ガス暖房の種類はファンヒーターだけじゃない! 用途別のおすすめも提案!

暖房と一口にいっても、さまざまな種類のものがあります。中でも、ガスを使ったストーブ類などのガス暖房を真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。ガス暖房には、種類ごとにそれぞれメリットがあります。

今回は、ガス暖房について各種類をご説明しましょう。

  1. ガス暖房の種類とは?
  2. パターン別! ガス暖房のおすすめ
  3. ガス暖房についてよくある質問

家庭環境などパターン別におすすめガス暖房種類のご提案もしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.ガス暖房の種類とは?

1-1.ガス暖房はすぐ暖まる

ガス暖房の最大のメリットは、すぐに温風が出て比較的早く部屋全体が暖まることでしょう。 エアコンはつけてからしばらくして部屋全体が暖まるものですが、ガスファンヒーターなどガス暖房は、暖房効果に即効性があり、帰宅後すぐに暖まりたいときにも便利です。また、ガス暖房の中にも、ルームヒーターや床暖房など、じんわりと部屋を暖める種類のものもあります。ガス暖房の種類の詳細は次項でもご説明しましょう。

1-2.ガス暖房は直火式と温水式がある

ガス暖房には、直火式と温水式の二種類があります。ガス暖房といえば思い浮かぶガスファンヒーターなどは直火式に分類されるのです。

1-2-1.すぐに暖められる直火式ガス暖房

直火式のガス暖房は、即効で暖まることや給油がいらないことなどがメリットです。ただし、直火式のガス暖房は定期的に換気をする必要があるので注意してください。直火式ガス暖房には、主に以下のようなものがあります。

  • ガスファンヒーター(ガスストーブ)
  • ガス赤外線ストーブ
  • ハイブリッドファンストーブ
  • ガス暖炉

1-2-2.じんわり暖める温水式ガス暖房

室外で燃焼し暖まった温水を使って室内を暖めるため、室内の空気がクリーンなまま使えます。換気の必要がないのがメリットです。温水式ガス暖房には、以下のようなものがあります。

  • ルームヒーター
  • 床暖房
  • 浴室暖房
  • パネルヒーター

2.パターン別! ガス暖房のおすすめ

次に、おすすめのガス暖房について、家族構成や環境・こだわり別にそれぞれご紹介します。

2-1.小さなお子様がいる家庭は温水式の床暖房

床暖房は、空気を汚さず、室内の気流を巻き上げないため、小さなお子様がいる家庭に向いています。ヤケドのリスクも減るでしょう。足元を中心に暖めるため頭上に暖気がたまらず、頭がボーッとすることを防げます。

2-2.広い部屋にはガスファンヒーター

15畳以上の広い部屋を暖める場合には、ガスファンヒーターがおすすめです。部屋全体をパワフルに暖めることができます。本体の向きや角度を変えることで、優先して暖めたい箇所を選ぶこともできるでしょう。

2-3.ご高齢の方や高血圧の方には浴室暖房乾燥機

入浴時の急激な温度差によるヒートショックを防ぐために、浴室暖房がおすすめです。浴室だけでなく脱衣所を暖められるタイプのものもあります。浴室乾燥機は、梅雨時期や外に洗濯を干せないときにも便利です。

2-4.インテリアこだわり派にはガス暖炉

部屋に特別なインテリアが欲しい・暖炉にあこがれるけれど、日本の住宅では難しいとお考えの方にはガス暖炉がおすすめです。炎は本物ですが、本物の薪(まき)を燃焼させるわけではないのでススや燃えカスの処分も不要になります。炎のゆらぎにはリラックス効果もあるため、暖炉が家庭の憩いの場となるでしょう。

3.ガス暖房についてよくある質問

Q.ガス代の高い地域と安い地域は?
A.北海道・島根・山口・富山は、比較的ガス代が高いといえます。一方、東京を含む関東一円・福岡や宮崎県は、全体的にガス代の安い地域です。

Q.ガスファンヒーターはこまめに切ったほうがいい?
A.ガスファンヒーターは、設定温度に達した後もアイドリング運転を続けているため、つけっぱなしにするよりもこまめに切ったほうが、ガス代がお得になります。部屋がある程度暖まったら切ったほうがよいしょう。

Q.お得なガス暖房の使い方は?
A.ガス暖房だけに頼らず、エアコンやホットカーペットなどと併用するとよいでしょう。部屋全体を暖めたいのか、ソファ回りなど一部だけ暖められればいいのかなども、一度考えてみると、光熱費の見直しになるかもしれません。

Q.ガス暖房の効果をさらに上げるには?
A.暖房効率をアップするには以下の方法がおすすめです。

  • カーテンを二重にする・丈の長いものにする
  • 部屋の出入り回数を減らす
  • サーキュレーターなどで空気を循環させる
  • 加湿器を利用し室内の湿度を上げる

Q.子供やペットがストーブやヒーターを触ってしまいそうで心配です。
A.暖房器具を選ぶ際は、ロック機能や転倒時消灯機能がついているものを選びましょう。また、市販のストーブガードやメッシュパネルで柵を作ると安全です。外出時は電源を切る・ガス栓を止めるなどの工夫も有効でしょう。

まとめ

ガス暖房の種類や、おすすめの暖房タイプについてご紹介しました。ガス暖房の効果的な使い方やメリットを知ることによって、冬をより快適に過ごすことができます。光熱費の見直しにもなりますので、一度家庭内の暖房の使い方を考えたり、ガス暖房の導入を検討してみてください。