子育てしやすい住宅にするための3つのアイディア

家は家族が作り上げるものです。子供にとって自分が育った家は、いつまでも忘れない思い出の場所になります。親が子育てしやすい家は、子供がたくさん楽しい思い出を作る場所になるはずです。それでは、子育てしやすい間取りとはどのようなものでしょうか。3つの子育てしやすい間取りのアイディアをご紹介します。

1.子供との時間を考えた間取り

1-1.ダイニングで作る会話の時間

親は、子供が人付き合いを楽しくできる大人へと成長してほしいと願うはずです。そのために、家族が一緒に過ごすスペースを大切にしましょう。最も大切な時間のひとつは、食事を一緒に食べることです。そのためにも、ダイニングのスペースを快適にすることをおすすめします。できれば、ダイニングには朝日が入るように設計してください。毎朝、快適な場所であれば朝の食事も楽しみになり、家族のふれあう時間が生まれます。思春期になっても、家族が楽しく会話できるスペースとなるでしょう。

1-2.リビングの拡張性を考えよう

リビングは多目的に使う部屋にしましょう。子供が小さいときには、おもちゃを広げて遊ぶスペースにもなります。歩く練習ができる場所にもなるでしょう。やがて、子供の友だちが増えたなら、子供が友だちと一緒に遊ぶスペースにも使えます。子供がリビングで遊ぶようになるなら、親が子供のことをよく知る機会にもなるでしょう。子供が友だちを呼んで一緒にパーティーをするスペースとしても使えます。そのように、リビングと隣接するを、用途に応じてリビングとつなげ、大きな広いスペースにできるよう設計するのがおすすめです。

1-3.家事をしながら子供とコミュニケーションをとろう

母親は料理や片付けに忙しいものです。しかし、家事をしている時間は、子供を教える大切な時間ともなります。そのためにも、対面キッチンはおすすめです。母親は料理をしながら、リビングにいる子供と話をすることができるでしょう。子供と一緒に料理をしたり、ちょっとした手伝いをお願いしたりもできます。また、子供が母親の働いている様子を見ることも、子供にとっては大切な勉強です。休日に家族で一緒に料理を作る時間も作りやすくなるでしょう。

2.子供が勉強しやすい間取り

2-1.小さいときの勉強スペース

子育ての中でしっかり考えておきたいのは、子供の勉強です。間取りを上手に設計することで、子供の勉強意欲を高めることにも貢献できます。どうぞ成長に応じた勉強環境を考えてあげてください。子供が小さいときは、ひとりで勉強することのないようにしましょう。親が勉強を教えることができるように、共有スペースに勉強の場所を作るのがおすすめです。勉強に集中するのは確かに重要ですが、子供が親と一緒に勉強をすることにも大きな益があります。

2-2.快適な勉強に役立つ温度管理

子供が集中して勉強できように、安定した温度管理を考えましょう。暑すぎたり寒すぎたりするのはよくありません。勉強に集中できないだけではなく、健康にも大きく影響します。特に、受験勉強の時期になれば、体調を崩すことが勉強に差し支えることのないよう温度管理の徹底は大切です。安定した温度管理ができる構造と設計を心がけてください。

2-3.子供が大きくなったときの勉強スペース

子供が大きくなったなら、勉強に集中できる環境も必要です。子供の成長に応じた間取りを考えましょう。集中して勉強するためには、リビングからのテレビの音などが邪魔になってはいけません。同時に、孤立した環境にはしないでください。また、子供が数人いるならば、勉強をする部屋と寝る部屋を分ける必要もあるでしょう。

3.子供の成長を考えた間取り

3-1.子供の健康を考えた間取り

子育てで最も考えたい点のひとつは、子供の健康です。家の設計やデザインも、長い目で子供の健康に大きな影響を及ぼします。しっかりした換気や日当たりを考えた設計にしましょう。呼吸器からメンタル面まで、毎日の環境が子供の健康に大きく寄与します。健康に役立つ部屋作りは、親を含む家族全員の健康のためにも大切です。健康は家族の大切な基盤ですから、建築素材も含め慎重な選択をしてください。

3-2.子供を知るための間取り

子供がいつ帰ってきたのか、いつ出かけたのかわからないような間取りもあります。もちろん、子供の行動を常に監視する必要はありませんが、親が子供への関心を払うことは大切です。特に子供がまだ小さいときは、リビングに近い場所に子供用の部屋があるとよいでしょう。同時に、子供の部屋は孤立しない場所にしてください。特に玄関に近い場所ではなく、親の部屋かリビングに近い場所をおすすめします。また、子供が小さいときは寝室を親と一緒にして、子供の部屋は一緒に趣味を行う多目的な部屋として使うこともできるでしょう。

3-3.子供の人数によって調整できる間取り

子供が何人かいる場合には、子供の成長にともなって必要になる部屋の数も増えます。しかし、小さな部屋を最初からいくつも作る必要はありません。プライバシーを守ることができるように、部屋の中に間仕切りを置くだけでよい場合もあるでしょう。どうしても、きちんと子供ごとに部屋を分ける必要があるなら、そのときに簡単なリフォームをすることもできます。そのような変化のために、最初から子供の部屋を大きめにとり、リフォームしやすい状態にすることもおすすめです。

まとめ

子育てしやすい住まいは、子供のよい将来を考えるからこそ真剣に設計したいものです。そのためにも、

  • 子供と一緒に過ごす時間
  • 子供の年齢に応じた勉強スペース
  • 子供の成長を考えた間取り

などを検討しましょう。
子供の成長に合わせて部屋の目的は変えてください。家全体の広さも大切ですが、どのスペースを重視するかがポイントです。重視したい部分をリストアップして、注文住宅のスペシャリストに相談しましょう。親が子育てをしやすい部屋作りを考えるとき、真剣な思いは子供にも伝わるはずです。子供と一緒にあたたかな雰囲気があふれるマイホームを作っていきましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!