屋根のお手入れは定期性が大切! しっかり行う3つのポイント

屋根は大切なあなたの家を守るために無くてはならない物ですよね。
しかしながら、屋根の手入れが不足していると屋根材や建材の腐食、雨漏りなどが起きてしまうかもしれません。
自宅の屋根をそのような状態にしたくありませんよね。
だからこそ、屋根の定期的な手入れが必要なのです。
「でも屋根の手入れってどうすればいいの?」とお悩みの方もいるようですね。
あなたも、自宅の屋根をしっかり手入れするための方法を知りたいと思っていませんか?
そこで本日は、屋根の手入れをしっかり行うために役立つポイントを3つご紹介致します。屋根の維持管理をしっかり行うために是非お役立てください。

お手入れポイントその1:屋根材の破損は早めに修理する

屋根材は劣化がひどくなると割れて破損することがあります。台風や大雨の影響で破損してしまうこともあるでしょう。屋根材の破損した部分から水が入ると屋根の腐食や雨漏りの原因になってしまいます。
屋根の手入れをするときには屋根材の状態をしっかり観察し、屋根材のズレ・ヒビ割れ・破損が無いか確認しましょう。
異常を発見した場合は早めに修理を依頼してください。

お手入れポイントその2:屋根の定期的な塗り替えをする

屋根の手入れとして屋根材の塗装状態を確認することも大切です。
屋根の塗料が劣化すると塗膜のハガレ・サビ・色あせが見られるようになります。また、住宅の立地条件や環境によっては屋根にカビやコケが生えてしまうこともありますよ。これらをそのままにしておくとやがて屋根材の劣化や破損につながることもあるでしょう。
自宅の屋根にこのような症状が見られる場合は早めに屋根の塗り替えを検討してください。屋根を塗り替える場合はその前に屋根の洗浄を行う必要がある場合もありますので施工業者とよく打ち合わせをしておきましょう。

お手入れポイントその3:雨樋の破損や詰まりは早めに直す

雨樋は屋根に付いた雨水をキレイに排水するために不可欠な物です。
しかしながら、雨樋に落ち葉や木の枝が溜まり詰まってしまうこともありますよね。また、強い日差しに当たり続けた雨樋が劣化して割れてしまうことがあるかもしれません。
雨樋が劣化していないか・物が詰まっていないか・しっかり水を排出することができるか定期的にチェックしてください。
雨樋の見える部分に落ち葉や木の枝・砂などが詰まっている場合は可能な限り手で取り除きましょう。その後雨樋に水を流してみてください。水がしっかり排水されない場合は雨樋の見えない部分に詰まっている可能性があります。業者に依頼して修理して貰いましょう。

まとめ

この記事では、屋根の手入れをするために役立つポイントを3つご紹介しました。

  • お手入れポイント1:屋根材の破損は早めに修理する
  • お手入れポイント2:屋根の定期的な塗り替えをする
  • お手入れポイント3:雨樋の破損や詰まりは早めに直す

これらのポイントを意識すると屋根の手入れをしっかり行うことが出来るでしょう。双眼鏡などを使うと離れた場所から屋根の状態を確認しやすいと思いますよ。
屋根に異常を見つけても自分で屋根に上がるのは避けましょう。転倒・落下・屋根材の破損が起きる危険がありますよ。屋根に上がって修理する必要がある場合は信頼できる業者に依頼してください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!