている屋根はとくに縁切りをしておかなければなりません。
縁切りの工事を依頼するときに気になるのが“費用”だと思います。
縁切りの費用はだいたい20坪で20,000円~、30坪で30,000円~となっています。
タスペーサーの個数や範囲によって大きく変わってきますが、平均30,000~50,000円ほどでしょう。
しかし、業者によって高い費用を請求してくるところもあります。
できるだけ費用を抑えたい方は一括見積もりを利用して安い費用で依頼することができる業者を選んでください。

まとめ

縁切りは水の逃げ道をつくるために隙間となる空間を開いていく作業となります。
屋根の腐敗を防ぐために必要な作業であり、屋根を1枚1枚貼り付けているところは必ずおこなっておかなければなりません。
業者に依頼するときは「タスペーサー」と呼ばれている道具を使っているかどうかがチェックポイントとなります。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!