中古マンションのリフォームが人気な理由~ 魅力や方法を徹底検証!

近年、中古マンションを購入してリフォームやリノベーションをする人が増えてきています。新築よりも安い費用で思いどおりの住まいを手に入れることができるため、人気が高まってきているのです。しかし、築年数や間取りもさまざまな中古マンションを理想どおりにリフォームするためには、知っておくべきポイントがいくつかあります。この記事では、中古マンションをリフォーム・リノベーションするメリットや具体的なリフォーム方法、工事の流れなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 中古マンションのリフォームについて
  2. リフォームしやすい中古マンションとは?
  3. 中古マンションの大規模リフォーム
  4. 中古マンションの小規模リフォーム
  5. 中古マンションをリフォームする際の費用や工期について
  6. 中古マンションのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、中古マンションのリフォームについて詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.中古マンションのリフォームについて

まずは、中古マンションのリフォームやリノベーションの現状や魅力、注意点などをご紹介します。

1-1.新築を上回る人気

近年、中古マンションのリフォームやリノベーションは、新築を上回る人気となっています。もともと建っているマンションを建設当初の性能に戻したり、新たな付加価値をつけて再生させたりすることに、魅力を感じる人が増えてきているのです。実際に、中古マンションの販売戸数が新築マンションを上回ったという調査結果もあり、中古物件に対する消費者の意識が変化してきていることが分かります。

1-2.一戸建てとは違う魅力がある

中古マンションのリフォームには、一戸建てとは違った魅力があります。まず、古いマンションは立地条件がよい傾向にあるという点です。駅やスーパー、病院などが近くにあり、地盤がよい場所に建っている物件が多いため、住みやすさを考えて中古一戸建てではなく中古マンションを選ぶ人もいます。そのほかにも、「管理されている」という安心感があるという点、一戸建てに比べて安く購入できるという点も魅力といえるでしょう。

1-3.リフォームしやすいマンションかを見極めることが大切

中古マンションを購入してリフォームをする前に、そのマンションがリフォームしやすいかどうかをしっかり見極める必要があります。中には、リフォームが難しい構造のマンションもあり、理想どおりのリフォームができない可能性もあるのです。また、「費用がかさみやすい間取りだったため、結局は新築マンションと変わらない金額がかかってしまった」という失敗例もあります。そういったことにならないように、間取りを変更しやすいか、費用がかかりすぎないかなど、事前に確認しておくようにしてください。

2.リフォームしやすい中古マンションとは?

リフォームしやすい中古マンションかどうかをチェックするためには、どうすればよいのでしょうか。チェックすべきポイントやリフォーム前の準備などをご紹介します。

2-1.中古マンションを選ぶ際のチェックポイント

リフォームしやすい中古マンションかどうかを見極めるためのチェックポイントは以下のとおりです。

2-1-1.新耐震基準を満たしているか

築年数の古いマンションを購入する場合、最も気になるのが耐震性でしょう。1981年に建築基準法が改正され、建物の耐震強度の最低基準が引き上げられました。改正後の新基準を満たしている建物かどうかをチェックする必要があります。

2-1-2.水回りの移動はできるか

配管がどのように施工されているかによって、水回りの移動に制約が出る場合もあります。共有部分をとおっている配管は個人でリフォームを行うことができないため、事前に確認しておきましょう。

2-1-3.間取りの変更に制約はないか

マンションの構造によっては、間取りの変更が自由にできない場合もあるため、注意が必要です。マンションの構造には梁(はり)と柱で建物を支える「ラーメン構造」と、壁と床で箱型を作って建物を支える「壁式構造」があります。ラーメン構造の場合は自由な間取り変更が可能ですが、壁式構造の場合は間取り変更に制約があるため、確認しておきましょう。

2-1-4.管理規約にリフォームに関する取り決めがないか

マンションによっては、管理規約でリフォームに関する取り決めをしているところもあります。使用する床材や電気・ガス容量などの制約がある場合は、しっかり把握しておく必要があるでしょう。また、リフォーム工事にあたって機材の搬入経路や作業時間に制約がある場合もあるため、チェックしておいてください。

2-2.リフォーム前に予算や範囲を決めておこう

予算に合ったリフォーム工事をするために、事前に予算の目安やリフォームの範囲を決めておくことが大切です。物件の購入と合わせていくらまでを予算にするか、そのためにはどの程度の範囲のリフォームが可能かをしっかり考えましょう。リフォームは、物件の劣化状態によってもかかる費用が変わってきます。早めに物件の状態を確認し、費用の目安をリフォーム業者に聞いておきましょう。

2-3.1本の住宅ローンで借りる場合は早めに行動を

最近は物件購入費用とリフォーム費用を1本の住宅ローンで借りられるケースが増えてきていますが、この場合は早めに行動する必要があります。なぜなら、ローンの事前調査を申し込む際に、リフォームの見積書も提出しなければならないからです。さらに、ローンの正式申し込みの際には工事請負契約書も必要になります。物件と同時にリフォーム業者も探しておき、早めに見積もりをとってもらいましょう。

3.中古マンションの大規模リフォーム

中古マンションのリフォームには、フルリノベーションをはじめとする大規模リフォーム以外にも、部分的なリフォームやバリアフリーリフォームなどがあります。まずは、大規模リフォームについてご紹介しましょう。

3-1.骨組み以外をまるごと替えるスケルトンリフォーム

スケルトンリフォームは全面リフォームの一つの方法で、骨組みだけを残して内装をすべてリフォームすることをいいます。間取りを大きく変更したり水回りの位置を変えたりすることも可能なため、人気が高まってきているのが現状です。

3-2.リノベーションとはどう違うのか?

