引っ越し時の挨拶の仕方とは?ご近所付き合いを円滑にするポイント

慌ただしい引っ越しが終わり新居での新しい生活に胸を躍らせるその前に、もうひとつやっておかなければならないことがあります。ご近所への挨拶は新生活を円滑に送る上で非常に大切なものですので、必ず行っておきましょう。しかし、ご近所への挨拶の仕方についてよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

いつ挨拶に行くべきなのか、どの範囲まで行っておくべきなのか、どんな挨拶をすればいいのか、何を持っていけばいいのか…。今回は引っ越し時のご近所への挨拶の方法についてのすべてをご紹介したいと思います。

引っ越しから1週間以内には済ませる

まずは挨拶に行くタイミングについてです。ベストなのは引っ越し当日。実際に引っ越し業者のトラックが停まり引っ越し作業を行っている場面を目にするご近所さんもいるでしょうから、「今日引っ越してきたんだな」ということは知られていると思います。「引っ越し作業でご迷惑をおかけしました」という意味合いも込めて、引っ越し当日に挨拶に行くのが一番です。

しかし、留守にしている家もあるでしょうから、その場合は翌日でも構いません。少なくとも引っ越しから1週間以内には、挨拶を済ませるようにしましょう。「いつまで経っても挨拶に来ない…」と思われてしまうと、今後の近所付き合いにも何かと面倒な問題が起きてしまう恐れがあります。

引っ越し時の挨拶は向こう三軒両隣が常識

では、どの範囲まで挨拶に行くべきか、という問題です。一戸建てであれば「向こう三軒両隣」、つまり、向かい側の3軒のお宅と両隣のお宅に挨拶に行くのが一般的とされています。その他にも、町内会長さんや自治会長さんのお宅に挨拶に行くのが常識とされている地域もありますので、聞きやすそうなお宅があれば確認してみてください。

マンションのような集合住宅の場合であれば、両隣と上下のお宅に挨拶に行きます。特に小さな子供がいる家庭なら、「うるさくなると思いますがよろしくお願いします」と一言言っておくと、その後のトラブルを防ぐことも可能になるでしょう。また、管理人さんや大家さんのお宅への挨拶も大切です。

引っ越し時の挨拶は家族全員で行くのがベスト

引っ越しの挨拶と言っても、「何を話せばいいのか…」と不安になる人も多いでしょう。何も難しいことを言う必要はありません。「○○に引っ越してきた○○と申します。今後のお付き合いどうぞよろしくお願いいたします」だけでも問題ないでしょう。

ただ、相手としてはどんな家族が引っ越してきたのかも気になるところですので、出来れば家族全員で挨拶に行くと手っ取り早く家族構成を知ってもらえるのでお勧めです。相手側にも同じくらいの年代の子供がいればその話で盛り上がれるでしょうし、引っ越し後のお付き合いをスムーズにするにはベストな方法と言えます。

挨拶の際の手土産はお返しの必要がない粗品を

引っ越しの挨拶の際は手ぶらで行くわけにはいきませんが、あまり高価なものを用意する必要はありません。見るからに高そうなものを渡してしまうと「お金持ちなのを自慢している」と思われてしまったり、お返しを用意しなければならないのかと不安に思わせてしまうこともあります。

一番良いのは洗剤やタオルなど、どこの家庭でも必ず使うようなもの・あっても困らないもので、500円~1,000円程度で用意しましょう。相手が単身者であると分かっている場合は、商品券や日持ちのするお菓子などがお勧めです。

まとめ
「最初が肝心」と言うように、引っ越し時の挨拶で相手の印象を決めつけてしまう人はたくさんいます。円滑なご近所付き合いを求めているなら、今回ご紹介したポイントを忘れず印象の良い挨拶を心がけてください。

  • 引っ越しから1週間以内に済ませる
  • 向こう三軒両隣が常識
  • 家族全員で行くのがベスト
  • お返しの必要がない粗品を

これできっと、スムーズにご近所の仲間入りが出来るはずですよ。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!