憧れの注文住宅! 土地探しを成功させるための3つの方法

注文住宅を建てる上でまず決めなくてはならないのが、土地です。
どんな場所に土地を用意するかによっても、建てられる家が変わってきます。
理想の家が建てられる土地を手に入れるために失敗はできません。
今回は注文住宅を建てる前に知っておきたい、土地探しのポイントや注意点をご紹介します。

土地探しをしてもらう業者を絞ろう

土地探しをしてもらうにあたって、色々な業者に声をかけてお願いする人がいます。
数多く土地探しをしてくれる業者があればいいというわけではないのです。
実は不動産業界というのは同じものを取り扱えるような仕組みになっているため、それぞれで抱えているその業者だけの土地というのはほとんどありません。
要するに、どこで探してもらってもほとんど一緒…ということ。
ただその中でも探し方などが違いますから、理想としては、地元で昔から信頼されている業者と、大手の業者、そして建物をお願いしたいと考えている業者でも土地を扱っていればその業者、この3つほどに絞ったほうがよさそうです。
昔から根付いている地元の業者はその地元の土地を昔から見ていますし、大手の場合はサービスが充実しています。
建物をお願いしている業者では建物の理想プランにあわせて土地探しをするなど、それぞれ特色があるでしょう。
1社で全て最初からお任せするのは不安でも、3社ぐらいに絞って探したほうが土地探しもムダがありません。

ある程度相場を把握しておこう

無理難題を押し付けて業者に土地探しをしてもらうのは、効率がいいとはいえません。
自分がどの場所でどの程度の金額で購入したいか希望を告げることになるとは思いますが、明らかにその金額では買えないような土地を希望して探してほしいといっても、業者には難しいものがあります。
きちんと自分でも場所に対する相場を把握しておいて、業者としても探しやすい相談の仕方をするようにしましょう。

歩いて探す土地探しもアリ

土地探しはインターネットをはじめ不動産業者に依頼をして土地を探してもらう方法以外にも、歩いて探すという方法があります。
よく「売り物件」などというたて看板を見たことはないでしょうか。
歩いているとよく目にするこの看板、問い合わせ先が書かれているはずです。
そこに電話をして詳しく説明をしてもらいましょう。
住みたい場所がある程度定まっていて歩ける範囲であれば、直接その土地を扱っている業者が分かるというのもプラスポイントですし、その周辺環境がチェックできるので土地探しとしてはとてもいい方法だと思います。

  • 土地探しをしてもらう業者を絞ろう
  • 自分である程度相場を把握しておこう
  • 歩いて探す土地探しもアリ

この3つで土地探しで気をつけることやポイントをご紹介しました。
土地探しをしてもらう業者は多ければいいというわけではなく、いくつかに絞ること。
そしてある程度相場を把握しておくことで土地探しの効率を上げること。
さらには歩いて探せるならば一度歩いてみて立て看板を探してみることです。
大きな買い物ですから、土地探しから失敗しないように、購入までの道筋をしっかりと立てておきましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!