スケルトンリフォームとリノベーションは一見同じ意味に思えますが、厳密にいうとスケルトンリフォームはリノベーションの手法の一つです。基本的に、リフォームは「もとに戻す」ために行われる工事であり、建物に価値を与える目的で行われるリノベーションとは区別されています。リノベーションでフルリフォームをした場合にスケルトンリフォームが行われるケースが多いことから、混同されやすいのです。

3-3.スケルトンリフォームのメリット

スケルトンリフォームのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 自由にプランニングができる
  • デザインや性能も新築同様に生まれ変わる
  • 配管や配線も新しいものに交換できる
  • 床や天井を遮音性の高いものに変更できる

3-4.大規模リフォームの費用相場

中古マンションを大規模リフォームする場合、費用相場は300~600万円といわれています。もちろん、マンションの規模や設備機器のグレードによっても変わってくるため、事前にしっかりと見積もりを確認しておきましょう。

4.中古マンションの小規模リフォーム

部分的なリフォームなど、小規模リフォームについて詳しくご紹介します。

4-1.水回りや床・壁など部分的なリフォーム

小規模リフォームには、劣化した部分や使い勝手の悪い部分だけをリフォームする方法があります。たとえば、以下のようなリフォームが可能です。

  • キッチンだけを新しくする
  • 水回りをすべて交換する
  • 和室を洋室に、洋室を和室に替える
  • 子ども部屋のスペースを確保する
  • 床材や壁材を交換する

4-2.バリアフリーリフォーム、エコリフォームなども

中古マンションの小規模リフォームには、バリアフリーリフォームやエコリフォームなどもあります。バリアフリーリフォームとは、段差の解消や手すりの設置など、高齢者や妊婦、子どもが安全に暮らすことができるようにするためのリフォームです。一方のエコリフォームは、断熱材や省エネ資材の使用により、エアコンのエネルギー消費量を少なくするなど、地球にやさしいリフォームのことをいいます。こうしたリフォームには補助金がもらえる場合もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

4-3.小規模リフォームのメリット

小規模リフォームのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 気になる部分だけをリフォームできる
  • 工事日数や費用を抑えられる
  • 住みながらリフォームできる場合が多い

4-4.小規模リフォームの費用相場

小規模リフォームにかかる費用相場は、リフォームの内容によって大きく変わります。たとえば、キッチンのガスコンロをIHに変更する場合が50万円、トイレの便座交換と内装リフォームに13万円、ユニットバスの交換に55万円というのが費用目安です。また、クロスや床材の張り替えについても範囲によって大きく変わるため、予算に合わせて検討する必要があります。

5.中古マンションをリフォームする際の費用や工期について

中古マンションをリフォームするにあたって、工事の流れや費用相場、リフォーム業者の選び方などをご紹介します。

5-1.リフォーム工事の流れを紹介

購入物件が決まってからリフォーム工事を行うまでの流れは、一般的に以下のとおりです。

  • 資金計画を立て、どういったリフォームをするか検討する
  • リフォーム業者を探す
  • 業者にリフォームの内容を相談し、見積もりを依頼する
  • 詳細な図案や見積もりを詰める
  • リフォーム工事の請負契約を結ぶ
  • 工事着手

5-2.費用相場と工期について

リフォームにかかる費用は、工事を依頼する業者によっても違ってきます。そのため、まずは複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握できるでしょう。また、工事の工期についても事前にしっかりと確認しておいてください。全面的なスケルトンリフォームの場合は約2か月、部分的なリフォームだと内容によって3日~30日ほどかかるのが一般的です。

5-3.業者選びは慎重に!

リフォーム業者は、以下のポイントを参考にして慎重に選ぶようにしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 要望に合った提案をしてくれるか
  • 担当者との相性はよいか
  • アフターサービスの内容は充実しているか
  • リフォーム協会などの団体に加盟しているか

6.中古マンションのリフォームに関するよくある質問

「中古マンションのリフォームについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.リフォーム費用がかさみやすいのは、どのような中古マンションでしょうか?
A.床の段差が多いマンション、断熱不足で壁面にカビが生えているマンションなどは、リフォーム費用が高くなりがちです。

Q.スケルトンリフォームのデメリットを教えてください。
A.工事期間が長くかかること、ローンの金利が割高になる可能性があること、規約によって制限があることなどがデメリットとして挙げられます。

Q.子育て世代に中古マンションのリフォームがおすすめといわれているのはなぜですか?
A.予算を抑えつつ希望のエリアで住宅が購入できること、子育てしやすい間取りを実現しやすいことなどが理由でしょう。

Q.悪質なリフォーム業者の特徴を教えてください。
A.不安をあおってリフォームをすすめてくるような業者や、見積書の内容に不明確な項目が多い業者などは、利用しないほうがよいでしょう。特に、飛び込みで突然訪問してくるような業者には要注意です。

Q.リフォーム業者にはどのようなタイプがあるのでしょうか?
A.住宅メーカーのリフォーム部門や工務店、リフォーム専門業者、建設設計事務所などがあります。

まとめ

いかがでしたか? 中古マンションを購入してリフォームする魅力やリフォームの方法、工事の流れなどを詳しくご紹介しました。中古マンションのリフォームには、新築にはないさまざまな魅力があります。しかし、理想的な住まいを作り出すためには、どのようなマンションがリフォームしやすいのか、リフォームの方法にはどのようなものがあるのかなど、把握しておくべきポイントがたくさんあるのです。ぜひこの記事を参考にして、中古マンションのリフォームを検討してみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!