慌てず段取りよく!引越しでやることをリストアップしよう

人事異動・就職・入学など、どうしても引越しが必要なことがあります。引越しは何かと手間がかかり、考えるだけでしんどいですよね。段取りや手続きなど、どこから手をつけていいかわからない方も多くいらっしゃいます。
一人暮らしの方は、家電製品や家財道具は少なくても、趣味のアイテムがたくさんあり、荷物が増えてしまうことがあるでしょう。自分ですべてをこなさなければならないので、チェックリストを作ると便利です。
準備や手続きに追われる引越しの参考にしてみてください。

  1. 引越しの準備や手続き
  2. チェックリスト
  3. 梱包(こんぽう)の順番
  4. 不用品の処分方法
  5. まとめ

1.引越しの準備と手続き

引越しは段取りを決めてこなしていくことがポイントです。ダンボールに荷物を詰めて移動するだけが引越しではなく、今までの住居の退去・ライフラインの手続き・引越しに伴う家財道具の買い足しなど、さまざまなことをクリアしなければなりません。
引越しの準備と手続きについてご紹介します。

1-1.理想は1か月前から

ほとんどの賃貸契約住宅は、退去通告をか月月前にしなければなりません。引越しが決まったら、なるべく早めに管理会社に申し出るようにしましょう。
解約予告期間を過ぎてしまうと、転居後も家賃負担が出てくる可能性もあります。

1-2.引越し業者に見積もりを依頼する

引越し業者に依頼するときは、複数の見積もりを取ることがリーズナブルに引越すコツです。引越し業者は早割価格を用意しているところもあり、早めの手続きをするといいでしょう。

1-3.転居先で必要なものをチェック

新生活に必要な冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなどの家電製品のチェックをしましょう。転居先に合うサイズのものかどうか、買い足すものはないか、早めに確認しておいてください。
新しく購入する場合は、転居に合わせて納入することで、新生活がスムーズに開始できるはずです。

1-4.ライフラインの手続き

忘れてしまいがちなライフラインの手続き。電気・ガス・水道はあらかじめ手続き可能です。退去と合わせて、転居先の申し込みを済ませましょう。
工事を伴う場合もあり、早めに予約を済ませておく必要があります。

1-5.インターネットの移転手続き

スマートフォンやパソコンなどお使いの方は、インターネット回線の準備も済ませておきましょう。
プロバイダーにより、工事までに時間が順番を待たなくてはいけないケースもあります。引越しを機にプロバイダーを変更する場合も同様です。転居先の設備も事前に確認しておきましょう。
引越しが決まった時点で予約を済ませておけば安心です。

2.チェックリスト

何かとバタバタしてしまう引越し。やるべきことを忘れてしまう恐れもあるでしょう。引越し直前になって慌てないためにも、チェックリストを作成しておくと便利です。
思いあたることをどんどん書き出し、チェックリストを作成していきましょう。忙しい引越し前は、やることを見逃してしまいがち。メモでも問題ありません。リストに残すことが大切です。

  • 家主に退去を通知
  • 引越し業者に見積もりを依頼
  • 電気・ガス・水道などの移転手続き
  • 郵便局の転送依頼
  • インターネット移転手続き

新生活で不便のないよう、事前の準備が大切です。

3. 梱包(こんぽう)の順番

引越しで1番面倒なのは、ダンボールに梱包(こんぽう)する作業です。時間と手間がかかるので、引越しが決まったらすぐに始めた方がいいでしょう。
使わないものからどんどん梱包(こんぽう)を始め、ダンボールには収納先と何が入っているかを明記しておけば、荷ほどきの際に便利です。
引越してすぐに使うものは別に梱包(こんぽう)すれば、転居先で戸惑わずに済みます。
引越しの3日前までに冷蔵庫の中身を使い切るようにしてください。余分に買わないように注意しましょう。前日に電源を抜いておかないと、冷蔵庫の故障につながります。

4.不用品の処分方法

引越しをきっかけに、シンプルな新生活に切り替えようと考える方もいます。コレクターズアイテムなど、価値あるものを処分するケースもあるでしょう。
不用品の数が多く、1度に捨てられないケースもあるはずです。不用品処分のスケジュールもゆとりを持って、2週間前に済ませるのが理想的でしょう。
不用品の処分方法をご紹介します。

4-1.オークションで売却

全巻揃(そろ)った書籍や漫画・希少価値のあるフィギュア・廃盤になったCDやDVDは、オークションで売却するのがおすすめです。レアな商品は高値で売れるケースも多く、愛着ある品をほかの人に大切に使ってもらえます。
引越しには何かと費用がかかりますので、オークションで高く売れると出費を補うことができるでしょう。オークションは、コツコツ集めてきた品を無駄にせず、新たな持ち主の元で生かす方法です。
捨ててしまうのは忍びないという方は、ぜひオークションにチャレンジしてみてください。ただし、引越しまで時間のゆとりを持って行うことが大切です。ぎりぎりになってしまうと、商品発送と引越し日が近くなり、慌ただしくミスなどが発生することもあるでしょう。

4-2.リサイクルショップ

オークションは手間と時間がかかるため、面倒だという方はリサイクルショップを活用するといいでしょう。さまざまな家電製品を取り扱い、雑貨まで引き取ってもらえます。
売却前に見積もりを出してもらえますので、価格チェックも可能です。
家電製品の場合、状態によっては引き取ってもらえないケースもあります。年式によっても異なるでしょう。
売却前に丁寧に清掃するなど、汚れやシミを確認してなるべく高値で引き取ってもらえるように工夫してみてください。

4-3.不用品買い取り・回収サービス

引越しではゴミや不用品が数多く出るものです。オークションに手間と時間をかけられない・リサイクルショップに持ち込めない・処分する量が多いなどの場合、不用品買い取り・回収サービスを活用するといいでしょう。
まだ使える品は買い取り、可燃ゴミや不燃ゴミなどもまとめて引き取ってもらえます。一人暮らしの方は、自分だけで運べないケースも。
不用品買い取り・回収サービスは自宅まで引き取りに来てもらえますので、女性や高齢者でも安心です。引越しまで時間のゆとりがない方でも、スケジュールに合わせて依頼することができるでしょう。

5.まとめ

引越しの準備や手続きについてご紹介しました。いかがでしたか?

  • 引越しの準備や手続き
  • チェックリスト
  • 梱包(こんぽう)の順番
  • 不用品の処分方法

引越しが決まったら、やることをどんどんリストアップし、早めに手続きなどを終えるようにしましょう。
引越しはたくさんの不用品が出るので、 スケジュールにゆとりを持った処分方法を選び、慌てないことが大切です。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!